Richard Rhodes’ Trading Rules(その8)

==========================

<その8>ゲリラ戦士になったつもりで考えなさい。
勝てる勝負にのみ、戦いを挑む事。
決して「底値を買う」とか「天井での売り」などの戦果を上げて自慢しようなんて、無駄な事に時間お金エネルギーを浪費すべきではない。
デイトレーダーの職務とは「儲ける事」なのであり「勝つべくして勝つ事」にある。
勝つ見込みが薄いのであれば「休むも相場」の実践者になる事。

==========================

私の場合、トレードは全く孤独なものなので自慢しようなんて発想そのものがありません。
でも、いろいろな本等を読んだところでは、

・いかに危ない「落ちてくるナイフ」を掴みとって利益を上げたか
・いかに上髭の先端近くで「空売」を仕掛けて利益を出せたか
・いかにけ急速に資金を激増させたか

等という事に人は興味を持ち、「じゃあ、いっちよ俺も」なんて考えるトレーダーも少なくないようです。
ゲリラ戦士になったつもり」とは、つまり「遊び」じゃないんです。
ゲリラ戦士」は常に「死と背中合せ」なのであり、無駄にリスクを取る事は即「」に繋がっています。
確かにデイトレと相通じるものがあります。
遊びたければ、ゲーセンでもなんでも構いませんから安全に遊べるところで遊んで下さい。
デイトレは真剣勝負でなければ、死ぬ事はないにしても、まず勝てません。
ちょっと勝てたとしても、いつかは身ぐるみ剥がされてしまいます。
(但し「楽しむ」感覚は悪くありません。遊びを楽しむ事と真剣勝負を楽しむ事の違いについて、これまで考えた事のない方は、ぜひ一度考えてみて下さい。)

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


9 件のコメント

  • たかやんさん、こんばんは。
    寄り付き直後の私の成績が悪いのは、自分で気付かないうちに、底値買い・天井売りを狙って見切り発車していたせいかもしれません。
    原因の全てでは無いでしょうけど、かなりの部分を占めていそうです。(反省でした。)

  • はじめまして。
    数日前にこのブログを発見し全て読ませていただきました。
    専業2年目ですが一年目は私も爆損の繰り返しで前から買って読まずの”デイトレ-ド”や”生き残りのディーリング”読んで何とか生き残ってます。
    こんなブログを専業開始当初から拝見できればと思いました。
    更新大変でしょうが頑張ってください!!!!!!
    応援しております。
    そして今後も勉強させていただきます!

  • ・・・やはり、粛々と獲るのがプロですね;
    自分はブログで戦果を自慢することばかり考えている愚か者です;
    耳に痛い、心に刺さる言葉ほどためになると思える今日この頃です。

  • 深夜に失礼します。
    なんだか、耳が痛いようなお言葉が 「底値買い&天井売り」
    ピッコロもよく狙うパターンのひとつです。でも、これは順張りの初動なのではないのでしょうか?意味違うんでしょうか?

  • 何らかのテクニカル・サインに基づいた勝算のあるトレードなら、底値買い、天井売りも「当然アリ」です。何もトレンドフォロー絶対じゃないですからね。
    でも「底値と思ったから」「天井と思ったから」でのトレードはダメです。
    順張りの初動かどうかは、結果がでてみないとわかりません。
    「順張りの初動」になる可能性を示すサインがどの程度の勝機を伴っているか?
    勝率は?期待損失と期待利益の比は?
    こうしたいくつかのポイントを一瞬で判断できないのなら、エントリーしない方が無難です。単に「本能が買いたがっている」だけの可能性があります。
    逆張りはトレンドの追い風がありませんから、より慎重な「データを根拠とした」エントリーが必要となります。
    (順張りはトレンドの追い風がありますから、「本能」が躊躇しても、それを抑えてエントリーする大胆さが必要になります。この大胆さは自分の研究の結果からしか獲得できません。)

  • 真剣勝負!そうですよね。私はついつい気持ちが緩んだときに損失がでてしまっています・・・ どうして気持ちが緩むのかよくわかりませんが決めたことをやれてなかったり後で反省してみるとよくわかります。たかやんさんはそういうことはありませんでしたか?

  • そりゃあ、ありますよ。しょっちゅう。
    「強気」と「気の緩み」は、なかなか区別がつきませんが、後で後悔しない為には、やはり「ルール厳守」ですね。
    結局はそのほうが成績が安定します。

  • こんにちは。楽しく拝見させていただいております。
    初歩的な質問してよろしいですか?
    エントリーするときに、「板にぶつけるか控えて待つか」でいつも迷ってしまうのです。
    このタイミングだと思い板にぶつけても、多くの場合、若干反発があって、一時的に含み損を抱えることが多く中途半端に手仕舞いしてしまうことが多い状態です。(買い場・売り場の判断は正しいのに)
    なにかアドバイスお願いできませんか?

  • 値動きのスピード次第ですね。これは。
    あたりまえの答えですみせんが、まさにケースバイケースです。
    ただし、デイトレの基本スタンスは「ぶつける」だと私は思います。
    「これはいける!」と思ったら、ぶつける方が良いみたいです。「待ってたら買えた」というのは、それだけ「勢いが無い」「売り手がいる」という事ですから。
    全体の割合で言えば、ぶつけるのが8割以上です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)