できるトレーダーのド変態思考を学び取れ!

自分で苦労して働いて貯めたお金を資金にしてデイトレしているのだから、真剣

自分は真剣にデイトレしている

と信じて疑わない気持ちはわかります。

私もデイトレーダーを志した当初から100%真剣であり、手抜きしたり、楽な近道を探したりするような気持ちは全くありませんでした。

でもデイトレ初心者が、デイトレを開始する直前までの人生で得てきた

「常識」

に沿ってイメージする「真剣」と、実際に継続的に収支をプラスに出来ているトレーダーがイメージする「真剣」とは、質的に水と油ほども異なります。


例えば、

本気で勝とうと思い、人一倍勉強し、人一倍チャートを分析し、勝てる可能性の高い銘柄を選び、勝てる可能性の高いタイミングを計り、利益が伸びる事を心がけ、損切りが必要となった時には、素早く脱出する事を自分に誓う。

上記はいかにも「真剣」「真面目」「本気」を出しているように感じられるかもしれませんが、実はこんなの「人並み」以外の何物でもありません。
「人並み」なレベルの事を人より多少多くやったからといって勝てるほどデイトレは甘くはありません。素人からすれば、

え~? ウソだろ?

みたいな思考や行動パターンが求められるのです。


なのでこのブログではマーケットさん、損させて下さい!を始めとして、非常識的な事を沢山紹介してきました。

数年前に読者の方から紹介して頂いた書籍を、最近になって買って読んでみたのですが、びっくりするほど「非常識的」な事が紹介されています。
例えば、(部分的引用である為、違和感の無いように若干手を加えています。)

トレードを行う時はいつでも、私は常に負けると思っている。
私は自分が間違っていて、恐らく逆指値の損切りが強制的に執行されるという前提でトレードをしている。
その為、エントリーの直前に予想損失額をトレード日誌の損失額の欄に予め記入してしまう。

エントリーする前にそうする事で、予想される損失を受け止めるのだ。
すると、トレードに関する全ての感情が消えうせる!

奇妙に聞こえるかも知れないが、負ける前提でトレードする事で不確実性が消える。
不確実性が消えれば恐怖も無い。

恐怖が無ければ躊躇も無いから、エントリーも損切りも上手にできる。
そうすると、長期的には勝者になれる事を私は知っているのだ!

『システムトレード 基本と原則』ブレント・ペンフィールド著


私のブログ記事が常識的に感じられるほど、ぶっ飛んだ解説ですね?
でも、こういうのを読んで、

え~? ウソだろ?

で片づけてしまうのではなく、

え~、ホント? 明日早速試してみよう!

みたいな思考が大切だと思います。


この本は表題が「システムトレード」から始まっていますが、特にシステムトレードに特化した内容とはなっておらず、どんなスタイルのトレーダーにも参考になる内容だと思います。
勿論デイトレーダーを目指す人にもおススメです。

但し「参考になった!」と感じた事を単に記憶に留めるだけではなく、どう実際の行動に移していくかを常に考えながら読まないと「楽しい読書=時間の無駄」で終わってしまいかねないので、その点はお気をつけて!

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • 「システムトレード 基本と実践」は2年前に購入しました。自分では有用なヒント満載の名著だと思っていたのですが、紹介されることが少ない本なので、たかやんさんの紹介とコメントをうれしく読みました。
    損失を先に計上する方法は、ずっと利用しています。
    精神が安定するという効用とともに、ポジポジの発症頻度が激減したことが大きな収穫でした。
    変な表現ですが、損失計上を先行すると
    「1トレードをお金を払って買う」
    という感覚になります。損失を計上しようとするときに、
    「こんな海のものとも山のものともわからない商品にお金を出すのはもったいない」
    と感じるようになってから、損失になっても納得のできる強い根拠のあるトレードしか「買わなくなった」と記憶しています。
    損失が納得できる状態をチャートが示すまで、じっと待つことが苦痛ではなくなりました。
    これを機会に、今日から読み返してみます。

  • 「1トレードをお金を払って買う」
    素晴らしいです。やってみます。
    宝くじや競馬は、当たらないことが多いのに買ってしまうのは、買った額以上の損をしないからなのかもしれません。
    同じように、
    1回の許容損失額と損切りまでの幅から、ロット数が決まるので、エントリーした後は確率の問題。
    相場環境や利益獲得までの幅によって当たる確率は変わるとはいえ、
    宝くじや競馬と同じように、待てば結果が出るだけ。
    自分の場合、そうした考えのほうが良い結果を出せる気がします。

  • いつも、メールありがとうございます。
    さて、今回の書籍「システムトレード基本と原則」の一部紹介と関連記事を一読して、非常に惹かれるものを感じましたので、早速アマゾンに新品を注文しました(普段は、中古の注文が多いのですが・・・(笑))。
    ===================(以下、たかやん)
    私も中古でも全然気にしないのですが、これほど新品と変わらない値段なら、新品買うしかないですよね。
    いろいろと参考になる内容ですが、トレーダー心理のところの究極のマゾ思考は、類書の中でも抜群だと思います。
    本書への自己投資がタンタンさんのトレード成績向上に結び付きますように・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)