FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(6)

そうこうしているうちに、MAは更に良い形を強め、大きな利益が狙える相場になっていきました。

チャートをクリックすると別窓が開いて拡大表示します。(図1)15分足
MTFMA、1時間足

東京市場は、値動きが素直なのは良いのですが、ボラティリティは三大市場で最小です。
また、ユーロドルとかポンドドルのように、欧米中心の通貨ペアは、東京市場ではあまり動かず、欧州市場が開場してから動き出す事が殆どです。
従って東京市場でトレードするなら、JPYかAUDが絡んだ通貨ペアを狙うと良いでしょう。

一方欧州市場は、本格的な動きが始まる時刻が東京ほど律儀に決まっておらず、ダマシのような動きをする事も多いのですが、一旦方向性が定まれば、1日24時間の中で最も大きな値幅が狙える市場でもあります。
通貨ペアは「何でも来い」です。(但し、私はUSD、 JPY、EUR、AUD、GBP以外の通貨の事は知りませんので、悪しからずご了承下さい 。)

(図2)、(図1と同じ、15分足。)
MTFMA、1時間足

や、

(図3)5分足
MTFMA、1時間足

のような上位足から下位足までのMAが綺麗に順序良く並んだパターンを、しっかりと目に焼き付けておいて、今後その兆候が見え始めたら、又は、その状態の最中である事に気がついた時は、しっかり利益を確保する決意を固めて、集中して取り組みましょう

ココがポイント
既に目が慣れてこられた頃ではないかと思うのですが、MTF_MAは、下位の時間足のチャートで見ても、その素性(4時間足のどのMAなのか?とか、1時間足のどのMAなのか?等々)が直観的に判るようになっています。
同じチャートの時間枠を5分足とか、日足とか、15分足とか、どんどん切り替えても、常に荒すぎず、細かすぎず、環境認識に最適なMAが表示される設定にしています。
以上の事から、マルチタイムフレーム分析を常用するトレーダーにとっては、非常に便利なインジケーターであると感じられるはずです。

私の場合、通常は日本時間の午後8時頃にはトレードを終わる事にしているのですが、上記のようなパーフェクト・オーダーが発生している時に限っては、残業してでも頑張る甲斐がある相場と言えます。

私は主に、東京と欧州の2つの市場でトレードしています。
更に遅い時刻には、指標発表で値が飛ぶ事も多いですし、一人で3市場トレードするというのは、私にはハード過ぎます。

ただ、欧州市場と米国市場の取引が重なる、SessionsEXで茶色の四角の時間帯は、1日の中でボラティリティが最大となる事が多く、極めて短時間の間に、東京市場の1日分を超える収穫が得られる事も少なくないので、とても魅力的だとは思っています。(でも、東京市場の寄付きの素直さも、捨て難いです・・・)

次回「FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(7)」につづく。

【MTFMAの各種時間枠チャートでの表示選択一覧】
MTFMAのパラメータ設定一覧表

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(2)

2020.04.20

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(1)

2020.04.19
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)