このブログのなぜ?(前編)

今日は、こんなメールのやりとりがありました。
こういうのは今までにも時々あったし、私にメールしないまでも不思議に思ってる人もいるらしいので紹介しておきます。

たかやん様。

数ヶ月前にたかやんさんのブログを知って、私自身とてもタメになったのですが、ひとつどうしてもわからないことがあります。
もしこの質問が不快でなければ、お時間のある時で構いませんので(あるいは一言でも構いませんので)、ご解答頂けると嬉しいです。

たかやんさんは、商材の販売が目的でサイトを運営されているのでしょうか。
それとも違うのでしょうか。
もし商材の販売が目的であれば私の疑問はすんなり解消されるのですが、そうでない場合、なぜこのようなサイトを運営されているのか理解しかねます。

ご存知のようにデイトレは少ない牌の奪い合いです。
弱い者が居て、それを喰う強い者がいます。
強い者にとって弱い者は餌以外の何物でもありません。
たかやんさんのされていることは、少なからずその弱い者の絶対数を減らす行為です。

この世界において、自分の手法を晒す行為というのは、手品師が自分の手品のタネをばらすのと同じくらい愚かで馬鹿げたことというのが共通認識のはずです。
トレーダー同士でのオフ会でも、うまい人ほど自分のことは話しません。
ブログをつけているトレーダーも多いですが、これもやはり上級者ほど売買の詳細を伏せる傾向にあります。
つまりそれだけ手の内を明かすことが、いかに自分の首を絞めることになるか彼らは知っているからです。(中略)

たかやんさんは、このあたりどう考えているのでしょうか。
たかやんさんは、上記のようなことを考え付かないような方ではないと思うので、余計に疑問なのです。
たかやんさん自身、現役のデイトレーダーであるなら尚更、ご自分のしていることは単にライバルを増やし、自らの首を絞めているだけだとは思わないのですか。

手法に限らず心構えひとつとってみても、それはトレーダーが自分で傷つきながら苦労して手に入れるもののはずです。
簡単に教えてしまって、たかやんさんのメリットはどこにあるというのでしょうか。
感謝されることによる自己満足ですか?
それは現役のトレーダーとして、ライバルを無駄に増やしてまで価値のあることですか?

もちろん、どんなブログを運営しようと人の自由ですが、手品のタネ明かしを商売にしている人間が手品師たちから疎ましがられるように、私は最近勝てるようになったからこそ、たかやんさんのブログに疑問を感じるのです。

もちろん、ブログにもありますように、頭で理解したからといって実行できるか否かは別問題ですが、「気づき」を与えることによってそのトレーダーのレベルは確実に一段上がります。
それは他のデイトレーダーの「生存難易度」をほんの0.0000001%であるにしろ上げてしまうことと同意です。奪うべき牌が減るからです。

長くなりました。
拙い文章ですが、とりあえず私の疑問に関しては理解して頂けたと思います。
もしよろしければの話ですが、お返事頂ければ幸いです。

で、私の返事がこれです。

自己満足と言われれば、そうかもしれませんね。
ライバルを増やして何の得になるのか?
得なんて、ありませんね。とりあえず。

でも、利他的な行為に理由が必要でしょうか?
ウソを教えたら罪でしょうが、正しい事を、知らない人に教えてあげる事に疑問を持つ必要があるでしょうか?
欲望のままに負の売買を繰り返し、やがて散っていくトレーダーは後を絶ちません。
そうしたトレーダーの中から、1000人に一人とか、100000人に一人とか、そんな割合で、私のブログから得た知識によって生残るトレーダーがでれば、私は単純に嬉しいです。
デイトレは素晴らしい商売です。
でも、そうある為には、ざら場では狼に徹し、ブタを餌にし続けなければなりません。
売買においては、勝つ事が正しく、負ける事が悪い事。
これに疑問はありません。

