デイトレと万馬券(後編)

前回の記事では「勝つべくして勝つ」と書いた事でちょっと誤解があるようなので、少し補足です。

勝つ事が、エントリーする前から100%解っているようなトレードなんて、存在しません。
あるとしたらインサイダーとかで手が後ろに回るようなトレードです。

私が言ったのは、自分の経験や検証の積み重ねの中から、期待値が1を上回るものだけにエントリーし、期待値が1を超えてるか超えてないかわからないようなもの、言い換えれば自分の願望に賭けるようなトレードはすべきではない、という意味です。

競馬は娯楽ですから、ダメモトで万馬券に夢を託しても、それは自由です。

しかし「俺も頑張って専業になるぞ!」って言いながら、万馬券に夢を託すようなトレードを繰り返していても、それはお金と時間の無駄でしかありません。(それも自由と言ってしまえば、確かに自由ですけど・・・)

「そんな事いったら、トレード無しの日ばっかりになっちゃうよ!」

無駄なトレードを控えるようにすれば、トレード数が減るのは当然の事です。
損失を積み重ねるよりは手持無沙汰の方が100倍マシというものです。


それでトレードチャンスが少なすぎるのであれば、予習不足の可能性があります。
毎日50銘柄予習してた人は100銘柄見るようにすれば、トレードチャンスが増える事は明らかです。
100銘柄だったなら、200銘柄にすれば良いだけの話。
今までにメールくれた方の中には毎日500銘柄のチャートに目を通している方もいましたから、あなたもチャートの数を増やしてみる余地はあると思います。

チャートの数を増やす他に、手法のレパートリーを広げるというのも当然アリです。
自分にとって中心となる手法も決まってない段階で、やみくもにレパートリーを広げるというのは逆効果になりかねませんが、何か一つでも期待値が1以上になる手法を獲得できたのであれば、別の手

法にも挑戦して新しい技を習得する事をお勧めします。
1個目の手法を身につけるのにかかった時間の半分以下で、2個目以降の手法を獲得できるはずです。


例えば私のブログでは寄り付きのギャップを利用した順張りとか、ウップスとかを再三紹介してきましたが、それは基本技であって、バリエーションはいくらでも考えられるし、リバウンド狙いとか、出遅れ銘柄狙いとか、知らなければ見過ごしてしまうようなデイトレのチャンス(=手法)は、いくらでもあるものです。

ただ、それをうろ覚えみたいな状態で実戦に使っても痛い目に会う可能性の方が高いですから、実戦配備にはしかるべき準備期間が必要である事は忘れないで下さい。


先物指数の動きを利用している人も多いと思いますが、何も毎日そればっかりである必要も義務もありません
指数が分かり易い日だと思えば、それを利用して稼げば良いし、どうにもこうにも先が見えないような日であれば、指数が寄り付く前に早々と見限ってしまって、新興市場のわが道をゆく銘柄で勝負するというのも当然アリです。


視野を広く保つ為には、常に新鮮な情報を脳にインプットし続ける事です。
自分で思いつける事なんて、たかが知れています。
99%は実用にはならないかも知れませんが、それでもどんどん頭に入れ続けていれば、あなたの知らない間に潜在意識の方で整理統合してくれ、ある日ヒョッコリと有効な情報として

気が付く\( ^o^ )/」

という現象が起こります。
エジソンは電球のフィラメントの材料探しで1万回の失敗を繰り返したそうですが、決して失望はせず

1万回のうまくいかない方法を発見したエジソン

と考えました。

1万回以上失敗したが、結果的には成功した

というのではなく、

万回の失敗から学んだ事が、最後に結実した

という方が正解だと思います。
エジソンと比較すると尻ごみしたくなるかもしれませんが、潜在意識を働かせる方法論としては、興味ある逸話ではあります。

【 デイトレと万馬券(前編)に戻って読む 】

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • なるほどね~
    たとえ1万回失敗したとしてもココロの持ち方が全然違うんですねっ
    2~3回の失敗でヤル気なくしてる場合じゃないぞっ、と
    自分にいいきかせますわ
    応援☆

  • たしかに自分はすぐにあきらめてしまうこと多いですね。大事なのは考え方ですよね。
    プラスに考えられればいいのですが。

  • デイトレで利益を出すためには以下のような姿勢で臨もうとしています。
    ・デイトレで資産を増やすことは難しいことを認識する。
    ・簡単には実力を付けることはできない。
    ・止めない。
    ・ 資産を増やす実力が付くまで、毎日ペーパートレードで売り買いする。
    ・記録を残す。
    ・自分のスタイルを確立するために調査をしたり工夫をする。
    勉強はインターネットで調査することと本を読むことである。
    調査の内容は、
    (1)エントリーポイント
    (2)エントリーした後の手仕舞い方法
    (3)損切り方法
    である。
    エントリーポイントとはどの様な条件の時にエントリーするかという問題である。
    インターネットで調べても本を読んでもあまり書いてない。
    手仕舞い方法とはエントリーした後でどの様な条件で手仕舞いをするかという問題である。
    損切り方法とは含み損が発生したときにどの様な条件で手仕舞いをするかという問題であり、手仕舞い方法の一部であるが重要である。
    自信が出来るまでペーパートレードで資産を増やすことが出来るまで実弾を使用しない。途中で止める原因は、難しくて投げ出す場合もあると思うが、資金を増やす実力が出来る前に実弾を使用して資産を減らして止めてしまう場合が多いと思われる。
    登録銘柄の保守が重要である。
    値動きが大きい銘柄を選択しておく必要がある。
    複数銘柄を購入。
    その理由はエントリーには当たり外れがある事。
    その平均がプラスとなれば良い。
    そのために複数銘柄を購入し平均化を狙う。
    複数銘柄を購入すれば外れがあった場合も他の銘柄でカバー出来る可能性がある。
    毎日1件だけエントリーしても良いが平均化には時間が掛かる。
    複数銘柄を購入すれば比較的短時間で平均化が可能となる。
    複数銘柄を購入すれば外れがあったとしてもその日トータルではプラスとなり毎日プラスとなることも可能である。
    1件しかエントリーしないと外れた日にはマイナスの日ができる。
    マイナスの日がない方が気分がよい。
    1日に多数の銘柄を購入できれば良いが多数の銘柄を購入すると時間が掛かる。
    ヘタをすると値上げしていた銘柄を遅れて購入し天井を購入する可能性がある。
    その為購入数に上限が出来る。
    幾つくらい購入できるかは慣れの問題もありまたエントリー後の監視を何件くらいなら可能か等と関係し、毎日数を調整して落ち着くところに落ち着けばよい。
    =======================(以下、たかやん)
    長文のコメント、ありがとうございました。
    参考になる読者の方も少なくないと思います。
    個別株のエントリーに関して私が作成したPDFがあるので、お礼にお送りしておきます。
    また何かあれば、ぜひコメントして下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)