「投資家」か「投機家」か?

嵌め込みとは、証券会社等が善良な個人投資家を欺き、資金を巻き上げる行為

と一般には受取られています。
確かにそういった側面がある事を否定しませんが、

大きな勘違い

がある事について言及したいと思います。


投資家」とは何ですか?

株式投資の場合、無数にある株式会社から、将来性があり成長の見込みがあるものを選び、見込み通りその会社が成長した時に得られるキャピタル・ゲインや、比較的高い配当利回りを期待してお金を投資する人の事です。

その行為はまさに資本主義経済のエネルギー源です。
思惑通りに会社が成長して利益が得られるかどうかは、「投資家」の判断に対する自己責任の範囲の問題ですが、その投資家を欺くような、例えば「粉飾決算」等が犯罪である事は明らかです。

そうした犯罪から、国は投資家を守っているという事を示す必要があり、これができていなければ、その国は「資本主義経済」の看板を下ろさねばなりません。


では、短期の取引を頻繁に繰り返すデイトレーダーは「投資家」でしょうか?

明らかに違いますよね?(「塩漬け」でトレードをあきらめた長期保有者は、しかたなく「投資家」の道を選んでしまったと言えなくもありませんが、「塩漬け」を目論んで参入したのでない事は明らかであり、やっぱり投資家とは言えないと思います。)

短期売買は「投機」であり、短期トレーダーは「投機家」なのです。

「投機」を広辞苑で調べると、

 ・損失の危険を冒しながら大きな利益をねらってする行為。やま。
 ・市価の変動を予想して、その差益を得るために行う売買取引。

と書いてあります。博徒
「投機」とは解りやすく言えば「ギャンブル」であり、従って「投機家」とは「ギャンブラー」です。
あなたが意識していようといまいと、あなたがデイトレやってるなら、あなたも立派なギャンブラーです。


証券会社の嵌め込みにあったからって、腹を立てるのは、少し違うと私は思うのです。
なぜなら、証券会社がプロなら、あなたもプロだから。

証券会社が「見せ板」と「偽ブレイク」を演出する場合、相当のリスクを負っています。
もしかしたら「見せ板」のつもりの空売り注文を、大きな資金力のある誰かが一気に買占め、さらに踏み上げてくるかもしれません。
相手は小口デイトレーダーばかりとは限らないのです。

もし、全く架空の見せ板(買い注文をぶつけても買えない板)なんてものを証券会社で作れるのであれば、これはまさしく「イカサマ」であり、許されるものではありませんが、普通に注文を出したり、引っ込めたりしている事において、資金力の差こそあれ、「投機行為」である事に違いは無いと思うのです。
こういう事を書くと、反感を覚える方も一杯いらっしゃると思いますが、あえて正直な気持ちを書いています。

嵌め込み」を「」と思うのは勝手ですが、あなたがやっている「デイトレ」と本質的な違いは無いという事について考えてみませんか?
なぜなら、あなたも「安い」と思うからこそ、人に先んじて買おうとするし、「もう下がりそう」だと思うから、大急ぎで誰かに売りつけてるんですよね?

「デイトレ」って、誰かに損してもらわないと、儲けられないのです。

ここが「投資」と全然違うところです。
無邪気に

「100万を元手に1億目指す!」

なんて目標を掲げるのは自由ですが、じゃ、だれがその9900万円を払ってくれるのか?
もし目標を達成できたとしたら、その9900万円の殆どは、そのトレーダーより弱いトレーダーから奪い取っているのです。


バーンスタインのデイトレ入門、実戦で引用しましたが、

バーンスタイン
有望なターゲットを見つけ、それに狙いを定め、引き金を引き、獲物を捕らえる事に集中する。
まるで守銭奴のように聞こえるが、これがトレーディングなのだ。

有望なターゲットとは、チャートのポイントであると同時に、もっと生々しく言えば、「自分より弱いトレーダー」なのです。
びっくりされた方もいるかもしれませんが、これが現実であり、デイトレなのです。 

「私は健全な「投資家」であり、誰にも損させることなくデイトレで儲けてみせる。」

そんな「寝言」みたいな考えで、生き残れる訳がありません。

「優位性について考える」のカテゴリでは、マーケットに狼とブタがいると書きましたが、これは単なるたとえ話なんかではありません。
本当にあなたも狼になって、ブタを食べない限り、生き残る事などできないのです。

もしこの事実に嫌悪を覚えるのであれば、資金が残っている今のうちに、デイトレ以外の道を探した方が良いと思います。


嵌め込み」にあって証券取引等監視委員会に訴えるのは全くの自由ですが、その前にどうやって「嵌め込み」にあわないか、自衛の為の方策を検討される方が遥かに効果的だと思います。

一応「見せ板等は違法」とはなっているものの、証券取引等監視委員会が守るべきは「投資家」であって「投機家」ではないのです。

マーケットには「ブタ」と「」がいますが、これは言い換えれば「弱いプロ」と「強いプロ」なのであり、「プロ」である限り、その責任は自分で負うしかなく、所詮誰も助けてはくれません。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


2 件のコメント

  • こんにちわ。他では見られない記事をいつもありがとうございます。
    ますます、真剣な気持ちで臨まなければならないという気持ちになります。
    「ま、買っときゃそのうち上がるだろ」という気持ちは一切なくなりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)