今日も更新できなくて、すみません。

よく「メール」によるご質問を頂きます。 私の「不完全」な記事に対して疑問が生じるのは当然であり、できるだけお答えして行きたいと思っています。

ただ、

「例えば○○円の株があった場合、利幅は何円が妥当でしょうか?」

「例えば××円の株があった場合、何円で買うべきでしょうか?」

といったご質問には、ちょっと困ってしまいます。
デイトレの判断は、株価だけで決定されるものではありません。
その銘柄毎の歴史(分足、日足、週足チャート等)、その日その時のマーケットの状況等を総合的に判断する必要があるのです。
確かにシンプルに考える事は大事とはいえ、人様のトレード・ポイントを株価だけでお答えするのは、あまりに無責任すぎて私にはできません。
(個別銘柄が100点満点中の90点以上で「買い」の甘いサインを出していても、指数のご機嫌次第では、一切「買い禁止」の日だってあるのです。)

かといって、具体的な銘柄やチャートを添付されても、やはりそれも「デイトレ生存率向上ブログ」の役割を超えていると思います。
私の気づき優良な情報源をご紹介するのが目的であって、特定の方の投資顧問にはなれません。
後で「損したから金返せ!」なんて了見の方がいらっしゃるとは思っていませんが、ご回答するとすれば、私には負い切れないほどの 責任を意識せずにはおれません。

誤解頂きたくないのは、そういうお問合せに、私が不快感を抱いている訳では決してないと言う事です。
むしろ、嬉しいです。
でもお答えできない理由を書くのにもそれなりの時間が必要ですし、結局のところ生産性のあるやりとりとはなりえないので、ここで告知させて頂く事としました。
今後も、遅いながらもボチボチ投稿を続けさせて頂くために、ぜひ上記の内容をご理解の上、ご質問などして頂けますよう、ご理解とご協力をお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


4 件のコメント

  • こんばんは。
    たかやんさんの誠実なお人柄が伝わってくるブログだなとおもいつつ拝見しております。
    先に頂いたエクセルファイル重宝しています。というより、面白いですね。
    これを機会にRSSをもっと活用したいとおもっています。ありがとうございました。

  • 「面白い」ですか? それはよかった。
    「VBを使わなくても、RSSは使える。」
    というご参考にして頂ければ幸いです。
    ちっとも「大したもの」ではありませんが、ご興味あれば、どなたでもお気軽にリクエスト頂きたいと思います。
    これにVBが加わると、本当に強力な、欠かせない「アシスタント」になってくれます。
    簡単な事から、その時のレベルに応じて性能を積み上げていけますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

  • たかやんさん
    ばんこんにゃ~
    無理して記事更新なさらなくても大丈夫ですよん。。。。今までので充分読み応えがありますから。。。。。なんだか、たかやんさんのツール大人気の模様ですね!

  • こんばんは~
    大人気なんて事はありませんが、ピッコロさんはRSS使えるようになりましたか?
    使うと面白いそうですよ~
    ここでツールの実践的使用法のご紹介。
    指数は上がっている。
    監視していたA銀行も買いポイントまで来た。普通ならここでエントリー。
    そこでふと業種=銀行をチェック
    銀行だけは緑の棒が下に延びてる。
    =銀行関連に悪材料の気配。
    A銀行への買いを中止。
    その後A銀行も下落へ。
    「ツールがあってよかったね。」
    (これ、実話です。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)