「買い」と「売り」は、チャート的に対称か?

「空売は、本当に危ないか?」に頂いたコメントに対して、私は、

「売り」はテクニカル的には、完全に「買い」のテクニックを裏返しているだけで、同じ

といった事を書きました。
これには補足が必要でしたので、ここで書きます。


チャートを見て、それを根拠にデイトレする事をテクニカル・トレードと言います。
ではテクニカルを根拠とするデイトレーダーは、チャートの何を見ているのでしょうか?

チャートは、その株(先物、FXも基本は同じ)に資金を投じている人々の「欲望」や「恐怖」、あるいは「迷い」の縮図と考える事ができます。
そして「欲望」が今後急速に高まる所で買い、「恐怖」が急激に強まる所で売れば、その後の勢いに乗って動き、適当に手仕舞う事で利益がでると考えます。

その「欲望」や「恐怖」が急激に強まるポイントとしての最有力候補が「ブレイクアウト」です。(と私は思ってます)

この「欲望」や「恐怖」は人間の本能に基づく感情ですから、江戸時代の米相場でも、現代のネット・トレードでも変わらず有効であり、今後も有効あであろうと考えます。
「欲望」が「+」とすれば、「恐怖」は「-」であり、裏と表の関係にあります。
従って「欲望」と「恐怖」が支配するポイントでは、上下が逆になるだけで、「同じ」と考える事は間違っていません。


ところが「欲望」と「恐怖」を比べると、人の本能に訴える度合いに違いがある事もまた容易に理解できるでしょう。
人は「欲望」で+1となるような刺激と同程度の「恐怖」には-3の反応を示すのです。
その為、通常ある値幅上昇する為に必要な期間に対し、同程度の値幅下落する為には1/3の期間で足りてしまうのです


例えば1000円の株が1500に上昇するのに3ヶ月を必要とするのであれば、1500円から1000円に下落するのに、1ヶ月しか掛からないという事です。

面白い事に、この株式のチャートの性質は、時間枠に関係なく機能します。

年足でも、月足でも、日足でも、分足でも、ほぼ同じように機能します。 (経済状況などで、長期的なトレンドが発生している場合等を除きます)
つまり(非常に荒っぽい表現ですが)「空売り」は「買い」より3倍の短期間で利益が出る可能性があります。


エントリーするポイントの判断材料としてブレイクアウトを使う限り、「売り」と「買い」は裏返しの関係にありますが、一定の利益を得るのに要する時間は「売り」の方が短くて済むと結論されます。(勿論、例外もありますよ。例外は常にあります。)

ちょっとややこしい文章になってしまいましたが、大事な事です。
1回読んで「何言ってんの?」って思った方、もう一回読んで理解する価値が、あると思いますよ。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • 「売り」をメインでトレードしてる人は少なくないと思います。
    「売れば、買いより3倍早く儲かる」というほど、事は単純でなありませんが、、、

  • いつも拝読させていただいております。
    時には、私のレベルでは分からないときがありますが、その説明の見事さと、ユーモアを交えた語り口に本当に感心してしまいます。
    昨年からノートを取りながら何度も何度も読み返しております。
    週間プラスにいたらなかった自分にピッタリの表現を見つけた時は、恥ずかしく思わず赤
    面してしまいました。
    最近になり勝つ週と負ける週とが入れ替わり始め、もうすこしで月間プラスになれるかもと希望が持てるようになってまいりました。 
    今はピッグルフくらいと思います。
    これもたかやん様のおかげと感謝申し上げます。 
    更に狼にちかずけるように禁煙を始めました。
    今日で16日目です。
    デイトレは、高くなったものを更に高く売ること この言葉にあって以来、目からうろこの連続です。
    今後のごかつやくを期待しております。
    有難うございました。

  • 買いと売りの関係について。
    とりあえず基本的には鏡の裏表の関係。
    で、違うところはまず、上げ下げのスピード。
    売りは、買いの3倍の速さで下がる。
    次にリバウンドだましのインパクト。
    買いは、現物なら最悪でもゼロ円ですむけど、
    売りは青天井。そうならないために損切り優先。
    結果、売りポジのほうが、買いポジより
    損切り貧乏になる可能性が高くなる。
    自分が感じてるのはこんなところです。
    ===============(以下、たかやん)
    「売りの場合の損失は青天井!」
    というのは間違いでは有りませんが、それは完全な「放置状態」に入った場合の事であって、ちゃんと損切りできているなら、別に「買い」と区別するほどの違いは無い、というのが私の認識です。
    空売りを苦手とする人の多くには、「青天井が怖い」という思い込みがあるようですが、そういう事態が自分に発生しうるトレードをしているのか、そうではないのかを冷静に考えてみてはいかがでしょう?
    現物にしたところで「放置状態」でゼロになったら、完全な失敗なのであって、「青空よりマシ」というのは、慰めにも何にもなりませんし、、、。
    (ストップ高・安となると話は少し別になりますが、空売り=>ストップ高連発=>損切不能=>青天井突入! という事態は極めて稀(私の記憶には無し)であり、「買い」に対して「空売り」が特に危険と判断する理由にはならないと思います。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)