1000%の男

30数年間相場をしてきましたが、相場で勝つためには、耐えることが大事であるとわかりました。

それも負けているときではなく、勝っているときに耐えるのです。

負けているときに耐える人は、相場の敗者です。

勝っているときは、はしゃぐのをぐっと押さえ、兜の緒を締め、耐えて耐えて耐えて相手がやっと倒れたとき、初めて勝者の美酒を飲むのです。

(炭谷道孝、「1000%の男」より)

私の本棚は決して大きなものではありません。
読んだ本が無造作に積み上げられ、これ以上積み上げられなくなったところで、「再読の価値なし」のものを選び出して、容赦なく捨てます。
するとまた、読んだばかりの本を積み上げる場所が確保されて「サッパリ」します。
立花隆氏みたいに、家一軒がまるごと「本棚」みたいなのも素敵ではありますが、私の頭の程度だと「数量限定」の私の本棚が合っています。

昨日も、数ヶ月に一度の本棚整理をしていて、この本が出てきました。

改めて読み返してみると、この本から受けた影響の大きさに驚いてしまいます。
特に炭谷氏の相場哲学は、私の意識の深いところにしっかりと根をおろし、もうめったに顕在意識との連絡はないものの、あらゆる場面で影響を与え続けています。

炭谷氏も、ラリーから多くを学んだ「システムトレード派」です。

でも「とうきび日ばかり大作戦」なんてちっとも私の売買には使えません。

でも、参考になるのです。

この売買法を実践していると、「人間とは何か」と考え込んでしまいます。

自分が買いたいときに売りの指示が出ますし、損切の注文を毎度出し続けます。
人間の思考と逆の発想なのです。

損したい!損させてくれ!

と叫んでいるような注文なのに、実際は儲かるのです。
私はとうきび日ばかり大作戦をやっていて、頭がおかしくなりかけました。
自己不信に陥りました。
あなたも気をつけて下さい。

(炭谷道孝、「1000%の男」より)

これは、システムトレードの「鍵」であるだけでなく、相場そのものの「鍵」にまでタッチしています。
勿論デイトレの「鍵」でもあります。

すぐにも使える手法に興味が向くのは当然ですが、早い時期にこういう「錘(おもり)」を、心の奥底に置いておく事も大事だと思います。

「1000%の男」は、ほんの一時間ほど、この記事の為に現れ、また本棚の深いところに帰って行きました。

次に合う時は、何を教えてくれるのでしょうか?

ご意見、ご感想などありましたら、ぜひお気軽にコメントして下さい。
必ず、お返事させて頂きます。
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • メルマガの指値の件ですが、理論的には私もそう思います。
    ですが、実際には上昇中に売り板を買いに行くと約90%が買った瞬間に上昇が止まり頂点買いになります。
    もちろん買うタイミングをいろいろ考えて約1年半のほとんどをこの問題に取り組んできましたがなかなか変わりません。
    不本意ですがほとんど下落中に買い板に指値して買ってます。
    ご指摘の通りこれは良くないとわかっています。
    いくら勝てなくても理論的に正しいと思う通りの結果が出るまで続けたほうが良いのでしょうか、実際に勝てないのなら理論が間違いだと考えるべきでしょうか。
    それとも私のようなケースは普通は考えられないようなのでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)