投下資金一定の法則

「デイトレで○○億円儲けた」といった話題がよく報道されますが、それと同じくらい頻繁に、
「有名トレーダーが資産を激減させた噂」
が耳に入ります。
利益と損失

あまり報道される事はないのでご存知ない方も多いかもしれません。
大損した話をわざわざマスコミに白状したくないでしょうし、書籍等を出版している手前、「企業秘密」扱いになっているという事も考えられます。
でも、「業界の噂」として、なぜかしっかり伝わってきます。
勿論それら全ての真偽を確かめる事はできないものの、少なくとも半数以上は信憑性が高いと思います。
小額の資金を数十倍から数百倍にまでできたトレーダーなら、勝つルールも会得し、損切もしっかりできているはずのに、なぜこんな事が起こるのでしょうか?

やっぱり「損切の失敗(ナンピンを含む)」が最大の理由です。
ついギャンブルに打って出てしまうとか、リーマンみたいな「事件」に巻き込まれてしまうという事も当然ありますが、殆どはとても平凡に「損切の失敗」に帰着します。

例えば1日の目標額が3万円のトレーダーが、そのスケールで「損切の術(すべ)」を完全に獲得できたとしても、目標額30万円のスケールでもその「術」が通用する保証は全くありません。
「投下資金100万円/1トレード」に要求される「損切の術」と、「投下資金1000万円/1トレード」に要求される「損切の術」とは、「全く」とは言わずとも、「相当に異質」であり、それ相応の練習・訓練が必要になります。
上記では10倍のスケールを例に取りましたが、例えば100万円と200万円でも、やっぱり相当に「違う」のです。
自分では気づかない場合も多いのですが、投下資金額をトレード毎に激変させるのは、それだけで潜在的リスクを増大させてしまっています。

複利運用」がトレードで儲けを増大させる「コツ」であると同時に、そこには目に見えない「心理の罠」が仕掛けられている事も意識して下さい。
対策としては、自分の投下資金額を常にできるだけ一定に保つ事を強く意識し「ルール化」する事です。
これだけで、トレード毎に潜む「見えないリスク」を大きく軽減できます。
そして、資金量全体の増減に対しては、

1トレード毎の投下資金量をできるだけ「ゆっくり」「計画的」に調整

して下さい。
(ゆっくり=週単位よりは、月単位。月単位よりは、四半期単位で。)
つまり、練習しながら自分のスキルを新たな金額に「なじませて行く」というプロセスが必要です。
「好事魔多し」という諺もあるように、デイトレには本当に数多くの試練が待ち構えています。
儲かっている時ほど「警戒心」が緩むのは「人情」ですが、そこでもやはり頼りになるのが「規律」である事をぜひお忘れなく。

お気をつけて!

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


10 件のコメント

  • たかやんさん
    週単位でのプラスを積み重ねるんですね。。。。。大きな利益は後からついてくるんですね。。。。。わかりましたあ。頑張ってみます。ありがとうございました。

  • ものすごい参考なります。
    またプリンして電車で読みます。だんだん天下無敵になってます。(うそです)
    よろしくお願いします。

  • ピッコロさん、
    そう、「欲」が生き残りには大敵なんです。「欲」があるからトレードする訳ですから、難しいところですけどね。
    u-channさん、
    いらっしゃい。
    私、「ノーリスクなものを試すのに躊躇しててはもったいない」ってつもりで書きましたが、トレードは「有リスク」ですからね。「有リスク」なものに慎重である事は言うまでも無く大切ですよ。
    hidamari3さまのコミュニティってどこにあるのか全然わからなかったのですが、教えてくださってありがとう。
    今度、お邪魔させて頂こうと思います。

  • 「簡単に勝ち、簡単に負ける」
    本当にそのとおりだと思います。
    自分も漸く、Yahoo!ビリヤードの9ボールと同じ感覚で株をやれるようになってきました。
    楽天の逆指値を使い、東1で実戦を積みたいと思います。

  • たかやんさんお久しぶりです~!
    今回の記事で「東証1部銘柄」にも少し興味が出ました!
    動きが遅い中でキッチリ損切りを覚えるほうが新興みたいに損切りラインを一気にブチ破られて 右往左往して結局損切りできず!そして自己嫌悪へ・・・
    と言う最悪パターンを回避出来る気が(←実行は難しいかも)してきました!
    動きの遅い中で練習し目が慣れてきたらスピードの速いところへ!
    そう言う流れが正しいのに最初ッから150キロの剛速球飛び交う中へ参戦してるんだと気づかされました!
    ではたかやんさん、良い週末を~!

  • 大正解~!
    もっと早く書けば良かったですね。
    東電とか、トヨタとか、そこまでいくとスローすぎてデイトレには向かないと思いますが、東証一部にも良い銘柄は多くあります。
    ここで利益が出せないのなら、新興で勝てるはずもありません。

  • こんばんわー(・∀・)ノ お久しぶりでコメいたします。
    ご無沙汰しております ぺこ
    本日も勉強させていただきましたぁ。
    また、素晴らしい「教え」を楽しみにしておりまーす( *´▽`*) 
    ではー。

  • きんぎょさん、
    お久しぶりです。
    先週は全勝ですか?素晴らしい。
    来週も絶対プラスで終わらせて下さいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)