噴火せず

今日の225先物は、こんな形でした。

「今日にも、上がるかな~」

なんて欲張りな事を思ったりしてたんですが、やっぱり私の予想はあてになりません。
(ラマダン明けのオイルマネー流入は、もう終わりなんですかね?)
まあ、昨日の米株の結果からは妥当なところですが、下値支持線をチョッピりブレイクするほど下げ、トレンドラインを少し修正しました。
でも、ますます「ペナント」がクライマックスに近づきましたね。
明日も期待しましょう。

先物の寄り付き位置がイマイチの日は、個別株でサインを出しているものを物色します。
例えば、

デイトレの技法、テクニカルサインを待て4

なんてのは、リスクが少ないんじゃないですか?

上がりそうなチャートだと、
デイトレの技法、テクニカルサインを待て5

なんてどうでしょう。ブレイクアウトは既に先週金曜に起こってしまってますけどね。

先物の方向が見えない日は、「そんなの、カンケーネー!」の新興市場に専念するのも良いでしょう。
ただ、初心者が「ランキング」で勝負するのは、素人が賭場でバクチするみたいな感じで、私はお勧めしません。ちゃんと予習して、勝負するべきだと思います。

ブタが「ワー、キャー」言ってるところに自分も「目が銭」の状態で飛び込んでも、ロクな事はありません。
どんな場合でも、常に「客観的な根拠のあるデイトレ」だけをやるように心掛けて下さい。
これさえ守れていれば、誰でも遅かれ早かれ「」に変身するでしょう。

(補足)
「噴火せず」なんてタイトルにしてしまいましたが、マーケットは往々にして「下向」にも噴火しますので、変な先入観は禁物ですよ。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)