トレードに関する情報収集について

あなたは、デイトレについて学ぼうとする時、何を情報源にしていますか?
本、セミナー、トレード関連サイト&ブログ、e-Book・・・、 一杯ありますね。

その価格に相応しい価値がある

のであれば、有料情報に対して「投資」する事は「成功への近道」になる可能性があります。
良いものが見つかったら、今後もご紹介していきたいと思います。

ただ、販売ページのセールストークだけを根拠に購入するには、現在のe-Bookのマーケットは、あまりにも未成熟でリスクが高いと言えるでしょう。
将来的には、この状況も改善され、例えば「返金保証」のような、何らかの「安心システム」が確立された商品以外は生き残れなくなると私は予想します。

あるいは、何らかの信頼できる「格付け機関」の登場によって、悪いものは自然に淘汰されるシステムが誕生するのかもしれません。セミナー

有料セミナーについては、初心者時代に2つほど受講した事がありますが、費用対効果が良いという印象はありません。
たった2つですから、他に良いものがある可能性は十分あります。

経験者から直接学ぶ

という非日常の事には、プレミアムを支払う価値があると思います。
でも、私がこれから何かセミナーを受けるという事はないので、このブログでセミナーをご紹介する事はありません。
「良くないセミナー」についてなら、「ネタ」が無い時に書く事があるかもしれませんが・・・。
悪しからず、ご了承下さい。


書籍は、勿論重要な情報源です。
これからも読み続けますし、良いものはご紹介していきます。

一方、無料であるにもかかわらず、有用な情報も勿論一杯あります。
リスクがあるとしても、せいぜい「時間の浪費」になる可能性があるだけ。
時間があるなら、どんどん情報収集するべきです。
ブログやサイトを見て回るのも良いでしょう。
良さそうな無料レポートを見つけたら、すかさず読んでみましょう。
(無料レポート専用のメールアドレスの取得をお奨めします。スパムメールの「溜まり場」になるリスクは避けられないからです。)


海外のサイトで良いものについては、ご紹介していきたいと考えています。

「海外」と言っても、私は英語しかわからないので、英語圏のサイト限定になります事、ご了承下さい。
とはいえ、その情報量はまさに膨大であり、質・量共に日本語圏のサイトの比ではありません。
本当に多くの事を教えてもらいました。

例えば、https://stockcharts.com/のようなサイトが「普通!」に存在します。Richard Rhodes
「無料」で多くの事を学ぶ事ができます。
例えば試しに、Richard Rhodes’ Trading Rulesを読んでみてください。
(2016年現在は存在しません。)

折角なので、次回はこの「Richard Rhodes’ Trading Rules」を私のつたない和訳でご紹介してみたいと思います。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • いつもお世話になっております。
    この度、ブログタイトルを「日よ史文あ記 ~株闘編~」とし、
    株中心のスタンスを前面に出すことにしました。
    お手数ですが、リンク名称の変更をお願い致します。

  • 消えたあホッ。。。。。猫本は確か『猫に満ちる日』だったような気がします。。。究極の猫好きじゃないと好きくないかもしれません。。。。ノクターンはモチ、それです。。。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)