デイトレ初心者が設定すべき目標とは?

デイトレーダーに必要な事柄については、「優位性について考える」カテゴリの、「デイトレーダーの要件、重要度ランキング」のシリーズにいろいろ書きましたが、それらの要素はパーツ(部品)にすぎません。

どれも重要ですが、しかし例えば本を1000冊読んだって、証券会社20社に口座を開いたからといって、「勝てる」トレーダーになれる保証なんて全くありません。
トレーダーの多くは資金も時間も限られていますから、まず正しい「目標」を設定して、その早期達成に集中するべきです。

生死の境をさ迷っている」トレーダが、まず真っ先に目指すべきなのは
デイトレーダーが最初に目指すべきは、自信を持つ事
「週間単位プラス」の実績を出す事です。
そして、それを死守していく事。


「私はこの方法によって、マーケットから利益を得る事が出来る」

という「実感」をまず持てるようになる事が何よりも大事です。
この健全な「実感」があって初めて、例えば

私は10トレードすれば、4敗は覚悟せねばならないが、私の利確・損切ルールを守る事で、トータルプラスに出来るんだ!

といった、個々のトレードではなく、より包括的な「トレード・プラン」を意識できるようになります。
殆どのトレーダーは「10%しか生き残れない」という厳しい現実を知りながら、「自分だけは大丈夫」の全く矛盾した心理状態でトレードします。

儲けなければ!
損はできない!
損失を取り戻さねば!

等という「恐怖と欲望」のプレッシャーに加えて「デイトレで勝てないとしても不思議ではない」という弱気の混ぜ合わされた精神状態で困難なゲームに挑んでいるのです。
これは、手足に鉄アレイをくくりつけて水泳の練習をしているようなものです。
泳げるようになる前に「沈没」してしまう可能性の方が高いでしょう。
溺れる人には浮き輪を
ではどうすれば、健全な水泳ができるのか?
鉄アレイを手足からはずして泳ぐ事です。
あたりまえですね。
ではどうすれば「週単位プラス」を目指した健全なトレードができるのか?
「欲望」と「恐怖」という重しを軽くするのです。
軽ければ軽いほど、泳ぐ事の難度は下がります。
つまり「投下資金を最小限にする事」が「週単位プラス」への最短の方法となります。

投下資金一定の法則(2)でも書きましたが、「週単位プラス」をできるだけ早く実現させるためには「簡単なトレード」をする必要があります。
投下資金を一定にするのは「簡単トレードの為のクスリ」と書きましたが、その究極は

「投下資金一定&ゼロ」=「ペーパー」

となります。

あなたは「ペーパートレード」が好きですか?
好きじゃないですよね。
トレードは儲ける為にやってるんであって、

「プラスマイナス・ゼロの日を何日も続ける為にやってるんじゃない」

という意識があります。
私がそうでした。
「ペーパートレード」を全くやろうともしませんでした。
でも、それは大きな間違いでした。

「週単位プラス」の実感も無いまま「儲けよう」としたって駄目(無理)なんです。

既に書いたように「10トレードすれば、4敗はするけど、トータルではプラスにできるんだ」という「実感」があるからこそ「自分のルールに従う事」つまり損切や利確のルールを守る事が可能になるのです。
何がなんでも「儲けねば」なんて心境だと、個々のトレードに強い執着心が生まれ、すぐ利確してしまったり、損切が非常に難しくなったりします。
損切に失敗して損失を抱えると、益々「負けられない」と思って、個々のトレードに執着するという悪循環が始まります。
どんどん「週単位プラス」から遠ざかってしまいます。

「ペーパー」がつまらないのは、プラストレードが出来ても利益にならず悔しいからです。(そもそも、ペーパートレードの意味が全く理解できていないトレーダーも少なくありません。)

でも、それは目標を見誤っていると言ってよいでしょう。
「週間単位プラス」が繰り返し実現できるようになりさえすれば、あなたはその後何百回、何千回もトレードを繰り返す事ができ、大きな利益を上げる事ができます。
その為に、わずかな回数の「利益」をペーパーで無にしたからといって、いかほどの事があるでしょうか?(実際には、損失を「無かった事」にできる可能性の方が高いと思いますが・・・?)

