レバレッジ

レバレッジが20倍前後の先物やFXは勿論、3倍程度の信用取引でさえ「レバレッジが怖い(危ない)というのは、「勝てる自信がない」という心理に対する、非常に消極的な防衛本能の現れと考える事もできます。

「初心者はまず、現物で練習」

それはそれで結構ですけど、その練習で資金を増やせる人がいったい、何%いるのでしょうか?

はたして先物やFXをやる事に比べて、現物の方が資金の安全性が守られていると言えるのでしょうか?

トレードの練習を実弾でやるという心理が、そもそもの間違いである可能性が高いのです。

「練習だから、少しは負けても仕方無い」

と思いながらも、

「もしかしたら、儲かるかも?」

という欲が必ずあります。
私がそうだったからよくわかるのですが、そういう了見でトレードしてる限りは、絶対に稼げません。


私は決して高レバレッジのトレードを推奨するつもりはありません。
欲望のままに高レバレッジで即死するのは、明らかにばかげた事です。

ただ、

低レバレッジ = 安全

みたいに考えて緩慢な自殺を選んでしまうのも、同じほどにばかげているのです。

ココがポイント
お金を賭けて「稼げるのか試す」のではなく、お金を賭けずに「稼げる方法を調べてみる」事を、強くお勧め致します。
デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)