予め、負けトレードになる事もイメージしてから、エントリーする

XXXX
たかやん様

○○県在住のXXXXと申します。
29年勤めた会社を昨年、体調不良で退職し、家に居ながら、なんとか収入を獲る事ができないものか?とこの世界にエントリーいたしました。

試行錯誤でたかやんさんのメールセミナーを参考に5日株でなんとか本日まで、1年3ヵ月間生き残ることが出来ております。
これもひとえに、たかやんさんのメールセミナーに希望や励ましを頂けた事と、深く感謝して居ます。

さて、唐突でございますが、一点たかやんさんのトレードでの感情?心?の気の持ち方についてお聞かせください。

それは、今からエントリーするトレードが、

  • 得意なチャートの場合の自信なのか?
  • 過信なのか?
  • エントリー時にブタになっているせいか?

のどれであるか判断出来ません。
得意なチャートと思ってエントリーすると、勝率は高いのですが、逆に動くと冷静な判断が取れなくなります。

たかやんさんの、得意なチャートの場合のエントリー時の気の持ち方や、逆に動いた場合の心の納得の仕方を教えてください。

また、得意なチャートの場合、エントリー資金は、通常決めている資金より多くして居ますが、そのせいで裏目に出ると、更に動揺してしまい、冷静な判断が取りづらくなります。
得意なチャートの場合でも、エントリー資金は変えない方が良いのでしょうか?

まだ、小生はあまちゃんで、たわいのない質問となりましたが、何卒よろしくお願い致します。

たかやん
>たかやんさんの、得意なチャートの場合のエントリー時の気の持ち方や、逆に動いた場合の心の納得の仕方を教えてください。

得意なチャートなのか、過信なのか、ブタになっているのか、エントリー前に正確に区別できれば苦労はありません。
それがいずれであるかは、後になって判る事です。

では、どう考えるか?

エントリーする前に、思い通りに動いた場合にどう対処するのかを考えるのと同時に、逆行した場合にどう対処するのかも、明確にイメージする事を習慣化してしまうのです。

「エントリーの10秒後には損切りになるかも知れない!」

そういう事態をリアルに想像し、それでも慌てずに対応するには、どんな事を覚悟してからエントリーする必要があるのか(どうなったら損切りするか?)について予め考えてからエントリーするのです。驚き

エントリー前に、勝つ事しか考えていないから、逆行するとびっくりして、

思考回路がフリーズ

してしまいます。
フリーズしてる間に更に逆行は進み、更に損切りが困難になっていきます。
大損発生のお決まりのパターンです。

エントリー前に、勝てそうか負けそうか見極められないのがブタなのではありません。
そんなの、誰にも判らないと思ってトレードすれば良いのです。

エントリー前に、勝つ事しか考えない事がブタなんです。
エントリー前に、負け方まで綿密に考えているのが狼です。

エントリー前に敗戦処理まで考える事が習慣化できたら、そこで改めて、その時々の自信の有る無しを元に、資金の増やし方、減らし方等を検討して下さい。
現状では増し玉の事など考えず、常に同じスタンスで、淡々とトレードを重ねていく事をおススメします。

たかやん

XXXX
高村様

早々にご回答頂き、大変嬉しく存じ上げます。

仰る通り、自分の意に反した状況については、事前の想像を交えた想定訓練は、疎かでした。
負けず嫌いの性格から、相場が逆に動いた時にも、それに対峙した、勝つための手段の考察や無駄な意地を貼る(難平など)行動をしておりました。

「たった10秒後には、損切りしなければならない・・・かも?」

この事態をリアルに想像しておく!

を肝に据えて実践していきます。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)