これ、見えなかったですか?

逆アクセスランキングに「もぐらの株ブログ」というのが登場したので見に行ってみると昨日の私のメルマガの事が書いてありました。

——引用ここから———
マーケット、凄い下げてますね?

目先の支持線も割れてしまいました。
この下げで追証となり、破綻するトレーダーも少なくないでしょう。

でも、18000円の水準からいきなり今日の水準になった訳では有りません。
もしそうなら「ハゲ」ですね。対応不可能です。

でもチャートは、早くも7月23日にはサインを出してくれています。
「ロングポジションがあるなら、とりあえずクローズしておきなさいよ」とね。
——引用ここまで———
チャーチストの面目躍如ですね、●●●●さん!
ただ・・・
7月23日に配信していただきたかったです
===========================

私が書いた内容の根拠となるチャートがコレです。


デイトレの技法、テクニカル分析F

うっかりカブドットコム証券が残高不足となり今日からkabuマシーンが使えなくなってしまいました。すぐ回復させますが、今日のところはマケスピのチャートで我慢して下さい。(クリックして、大きくして見て下さいね。)

このブログで説明してきたテクニカルの知識があれば、右肩上がりのトレンドラインを引く事ができ、7月23日に、クッキリと「トレンドブレイク」している事がわかるはずだと思っています。
このチャートでは「ローソクの実体」で線を引いていますが、ヒゲをつないでも、やっぱり同様の結果になるはずです。また、日経平均のチャートでやっても、やっぱり同じ結果となり、7月23日には、

「ロングポジはやばいぜ!」

という声が聞こえてくるはずです。

勿論7月23日の場が引けた段階では、「やばいサイン」は出ているものの、その夜に米株が爆騰でもしようものなら、すぐさま「ダマシ」となる可能性もあります。
だから、常にテクニカルサインを100%真に受ける事は避けねばなりませんが、それでもロングのポジションがあるならば、とりあえずクローズしておく程度には重大なサインではあります。

その後、このサインは日を追う毎に「本物」となって行きました。
そして、ダブルボトムを完成して「底を打ったかな」と思わせておいて、トリプルボトム崩れとなり、そこまでで形成されていた強力な支持線が逆に抵抗線と変化したのが、昨日の寄付き。

確かに、7月23日に「危ないよ!」って書いておれば親切だったかもしれません。
でもそれは、このブログの方針とは違っているのです。
どなたにも、私ごときの「読み」を鵜呑みにして、先入観をもってほしくないのです。
だから、自分のデイトレの内容も書かないし、「読み」をネタにしたりもしません。
そうした方がブログの「受け」は格段に良くなるのでしょうが、そういうのは他にもゴマンとあるのであって、そういうところにお任せしたいと思います。

このブログでは、デイトレに関するいろいろな「武器」や「防具」の事を知ってもらう事で、「自立したトレーダー」が一人でも育ってもらえる事に期待して続けているのです。
およそトレードを生業(なりわい)としようとしている人なら、このチャートにある線くらいは自分で引けるようになってほしいのです。
日経平均とか225先物といえば、日本株の象徴でしょう? 
その行く先が気にならない方がおかしいのです。
チャートに線を引いてみる手間を惜しんでる方がおかしいのです。

もしかして、私のブログで「警報」を出すのが恒例化したとして、たまたま私がネットの無いところに行っている日に「サイン」が出たとしたら、あなたは自分の資産をみすみす失うのですか?そんなの駄目ですよ、明らかに。

何度も言ってる事ですが、テクニカル分析なんて誰にでも、簡単にできるのです。ただ、やるか、やらないかだけ。
およそデイトレを生業(なりわい)としようとしている人なら、依存心は捨てて、「自分の身は自分で守る」くらいの信念があってよいはずだと思っています。

重ねて言いますが、テクニカル分析は誰にでもできます。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


7 件のコメント

  • たかやんさんこんにちは。
    気温は最高記録を更新中なのに、
    このところの相場は暴落続きで年初来安値更新中ですね。
    だらだらとした保合いトレンドから、下降トレンドへ移るこの時期にじっくりと腕を鍛えておきたいと思います。
    阿鼻叫喚相場を毎日毎日データを記録しながら取引してます。先々、きっと役立つはずです。
    相場を始めて今日で1年たちました。
    おかげさまで、なんとかちゃんと生き残っております。
    たかやんさん、ありがとうございます。
    次の一年も生存できるよう努力努力!
    表題の27日の支持線割れは僕も注目してました。
    そういうことにやっと気がつけるようになってきました。
    市場は何気なくサインを出してるんだなと改めて実感します。
    最近は、近い将来のためにシステムトレードの勉強をはじめました。たかやんさん、いつか詳しく教えてください。
    猛暑ですが、がんばりまっしょい!