ペーパーで「週間単位プラス」を実現でるという事を水泳に例えるなら「とりあえず、いつまでも浮かんでいる事ができる」という状態にすぎませんが、まず私はもう溺れないという水泳で極めて大事な「実感」を得る事ができます。
水に対する恐怖が無用のものである事を、経験的に感じる事ができます。
あとはより効率良く前に進む方法を訓練すれば良いだけです。

「ペーパートレード」は、単に初心者が損失を発生させない為のものだと、一般には理解されています。
でも本当は

 ・初心者プロ・トレーダーに必要な実感を獲得する為の、
 ・最短で「負け組」から「勝ち組」に移る為の、
 ・「ブタ」が「狼」に変身する為の、

近道

なのです。

実行困難な方法ほど、有効である場合が多い

という経験則は、こんな所でも生きてたんですね。
文章がまずくて解りにくかったかもしれません。
文章の意味は解っても「解りたくもない」内容だったかもしれません。
でもこのアドバイスを聞く耳があれば、あなたの「生存率」は格段に向上します。
ぜひ、よく考えてみて下さい。
(どうしてもペーパーは無理という方、ぜひ投下資金を減らして下さい。それもどうしても無理という方・・・ご冥福を、いえ御健闘をお祈り致します。)

FXの場合(証券会社にもよりますが)、千通貨トレードが可能です。「ペーパーじゃなくて実弾だけど、負けても大怪我はしない。」と、メリットばかりのようですが、そうとも言い切れません。
これに慣れてしまうと、リスクを取る自分の器が小さくなって、元に戻すのに苦労してしまうのです。
怪我も小さいが、利益も小さいなら、いっそペーパートレードで、仮想資金を実弾だと自己暗示をかけて真剣にトレードした方が、実弾トレードに移行する時の事まで考えると、メリットが有るように思っています。
ご意見、ご感想などありましたら、ぜひお気軽にコメントして下さい。
必ず、お返事させて頂きます。
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


13 件のコメント

  • たかやんさん
    ばんこんにゃ~
    ピッコロは実戦をほぼ中断して、ただいまペーパートレード=シミュレーション真っ最中です。
    利確、損切りを繰り返すトレードをやってます。。。。引け後にしか収支はわかりませんが、終わってみればプラスになってます ほんの少ーし、機械的にトレードすることの重要さがわかりかけた感じです。 お時間のある時に見に来てくださいね

  • ペーパー=しろうと、初心者、ダサい
    とんでもない。
    そういう偏見をもって、いつまでもプラスに移行できない「実弾トレーダー」を「ペーパートレーダー」は軽く飛び越えて行く優位性があります。
    (私も、知っているだけでも2人のペーパートレーダーに、見事に追い越された経験があります。)
    ぜひその調子で、ピッコロさんが納得できるトレード手法を確立して下さい。

  • たかやんさん、こんにちは。
    ほとんどに1単位でトレードして来た私ですが、そろそろ2単位?と考えていたところでした。
    やっぱり1口トレーダーをもうしばらく続けることにします。急ぐ道でもありませんし...
    そういえば、逆アクセスランキング、私のところが割と上位?ほとんど私一人が回数を稼いでいる分だと思うと、なんだか申し訳ないですが...
    これからも、いろんなページを何度も読み返すつもりなので、キッチリ回数を稼ぐことになりそうです。
    どうぞ、よろしく。(^^♪

