千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす(1)

全ての芸事に共通して求められる事は、

「無意識なまま、自動的に体が動くところまで鍛錬する」

だと思います。

  • ああしよう
  • こうしよう
  • あれは駄目駄目
  • これは良し
  • あれは、どういう意味だったっけ?

なんていろいろと「思考」している間は、まだまだ「練習中」のレベルです。
繰り返しの練習で身につけたパターンを無意識で実行できた時、最高のプレーが出ます。
勿論それは簡単ではありませんが、少なくともあれこれ考えながら動作している間は、

「まだまだ練習が足りない」

という意識が有った方が良いと思います。五輪書

宮本武蔵は五輪書の中で、

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす

と書いています。


毎日朝夕の稽古を1000日続けてやっと鍛錬の始まりであり、30年近くも続けてやっとその道が練(ね)られてくる、というような意味です。
事実彼は30歳までに60戦以上勝負して無敗でしたが、

「それは、たまたま理にかなっていたか、相手が弱かったから」

と分析し、鍛錬を続けて50歳になった頃ようやく、

「兵法の道にかなうようになった」

と述べています。

そう考えれば私のデイトレも、その端緒についたばかり。
まだまだ「思考」との縁は切れませんが、理想を高くもって生き残りたいと思います。

【 つづきを読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 宮本武蔵については坂口安吾の青春論が、面白い切り口でした。
    今では、青空文庫で読めます。
    「三」の部分です。
    異色な解説でありながら、本質に迫っています。
    ご参考まで。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)