デイトレーダーの訓練(一つの見本)

H.E.
たかやん様

初めてメールさせていただきます。

私は1年半前からたかやさんのブログやメルマガを拝見しています。
オススメのe-bookも購入して勉強しています。

最近、うれしい変化がありましたのでご報告させていただきます。
3、4ヶ月前に「ゾーン」の書籍を読んでやっとトレードの検証のやり方がわかりました。

20回1セットで検証して結果を見るということで、他でも言われているような方法なんですが、そこで始めて自分が納得して理解できました。
それからデモで「ルール通り」トレードできているかだけを見ながら、20回1セットでトレードを考えて勝率、成績を記録するようになりました。

しばらくすると「勝率50%、トータルプラス」という状態が安定して出るようになりました。
もちろんミスもありますが20回中1、2回くらいになりました。
しかも、これも記録して無くすよう意識する、でもミスも織り込むという考えで検証にのぞみました。

30セットくらいで25、26セットくらいはプラスになりました。
勝率50%、プロフィットファクター 1.7 くらいでした。
僕にとっては完全に予想外のことで、

「勝率50%なのになんだこれ、不思議だ、気持ち悪い、でも勝ってる」

って状態でした。
しばらくこれを続けたら「1段レベルアップしたんだ」と感じる事ができました。
ブログの「花壇の花」のようなことが起こったんだとわかりました。

意識も変わってきたのかデイトレのことを考えていると、

「あ、この大事なことはあの本のあそこに書いてあったな」

というふうに出てくるようになってきました。
書籍とかe-bookとかブログとか自分が読んできたものですが、ほとんど「デイトレ生存率向上」が中心でそこから広がっていったものなんです。
それをご報告させていただきます。

まだ実戦だとパフォーマンスが落ちてしまうので、デモと実戦の感覚の違いをすり合わせています。
実戦は資金5万、1000通貨でルール通りデイトレできているか見ながら行っています。
検証は下記の様に行っていました。

フォレックステスター2を使って、過去の値動きの中でデモトレードを行う

ルール:購入したe-bookのノウハウ
取引通貨:EUR/JPY固定
取引時間:20時~24時固定(サラリーマントレーダーのため)
投下資金:初期金額の2%以内のリスク
ストップロス:エントリーと同時に決定、プラスの方向にしか動かさない

20トレード終わると、勝率、獲得pipsの結果を記録
トレードを見直す、ルールに対してのミスがなかったか検証、その結果を書き出す。
考察、次の課題を書く。
購入したe-bookのノウハウを読み直す。

これは、勘違いとかルール見落としを見つけるためと、手法の確認のため行っていました。
終わると次のトレードへ

1日で最大3セットくらいでした。
気力が持たないのと、そのときの癖が反映されてしまうのではと思ったためです。
上記を50セットほど繰り返しました。

自分の実感では、この程度で1段レベルアップできた事に驚いています。
まだまだ先は長いですが、必ず勝ち越せるデイトレーダーになると決めて勉強を続けます。

これからもたかやんさんのブログを応援させていただきます。
よろしくお願いします。

たかやん
メール、ありがとうございます。

それだけデイトレを「セット感覚」で繰り返し継続的にフィードバックしながら訓練すれば、勝てて当然です。
もしそれで勝てなければ、証券会社とか市場の透明性等を疑う必要がでてくるでしょう。

誰でも、やれば良い事はわかっていても、継続できる人が少ないのです。
1年半、よく頑張られたと思います。

とは言え、

失礼ですが1年半の修行期間なのであれば、まだまだ伸びしろは残されています。
3年くらい経って初めて、ようやく「初心者」がどういうものかが理解でき、その理解があればこそ「自分はその初心者とは違う」と意識できるようになります。
週間や月間プラスを達成して、

「勝ち方がわかった!」

という人が、ある日突然足元をすくわれ、再起も危ぶまれるような大失敗をやったりするものです。
その点にだけは警戒を怠らず、これからもがんばって下さい。

その調子です。

たかやん

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)