  • ペーパートレードが有効だなんて、ちょっと驚きです
    (ピッコロさん、ごめんなさい)。
    自分は、コレといった投資先が見つからないときは、休むことにしています。
    けど確かに、デイトレーダーであれば、何もしないよりは、ペーパートレードでもした方が、経験値はアップしそうですね。
    ・・・中長期のポートフォリオは今週も、大分痛んでしまいました;

  • 週間プラス、そして月間プラスが実現できて初めて「トレードの仕方」が解った事になると思います。
    「トレードの仕方」が解ってないのに欲が先行して「儲けよう」とするから、トレードが極端に難しくなってしまうんです。
    以前、トレンドフォローで90%以上の確率で負けたという方のコメントがありましたが、ペーパーならそんな結果は出なかったはずです。「なんだ、簡単じゃん!」って思えるようになってから実弾投下しても、結局は「勝組」への近道を歩む事になります。
    でも(私も含めて)殆どは「近道」のつもりが「遠回り」してしまうのです。

  • たかやんさんお久しぶりです~
    ペーパートレードってそんなに大事だとは目から鱗です・・・。
    一つ質問ですがお金を大きく投入して買うときとペーパーの時ってやはりプレッシャーというか心理状態は違うと思うのですがどうでしょう?

  • 心理状態は全く違います。
    それはペーパーの欠点でもあり、長所でもあります。
    多くのトレーダー(かつての私を含む)は、正しい手法を頭でわかっていても、「欲と恐怖」で逆に動いてなかなか収支プラスになりません。でも「手法が間違っている」と思い込むので、なかなかマイナス地獄から抜け出せません。
    ペーパーは「欲と恐怖」の影響を受けないので、手法が正しければ、簡単に収支プラスになる事が実感できます。
    この実感を得てから実弾に進めば、何が悪いのかの判断が正しくでき、収支プラス組への最短距離を進む事ができます。
    初心者がいきなり実弾では危ないので、最初はペーパーでやりなさい。
    ペーパートレードというと、だいたい上記のような存在理由と認識されています。
    でも本当は、もっとはるかに重要な意味があるのです。それについて既に記事に書きましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 確かにその通りでございます!
    まずは正しいことを学びそして実弾ですね!
    よい記事を書いていただいてますことに感謝しておりますm^^m

  • たかやんさんこんばんは。
    新撰組の土方っていますよね?
    彼は剣術の試合ではあまり強くはなかったそうです。
    しかし、真剣による死合いでは負けたことがない。
    やはり、シミュレーションと実践ではまた違ってくるものなのではないでしょうか?
    もっとも、新撰組の連中は狼(農民出多いけどw)になるべくして生まれてきたような猛者ばかりだったのでしょうが^^;

  • はじめまして。
    初心者です。
    こちらのブログはとても参考になりました。
    まだ、全てを読んではいませんが、とりあえず損切りの大事さはわかりました。
    しかしそれを頭の中だけでわかっても実践するのは難しいですね。
    私がやっているのはeワラントですが、最初はEトレード証券でやってました。
    でも一日中、価格を見ているわけにはいかないので、気づいたら予想以上に下がっていて売るに売れなかったりしました。
    その後、逆指値の可能なkabu.comに移って取引をしたのですが、逆指値の条件と売り価格を一緒にしていた為に実際には売れなかったというこ事がありました。
    その後もストップ安に見舞われたりして、どうしようもなかった事があります。
    でも、それらは全て高い授業料だと思ってます。
    おかげで最近はプラスになっています。
    NO PAIN NO GAIN ですね。
    もっと、このブログを読んで、これからも勉強させてもらいます。
    最近は何とかプラスになってきましたが、

  • ぜひ、読めるだけ読んで下さい。
    そしてまた、コメント頂けると嬉しいです。
    質問してもらえば、答えられる事なら必ずお答えします。
    よろしくお願いします。