  • もしかしたら、私の解説してる事なんて、テクニカル分析の「さわり」以下程度のものかもしれません。
    また、自分をチャーティストだなんて思ってもいません。
    確かに「チャート支持派」な事は間違いありませんが、、、
    それでも、そんな程度でも、チャートが十分戦力となるのは間違いないのです。
    だからこそ、お勧めしています。
    タイミングの良いコメント、どうもありがとうございます。
    システムトレードですか。機会があれば、書いてみたい題材ではあります。ただ、
    https://www.traderspage.biz/wp/cat14/
    のシリーズを書いた時は、「ドン引き」されちゃいましたからね。厳冬シリーズです。その対策は考えないといけません。
    暑い暑いといっても、人間水さえ飲んでりゃ50℃でも大丈夫ですよ。それより、もうすぐ夏が終わってしまう方が寂しいです。セミの声が最後になるかもしれない日、聞こえなくなった日は毎年強く意識してしまいます。
    (ご高齢の方や、体調のすぐれない方は、ぜひ大事になさって下さい。夏大好き人間のたわごとですので、お気に障りませんように、、)

  • たかやん様
    書き込みは初めてさせていただきます。
    メルマガの出所が特定できないように記事にしたのですが、影響力の大きい貴ブログの記事になってしまい、驚いています。
    ご気分を害されたならば、お許し下さい。
    分散されたポートフォリオで、
    適切な期間、保持することができれば、
    高い確率でポートフォリオ全体で損をすることはない。
    という仮説の元で、20年間投資をしています。
    今のところはうまくいっていますが、今後はどうなるか分かりません。この仮説を検証するのが、わたしのブログの目的です。他意はありません。
    この仮説は、もちろんテクニカル分析を否定するものではありません。
    90%の個人投資家が損しているのは、リスク管理の失敗と投資方法を安易に変えるためではないかと思っておりますが、わたし自身が今回は飛びそうになっています(笑)。
    役に立つ記事を今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 真摯なコメントありがとうございます。
    気分なんて害してませんからご心配なく。
    ただ、7月23日のサインを見逃す、誰かに教えてもらわないと気がつかない、というのはあまりにも損だと思うので、記事にしました。
    ゴルフのショットで、「ボールしか見てない」という感じ。
    ターゲットの方向を向いていなければ、どんなに上手にヒットできても、グリーンには飛んでいかないですよね。
    ターゲットの方向に、正しくアドレスして打つ。
    当たり前だし誰でもやればできるのに、キャリアは長いのに「100が切れないよ~」なんて人は結構これができてなかったりします。
    マーケットの方向性と違うトレードをしていては、細部ができていても、どうしたって効率は悪くなります。
    マーケットがどんどん動いている時に、自分もいっしょに流されて「ギャー」と叫ぶ側にいないで、「上げ、下げの兆し」を敏感に察知して儲けるチャンスを掴む側につきたいものです。
    儲けにはできないまでも、少なくとも危険回避はチャートさえ見てれば誰にでもできたはずです。それほど今回のサインはわかり易かったです。
    ただ、こんなサインはたまにしか出ませんから、殆どの日のチェックは無駄になります。大した無駄でもないのですが、継続できる人は少ない。だから常に、儲ける人は少数派、損する人は多数派という事になるのでしょうか?
    また、人に頼ってる人がどっちなのかも自明ですよね。
    じゃあ、自分はどっちになりたいの?という事です。
    「結果」は常に自分で選択しているのです。
    できたらまた、コメントお願いします。
    よろしくお願いします。

  •          _____
            /|       | あちッツあちちちち
            | | ∩___∩
            | | |ノ  大損 ヽ アウ・・アウ・・・
     ._____|__|/ ,_;○;:::::○:;,|_____ 2月のボーラク前に買って
     | __|||___|    ( _●_)ミ__|||__.| なんも考えずに下げ止まりと
     |(__|||__彡、   |∪|   ___|||_)| 値の回復を待ってたら
     |__|||__\ |   ヽノ  /__|||__| 底なしに落ちてったクマ
    /      | | |      | |_____/ 
    . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | |      | |       来週には少しもどして
            | (ここここここ)”      くれんのかクマ?
            | | | ・,  `ヽ`、
          )ヽ| | |(´、_   ) ) (、メラメラ  :、
         (  | | |’)  ) ( (__ノ )( ( ;メラメラ
         (  )__ノ )ヽ, (   `’´    (__ノ ) 、  メラメラ
        ) )  (__ノ(  (__ノ            (  )`、
       (    ; )              `ー’   )   ,
          (´、(                (  (
    明日からこのビログも一度読み返して見るクマ
    ちなみにペートレは順調クマ 微々たる額でもプラス  基本を忠実に守ることが大切と思い知ってるとこクマ

  • たかやん様、初めまして。
    日経平均の一目均衡表を見ると、7月23日に転換線が基準線とDCして、トレンドの転換を示唆していました。それから3、4日すると、基準線、転換線、株価が全て雲の下に抜けてしまいましたから、その時点で日経平均が下落することは誰にでも予測できた筈なのですけどね。この程度のテクニカル分析もしない人がそれだけ多いということなのでしょうか。
    乱文で失礼致しました。

  • いつもテクニカルサインの言う事が正しければ、みんな誰でも儲かってしまいます。
    しかし、マーケットはそうはできていません。
    ダマシも、日常茶飯事です。
    あらゆる事が、紙一重で微妙なバランスを保っています。
    そのバランスからマイナスに誘導するのが本能であるなら、プラスに誘導するのは、そうした本能の性質を熟知した上での一貫性のあるトレードです。
    一貫性というくらいですから、一目の使い方を覚えたその日から、というのは無理で、やはりある程度経験を積んで自分のものにする期間が必要だと思います。
    この期間に、あっちこっち渡り歩くから、目的地まで到達できる人はとても少ないのです。
    遠回りしたって経験にはなりますが、できるなら最短距離を歩くべきです。どれだけ最短距離を歩けるかは、ひとそれぞれのセンスによるところが大きいと思いますが、ヒントくらい、ならこのブログでもいろいろ見つける事ができると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)