デイトレで勝ち組に移るカギは、必勝法ではない!(後編)

前の記事の「コメント返し」で書いたのですが、その存在に気付かずに終わる人が少なく無いと思われるので、急遽コメントは止めて、記事にしました。

「マーケットが自分に悪戯をしてくる!」

往々にしてトレーダーには、そう感じる時があります。
自分が「マーケットの魔術師」にならないといけないのに、「マーケットの魔術」に翻弄(ほんろう)されてしまっている明らかな兆候です。

これを克服する方法は2つ。(似てますが、違います。


一つ目は、確率で自分を納得させる事
ペーパーでいくら「勝てるシステム」であっても、実弾が伴うと急に怖くなります
それは、まだまだ自分のシステムに対する信頼が薄いという事です。
別に実弾投下しないとシステム検証できない訳ではないので、心から信頼できるまで検証に徹してみる事です。

初心者時代のシステム

で私が失敗した理由も、一言で言えば「検証不足」です。
いくら過去データでコンピューターが「必勝法」を編み出してくれても、リアルデータで「勝てる」という確信が無いと(=迷いや不安があると)、なかなかシステムトレードのルールに従う事ができません。
この難しさは、やった人しか解らないでしょうね?
どうしても「シストレ」が難しければ、自分の「裁量」の力を鍛える事で活路が見出せる場合もあります。
シストレが合っている人もいれば、裁量が合っている人もいる訳で、それはもう自分で結論を出すしかありません。
拒否


二つ目は、負けを「当然の事」として受け入れる事

ペーパーでは負けを受け入れられるのに、実弾では途端に負ける事に対して異常なまでに「拒否反応」を感じるものです。

これは人間である限り「自然」な事なのですが、「自然」のままで留まっている限りは、マーケットから利益を得続ける事はできません。
「脱初心者」とは「負けを受け入れる事」と言っても良いかもしれません。
この一線を超えるか超えないかの差が「本気力」です。

このブログの上部右側にあるブログ内検索「本気力」で検索して、出てきた記事を読んでみて下さい。

デイトレで勝ち組に移るカギは、必勝法ではない!」

じゃあ何か?
と言えば、結局は本気を出せるか、出せないで終わるか、という事になると思います。


本気を出すという事は、

「本能に逆らう(本能をコントロールする)」

という事でもあるので、凄い心理的抵抗を感じます。(抵抗を感じない事なら、本気を出す必要もありません。)
その抵抗を避けたい為に、多くの人が「勝てる方法探し」を続け、やがて消耗して消えていきます。
デイトレで勝ち組に移るカギ
でも、もし「世界一の必勝法」に出会ったとしても、「本気」が出せない人は、結局は稼げないのです。

これを知る(理解する)事こそ「デイトレで勝ち組に移るカギ」なんです。

デイトレで勝ち組に移るカギは、必勝法ではない!(前編)から読む

(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。
『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)