『JR福知山線脱線事故に見るデイトレ』の記事を書いた時には、賛否両論というよりは批判的な意見の方が多かったです。
でも、私にすればそんなのは甘いし、私自信もまだまだ甘いと思います。
しかしながら、ざら場以外の時間も狼に徹し、ブタがブタのままで有り続けてくれる事を黙って念じるというのは、私の流儀ではありません。
今はブタでも、正しい努力を続けられるブタには、狼になる権利があると思います。
私のブログが理解でき、全てのページをプリントアウトまでして努力するような聡明なブタははやく狼に育ってほしいです。
途中で死んでほしくありません。
私の影響で狼がちょっと増えたくらいで、私の収支に悪影響を与えるようになるほど、マーケットはチッポケでは無いと確信しています。
むしろ、限りなく危うい商売と思われているデイトレで、正しく努力した人は報われるという事がもっと認知されれば、マーケットが育ち、流動性が更に増して、もっとトレードしやすくなるという可能性はあります。
まあ、なかなかそういう事にはなりにくいし、まして私のブログでそうなる訳もありませんけどね。
でも仮に今10万人のデイトレーダーがいるとすれば、1万の狼と9万のブタ。
これが20万人になっても、やっぱり2万の狼と18万のブタ。
この構図は、普遍だと思います。
だとしたら、パイは大きい方が良いですよね。
デイトレーダーの人数に枠があって、その限られたパイの中で狼ばかり増えたら、それはちょっとマズイかもしれませんけど・・・。それから、商材販売も、ブログの目的の一つである事は間違いありません。
部分です。
クソ商材の山から、少なくとも価格程度の価値はある商品を見つけ出して紹介し、一定の報酬を頂く。
「ドットコム」から「ドットビズ」に移転した時というのは、この方針に自分でも疑問を持たない事を再確認した時でした。
これに批判的な人もいましたが、「だったら読みに来ないで下さい」と。
スッキリしました。
でも、最初からこれを唯一の目的にブログをやっていたら、とてもじゃないけど挫折していたと思います。
半年経って、それまでの労力と報酬を時給に換算したら50円とかでしたから。
でもその後も続けていたら、現在は報われるようになりました。
とはいえ、もう2ヶ月ほども新しい商材の紹介をしていません。
個人的に忙しくなったのが主な理由ですが、サボりすぎだと思います。
そろそろ、次を考えないといけませんね。
良いのをご存知なら教えて下さいね。
こんなので、答えになってますか?

で、これに対する反応が、

流儀であるとの件、それから商材販売も目的の一部であるとの件、了解しました。
価値観の問題ですし、それに伴うリスク(というと大袈裟ですかね…)を自覚された上でされている行為(好意?)であるなら、もう他に言うことはないです。
たまたま私の周りのコミュニティの中でこうしたことが最近ちょっと話題になったので、たかやんさんに直接聞いてみたくなったという次第でした。

良い商材に関してはアテがありませんし、仮にあったとしても教えないです(苦笑)。
この世界でメシを喰おうとしているトレーダーとして、ザラ場以外の場でも狼に徹するのが私の流儀だからです。

それでは、いろいろ失礼なことを聞いてしまいすみませんでした。
たかやんさんのサイト自体はとても素晴らしいものだと思いますし、現に私もいつも参考にさせて頂いています。

マギー稲造そっか~。
ざら場以外も狼であり続ける方が、プロ的だと言えばそうかもしれません。
でも、まあ私がブログで書いている事は、マジシャンで言えばマギー司郎のレベルで、プロから

「種明かしで、営業妨害だ!」

ってマジ・クレームもらうほどのものでもないと思ってます。
何ら、秘匿性の高い事にはふれていないつもりなのですが・・・?
そうでもないんでしょうか?

【 この記事の続きを読む 】

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


9 件のコメント

  • たかやんさんのブログが、多くのトレーダーにとって、
    とても価値のあるものであることには、だれも反論し
    ないでしょうし、読みたくない方は、自然とここに来な
    くなるでしょう。
    ライバルが増える?私は少し違う考えを持っています。
    例えば、Eブックは作者の技術の一部をお金で交換して
    いるわけですが、その作者の持つ技術の全てを掴むこと
    は、まずできません。表面的なテクニックを越える部分
    が必ず存在し、それを購入者が凌駕することは、まず、
    無理ですよね。
    たかやんさんが、このブログでどんなことを書いたとし
    ても、誰かに教えることで、逆にたかやんさんのレベル
    が更に上がっているはずです。
    人に何かを教えるということは、自分の技術を更に熟成
    することにつながるからです。これは、相場の世界に限
    ったことではありません。
    ですから、たかやんさんにとって、別のメリットが発生
    していることを私は疑いません。
    ということで、これからも、このブログが末長く続いて
    行くことを心、望んでおります。
    一読者として、考えを申し上げました。
    乱文にて失礼しました。

  • ∧        ∧
    \\____// 
    | 丿あほ  ヽ
    / ●   ●  |
    |   ( _●_)  U ミ ・・・・・・・・・・・・・・
    彡、  |∪ |  ,,/ え、そなの?
    /    ヽノ   ″ 売買方法の秘匿性の高い事って何クマ?
    |´  丶 ヽ ヽ ヽ ・・・まあ基本もできてない状態では、 
    r    ヽ、__) (_丿 何見ても意味はないクマが
    ヽ、___   ヽ ヽ   _ガシャン  
    と____ノ_ノ .(__(_)・。;o・。  

  • たかやん様、今晩は。
    同じ学校の同じ教室で同じことを学んでも、生徒たちの学業成績は同じではありません。株式投資もそれと同じで、例えば、あのB・N・F氏が自身のトレード手法を一般に公開したとしても、B・N・F氏のようなトレーダーになれるのはB・N・F氏並みの天才だけでしょうね。