  • たかやんさん、はじめまして。
    はじめて投稿させていただきます。
    初心者の方ならずぜひ読んでいただきたいという内容が満載ですばらしいブログですね!!
    私も改めて考えさせられることしばしばでございます。
    私は先物のデイトレ&持ち越して数日のスイングが中心の売買ですが、この記事を拝見して初心者の方が勘違いされるのではないかと感じました。
    というのもペーパートレードは百害あって一利なしだと強く感じるからです。
    確かにまったくのずぶの素人が何の知識もなくいきなりデイトレをはじめるのは無謀だと感じますが、かと言ってペーパートレードで利益が上がったからもう大丈夫だと実際にトレードを始めることも破滅への最短一直線だと思います。
    何かの投資本にあった言葉で強く共感する一文があります。
    「腕利きのガンマンが小さな的を狙えと言われて百発百中だとしても、自分の頭に拳銃を突きつけらた状態でその的に当てられるか?」といった内容でした(記憶があいまいですいません)。
    しかしリアルトレードとはまさにそういうものだと思います。自分の金を賭けてどれだけ冷静でいられるか?トレードをする前の戦略、戦術を躊躇なく実行できるか?エントリーはエッジはあるか?損切りは?利食いは?建玉数は?などなど・・・
    百聞は一見にしかずではありませんが、ペーパートレードとは畳の上の水練であると強く感じます。
    まあ、たいていの方が初めて株を買う際にペーパートレードすらするわけがないので、たかやんさんの投資家に対する愛情を感じずにはいられません。
    これからもすばらしい記事をおまちしております!!

  • ペーパートレードで勝てたからといって、実弾トレードで必ず勝てるとは私も思っていません。
    でも、ペーパートレードで勝てない人が、実弾トレードなら勝てるなんて事は殆ど100%無いと思います。
    ペーパートレードで勝てるようになるという事は、精神面は別として、マーケットからお金を取り出す方法が身に付くという事です。
    「こうすれば、勝てるんだ!」
    という事を、一番易しく経験・実感する方法でもあります。
    ペーパーで勝てた実績が無ければ負けた時に、手法が悪いのか精神面が悪いの、本当の原因がわかりません。
    それで大抵はノウハウのジプシーになります。
    一旦ベーパーで勝てるようになれば、今度はそれを実弾でなぞれば良いだけです。
    勿論、様々な失敗を経験するでしょう。
    ペーパーと実弾の違いを練習と反省で克服していく事が必要です。
    でもなぜ失敗したのかは、ペーパーで勝てた実績があればわかるはずであり、対策も容易に立てられるでしょう。
    一方、殆どのトレーダーは「勝てる方法」を、お金を賭けながら探します。
    それで殆どの人が勝てるようになるなら、私は何も言いません。
    でも、殆どの人が退場する運命にあります。
    泳ぎ方を覚えるのに、ビート板ではなく、手足に鉄アレイ(=精神的負荷)を縛り付けて練習しているようなものだからです。
    かく言う私は「いきなり実弾」のブタでした。
    もし「トレードにも訓練期間が必要であり、その訓練期間中には収入を期待してはならない」という至極当たり前の事がしっかりと頭に入っておれば、あれほどの長期間にわたって苦しみ、また資金を減らす必要はなかったのではないかと思っています。
    どうしてもペーパーが出来ない人は仕方ありません。
    できるだけ少ない枚数で始める事をおススメします。
    でも、
    >ペーパートレードは百害あって一利なしだと強く感じるからです。
    という事には全く賛同できません。
    最初から「同じではない」という認識さえあれば、百益あって一害なしです。
    むしろペーパートレードは本能の面からすると「やりにくい事」であり、これを一定期間やり遂げられる人というのは、精神面でも強い人なのであって、成功する可能性が高いと思います。
    これは、今まで「勝てるようになりました」の体験談を見てきた実感でもあります。
    現在ペーパーで頑張っている人は、迷わず目標達成までペーパーを続けて下さい。
    実弾はブタでもできます。
    それをあえてやらないのは、狼の印です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)