オニールの相場師養成講座


まだデイトレのスタイルさえ定まっていない頃に衝動買いした本です。
1回読んだのですが、デイトレ一本槍の当時の私には、スイングトレードのノウハウの為、殆ど役にたちませんでした。
でも最近はスイングもやるようになったので読み返してみると、なかなか為になる本である事がわかってきました。
講座の内容はというと、

(ステップ1)
市場全体の方向性を見きわめる方法

ディストゥリビューション(下げ相場の予兆)の見つけ方や、「大底」を特定する方法などを複数のチャートで解説。

(ステップ2)
利益と損失を3対1に想定する方法

損小利大トレードを実現する方法の他、ファンド等の大口参加者の売り方・買い方が、デイトレ頭にはなかなか新鮮に感じられた。

(ステップ3)
最高の銘柄を最適なタイミングで買う方法

12の銘柄選択法(=ファンダメンタルズ)と、”カップ・ウィズ・ハンドル”パターン(テクニカル)の詳説。
”カップ・ウィズ・ハンドル”パターンは、全ての時間軸チャートでエントリータイミングを知る強力なツール。但し、超短期の場合はハンドルが無い場合も少なくないが、、、

(ステップ4)
利益を確定する最適なタイミングで売る方法

こればっかりは実戦経験を積まないとどうにもならない課題ではあるものの、知識として知っておいて決して邪魔にはならない内容。

(ステップ5)
ポートフォリオ管理==損を抑えて利益を伸ばす方法

スイングトレードについての、オニール氏の総合的解説。

ね?
スイングトレに取り組んでる人なら、読んでみたいステップばっかりでしょ?
テクニカルとファンダメンタルについて7:3ぐらいの割合で解説されています。
米株の為、ローソク足じゃなくてバーチャートなのが残念なところですが、それでも丹念にチャートと解説を見て行けば、そんなの欠点でも何でもない事が明白な1冊です。
但し、デイトレにしか興味の無い方は、私と同様、スイングに興味が出てきてから買った方が無難です。

過去に紹介した「ターナーの短期売買入門」が文字通り入門書とすると、この「オニールの相場師養成講座」は、ある程度相場を理解している人ほど得るものがある内容だと思います。
別に難解な言葉や文章という訳でもないのですが、読者がある程度相場を解っている事を前提に書かれているような気がします。
しかし、まだ初心者であっても、3回以上繰り返ししっかり読む事ができる頑張り屋さんには、値千金の本となるでしょう。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • こんにちは!
    いつも読ませもらい勉強させて頂いてます。
    非常に興味深い内容であったので何度も読み返し、たかやんさんブログ経由で書籍を注文させてもらいました。
    兼業の為に基本スタンスはスイングなのですがつい急騰してる(しそうな)低位仕手株に目を向けてしまいがちで悩んでいます。
    危険な仕手株に対しついスイングスタンスとなってしまい、はまれば爆益ですがはめ込まれた時は悲惨な事になりホームランか三振かの結果になり資産が伸び悩んでいる状態です。
    この書籍で一度考え方をリセットして再度スイングトレードを勉強し直そうと思います。
    ちなみに最近トレードした銘柄ですが
    7連続ストップ高の新日本科学や逆日歩祭りで急騰したSKホールディング、鈴丹また倒産懸念がある新興不動産のゼクス、セイクレストなんかでスイングしてました。
    順張りトレンドフォロースイングとはかなりかけ離れてました。
    これからもためになる内容楽しみにしてます!
    頑張って下さいm(__)m

  • >危険な仕手株に対しついスイングスタンスとなってし
    >まい、はまれば爆益ですがはめ込まれた時は悲惨な事
    >になりホームランか三振かの結果になり資産が伸び悩
    >んでいる状態です。
    宝くじで1等を当てた人の9割が、3年後には当選前より生活レベルを落としているという話があります。
    その事の真偽は別としても、ギャンブルはどこまで追求してもギャンブルだと思います。
    (パチプロなど、ギャンブルをビジネスに転換できる場合は別ですが、、、)
    ゆ吉さんは、負けっぱなしのブタではなく、ホームランを打てる勇気は持っているのですから、ギャンブルを脱したルールに徹すれば安定して勝てるようになる確率は、平均的な人に比べればずっと高いはずです。
    ただ、
    >低位仕手株に目を向けてしまいがちで悩んでいます。
    のように、明らかにマイナスと解っている事を何度でも繰り返してしまうという、平均的な人と同じ欠点も持っています。
    「駄目なものは駄目」
    「やらないと決めた事はやらない」
    こういう当たり前の事ができるように、1日も早く本気を出して下さい。
    この「当たり前」の事ができるだけでも、既に「並」のレベルは突破しているのです。
    ゆ吉さんなら、この本を理解するに十分な経験と知識もあります。
    そこに、既にある勇気というか我慢強さを重ねて行けば、勝利は目前と言えます。
    この本に載っている多くの勝ちパターンチャートを頭に叩き込んで、実戦に役立てて下さい。

  • ご丁寧なアドバイスを有難うございました。
    このたかやんさんのアドバイス(コメント)を肝に銘じギャンブルではなくスイングトレードをしっかりやって行きたいと思います。
    今回のアイフルに関する意見も色々あり相場というものは一筋縄には行きませんがトレンドを友として損小利大を心がける事を決心しました!
    しかしアイフルに対するGSのやり口はそれが本当ならひどいですが、あくまでもテクニカルで見た場合は完全に売り参戦でのスイングで行ける日足ですよね!
    (2番天井から節目割れ)
    これから更に基本に忠実にスイングに真剣に取り組みたいと思います。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)