  • そうですね。私にも一杯メリットがあると思います。
    第一、作文が速くなりましたね。
    作文なんて本当に小学校の感想文とかくらいしか頑張って書いた記憶がありませんから、とにかく書くのが苦手だし、遅かった。それでも、少しでも解りやすくって長ったらしい記事をこれだけ書き続けていると、スピードだけはついてきたような気がします。また普段、意識レベルに上ってこないような事を細かく分析したり、説明の方法を考えたりする事で、更に私の理解も深まったりしてると思います。
    秘匿性が高い事といっても、そんな大した事じゃないです。
    例えば私が予習した範囲で、注目すべきチャートと詳しいトレードプランを全て公開したら、どうなるでしょうか?
    「ええかげんにせんかい!」
    って、きっと誰かから怒られそうな気がします。
    当たっても怒られ、外れても怒られるでしょう。
    だから、汎用的でない事にはあまりふれないようには注意しています。
    いろんなレベルの人が読んでいてくれてる事は意識してます。「解る人さえ解ればいい」という姿勢じゃなく、読めば誰でも理解できるように書いています。だから少しかったるいと感じる人もいるでしょう。そういうコメントもお待ちしてます。このブログは様々な方のコメントに引っ張られてできています。

  • 本当はたかやんさんは、もっともっと一杯伝えたいのでしょうね。そんな感じがします。
    たった1年間ですが、投資の世界に入り、毎日いろいろ考えてみて、なんとなく難しくしてるのは自分自身なんだなと、考えるようになりました。
    要は、このサイトは教科書なんですね。教科書があっても、勉強できない奴はできないし、できるやつは参考書があってもだめ。それが投資の世界ではないでしょうか。
    ちなみに、僕はそうやって利用させていただいております。
    それに、手法を伝えたくらいで、困ることもないと思います。そうなれば、教科書を見て、自分で工夫すればいいだけのことと思います。
    だって、マーケットは毎日が新しいのだから。

  • たかやんさん、おはようございます。
    マギー司郎ですか?日本奇術協会の相談役なんだそうです。弟子もたくさんいるようだし...エライんですね。(笑)
    どんなに優れたテクニックを持ったマジシャンでも、観客を飽きさせてしまうようでは生き残れません。一時のマジックブームも過ぎて生き残っているのは、この人の他に何人いるのか...これから生き残る可能性が最も高いのも、この人なんじゃないでしょうか?マギー司郎、かなり強い狼ですよ。(私見ですが)
    とりあえずは、こちらのブログの内容を真似しまくって「マギーみこのす」を目指します。オリジナルの「みこのす」は、その先です。 d(^-^)
    話が飛びますが、「月100万円」、最近の相場でもキッチリ機能してくれてますよ。もっともこちらの方は 「破」 の段階だと、勝手に自認して使っているところですけど...
    おっと、そろそろ気配値が出ますね。ではまた。

  • 昨夜ここで「http://www.stockweather.co.jp/sw/mei/13/1379t1a.html
    凍傷1分?の全チャート見た(見ただけ)クマ
    気がつくと2時間少しかかってたが、全体の雰囲気はつかめたかもクマ 
     今の下げの前、3ヶ月くらいから多くの銘柄がじり安になってるように感じたクマ  どーしよクマ
       ∩___∩
       | ノ  \  ヽ、
    (⌒/●  ●(⌒)l   < クマった
     \| (●_ ) \\ミ_     クマった
      彡、|| ||    \_)   
        || ||     |
        |.∪|     | 
       / ヽノ    ,/  
       |  /~|  ,|  
       | /  | |  
      / )  | | 
     (_/  /__/

  • 人に伝える(教える)ことが好きで、伝えることと、伝える手段があるのだから、そうせずにはいられない。
    それこそ本能のようなものだ。
    手品もそうだが、真のプロは次のタネを編み出していくものだと思う。
    また、そうでなければ生き残れない。
    人に教える(伝える)ことは、実践で自分を成長させることもある。
    ”総てを与えることができる者こそが、総てを手に入れることができる”
    ・・・真理だと思う。
    たかやんさんは「利」ではなく「理」に動かされているように思う。

  • たかやんさん、はじめまして。
    仮に現状の狼とブタの比率が1:9だとして、その比率が5:5になろうが、もっと言えば10:0になろうが、「相場の不確実性」という事実は0.0000001%すらも揺るがないと思います。
    そういう意味で、そのコメントをされた方は、「相場の不確実性」というものを本当の意味では理解されていないのではないでしょうか。
    たかやんさん及び、勝ちつづけるトレーダーが「相場の不確実性」という揺るぎのない真実を元に、それでも勝つ方法を模索し実践されてるとするならば、そのコメントをされた方はまだ狼にはなれていないと思います。
    とお節介な忠告をしてしまう私はお人好しなのかもしれません(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)