デイトレで「本気を出す!」の意味を考えてみる(4)

問:年収が人並み以上で、誰でも簡単になれそうな職業とは?

答:そんな職業は無い。(有るとしても、極一時的な現象で終わる。)

当たり前ですよね?
もし誰でも簡単になれる職業で、しかも年収が人並み以上であるなら、アッと言う間になりたい人が押し寄せて、誰でも簡単にはなれない職業になるか、或いは収入が人並み以下になるか、どちらかに落ち着きます。
そうじゃないと、計算が合いません。

もし人並み以上の収入がほしければ、人より猛勉強したり猛特訓したりして、競争というピラミッドの上の方を狙う必要があります。
それが出来ないなら、人並み程度(か、それ以下)の収入のお仕事で妥協するしかありません。
この世知辛い世の中で、そうそう甘い話があるはずが無いのです。


ところが世の中に一つだけ、年収が人並み以上で、誰でも簡単になれそうな職業があります。
デイトレーダー

    デイトレーダー

    です。
    少々の資金さえあれば、証券会社に口座を開いて、注文ボタンをポンッ!

    ルールと言えば、

    「買ったら売り、売れば買い戻す」

    の二つだけ。
    こんな簡単な事って、他に有るかしら?
    っていうか、難しい理由がありません。
    だったら、今すぐやるしかない!

    まあ、ディテールは人それぞれで多少違っているとしても、トレードを始める人、特にデイトレーダーを志すような人は、概ねこういう思考経路を辿ってデイトレを始めるのではないでしょうか?
    勿論私も、似たようなものでした。

    世の中にチョロい職業なんて無い!

    「デイトレ実践」著:ジェイク・バーンスタイン

    という事は重々分っていても、

    「デイトレの何が難しいのか全然理解できない(=信じられない)し、仮に壁にぶつかるとしても、
    本気で勉強したり、ノウハウを探せば、なんとかなるとしか思えない。」

    って考えてしまうのです。

    そういう考えにとらわれると、もうサラリーマンなんてやってる場合では無いという心境になってきます。
    誰が止めようと説得に来ても、貧乏神が憑依して自分の無限の可能性を奪いに来たくらいにしか感じられなくなります。(実は自分が妄想に憑依されちゃってる訳です。)
    デイトレーダー

      ところが、始める前には理解できなかったデイトレの難しさは、実際にやり始めてみると資産減少という痛みと同時に心底思い知らされる事になります。

      何度も何度も打ちのめされては、「今度こそ本気を出す!」と決意も新たに立ちあがるのですが、やっぱりどうしても勝てない。


      1000%の男」の記事にも有りましたが、

      相場を理解していない人の「本気」とは、負けている時に耐える本気

      にすぎません。
      又は、せいぜい聖杯を探す事に本気になる程度です。(=負けトレードからの逃避、苦痛回避)
      残念ながら、どんなに本気で探しまわっても聖杯(=100%相場に勝つ方法)にたどり着く事はありません。

      ところがそんな私に、無限迷路かとも思えたデイトレの出口が、ぼんやりとではあるものの見えた気がした日が訪れます。
      次回は、その時のお話です。

      【デイトレで「本気を出す!」の意味を考えてみる(5)】を読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)