バイナリーオプションとデイトレ

バイナリーオプションが人気みたいですが、やりたい人はやれば良いと思います。
私はしませんが、カジノでも競馬でもバイナリーでも、遊びとして面白くて、お金がどうこうじゃないと割り切れるなら、ご自由にどうぞ。

しかしバイナリーをデイトレの一種と混同して、利益を追求して頑張るのは、どうかしてると思います。
所詮、ギャンブルですから。

ところが結構真面目にデイトレのつもりで取り組んで、案の定大負けしている人が相当数いる模様です。
なぜなら、複数の「そういう人」からメールもらってるから解るのです。

バイナリーも、株やFX等と同じ「投資」の一種と思い込んでいるのです。
まず、株やFXのデイトレは「投機」です。
まあ、投機と投資の区別は話せば長くなるのでここでは省きますが、バイナリーは所詮「ギャンブル」です。
バイナリーの同類は、株やFXではなくて、カジノや競馬です。
誤解してきた人は、ここで目を覚まして下さい。

バイナリーに何かメリットがあるとしたら、

「損切りに失敗する事がない」

くらいだと思います。(負けたらかけ金没収なのだから、元々損切りそのものが無い訳ですが)
確かに損切りできない人が無理にデイトレするよりは、バイナリーで遊んでる方がリスクは小さいかも知れません。(負けてアツくなったり常習者になってしまったらギャンブルのリスクがとてつもなく大きい事はご承知とは思いますが?)

でもいくらリスクが小さいと言っても、稼げる訳では無いですから、あくまでも「遊び」という事で・・・

仮にバイナリーで100トレードして収支がプラスにできる力が有るのであれば、すぐにFX等のデイトレに転向する事をおススメします。
バイナリーよりずっと稼げるはずだからです。

なぜならバイナリーと違ってデイトレは、エントリーの方向性が合っていた場合には、

利をの伸ばす余地がある

からです。
優位性のあるルールを決めて大数の法則に従って損小利大を継続していくのがデイトレ。
胴元(とお客さんを連れてきた人)だけが稼ぎ、大数の法則に従ってやればやるほど負けていくのがギャンブルでありバイナリーです。

まあ、世の中では「デイトレ=ギャンブル」と思ってる人が多い事も知っているので、そういう人に向かってわざわざクチを尖がらせて説明する気はありませんが、バイナリーをデイトレの一種と考えてる人には、そうじゃないって事に気がついてほしいと思います。

バイナリーをギャンブルとしてではなく、チャート等も見ながら、トレードの一種として真剣に頑張ろうと思っている方もおられるかもしれません。
であるなら、ぜひバイナリーとFXトレードの手数料(FXではスプレッド、バイナリーならペイアウト率と、名前やルールは違いますが)をしっかり比べてみて下さい。それでもバイナリーの方が良いとおっしゃるのであれば、無理にお引止めは致しません。
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 最も広く浸透しているパチンコについて、たかやんさんの考えはどうでしょうか?
    ============================(以下、たかやん)
    競輪、競馬、競艇、オートレース等の公営ギャンブルに比べれば、民間経営で生存競争にさらされているパチンコは控除率(てら銭)が最も低く、「ギャンブルで生計を立てている」人の割合が最も高いのもパチンコになるはずです。
    しかしパチンコで勝っている人と言うのは実は「ギャンブル」としてではなく、「仕事(肉体労働)」として取り組んでいる人に限られます。
    「仕事(肉体労働)」としてパチンコをするというのは、ただ勝てる台をひたすら「回す」のみであり、ギャンブルとして遊んでいる人からは羨ましがられても、本人は少しも楽しんではいません。
    パチンコはレバレッジもかけられず、拘束時間の非常に長い、苦労の多いお仕事という前提でやるなら、勝てる可能性が高いですが、どうせ「仕事」として真剣にやるのならトレードの方がずっと魅力があると私は思います。
    (補足)トレードとて、ギャンブルのつもりで遊んでいる限りは、プロとして仕事をしている人達の「エサ」になる運命は変わりありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)