デイトレでオーバーナイトは、「含み益のある時」限定で

□□男
メール講座ありがとうございます。
ブログも大変参考になります。

デイトレーダーデイトレだけしろ」

とおっしゃいますが、デイトレ専門にふみきることがむつかしいのでが?

たかやん
>デイトレーダーはデイトレだけしろ

この事の中に、私の主旨は2個含まれています。

1)「デイトレのつもりで取ったポジションが含み損になったので、持ち越す事にした。」

これは最悪です。
これを自分に許していたらデイトレのメリットは得られず、

「デイトレ失敗」

のデメリットだけが残ります。
「翌日に持ち直して、運良く助かった!」みたいな事も起こりえますが、トータルでは必ずマイナスになるのであり「むずかしい」とか言っている余地は無いと思います。

これが難しくて出来ないというのであれば、最初から自分をデイトレーダーと定義するのは止めて、

「たまにはデイトレもやるスイングトレーダー」

と自分の枠組みを改訂された方が良いと思います。
そうすれば含み益のポジションも持ち越せて利を伸ばす事ができ、含み損の損失とバランスが取れる可能性も出てきます。
含み損の時だけオーバーナイトして、含み益の時は必ずデイトレで終わらせていたら、確実に損大利小の積み重ねになってしまうでしょう。

2) デイトレにはデイトレの「感覚」みたいなものがあって、これはデイトレばっかりやる事で磨かれるもので、デイトレとスイングトレをまぜこぜにやっていると、なかなか身に付かない感覚です。

と言う事で、少なくとも「デイトレだけ」で収支がプラスになるまでは「デイトレだけ」やるのも合理的な考え方だと思います。

更にはデイトレでも「ポジションをホールドするのは10分以内」みたいなルールを決めて、特定の時間枠のスペシャリストに挑戦するのもおススメです。

これではあまり稼げないかも知れませんが、一定期間10分間トレードに徹する事ができれば、それ以外の時間枠のトレードを自分に解禁された後にも「自己規律能力」が鍛えられている事が実感できるはずです。

この体験は、トレーダーにとって大きな財産となります。
これは、ローラースケートとスケボーと一輪車と自転車をとっかえひっかえ毎日変えて練習するのと、一輪車なら一輪車だけと決めて練習するのと、どちらが練習効果が高いか?という事に似ています。

たかやん

□□男
懇切丁寧なご返事まことにありがとうございます。
よくわかりました。疑問が解けました。
こんごともよろしくおねがいいたします。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)