デイトレで成功する人、しない人(4)♪

デイトレ退屈なものだと書きました。

世界経済は一瞬たりともその歩みを止める事なく、マーケットは毎日表情を変え続けます。
そこでデイトレするのですから、あらゆる瞬間が新鮮なはずであり退屈な訳がないのではないか?

確かにそれは一理ありますが・・・

でも、毎日表情を変えるマーケットに対して毎日新鮮な気持ち、ワクワク・ドキドキしていては、いつまで経っても初心者の枠から抜け出る事はできません。
どのような状況であっても、それは過去に出会った事のあるパターンの再現と見る事ができます。
デイトレーダーに経験が大事なのは、このパターン認識の精度に経験が深くかかわっているからです。


人間ですから、上昇パターンを下降パターンと見誤るような事は勿論あります。
現状のパターン分析で、100%未来を言い当てる事など不可能です。

だからといって、ワクワク・ドキドキする必要なんかありません。

相場は上がるか、下がるかの二つに一つです。
ネコでも50%は当たります。
それよりちょっとでも上回れれば、もう「優位性あるトレード」です。

更にその確率を少しでも上げる為に、待つ事もできるし、選ぶ事もできるし、そして何より見送る自由があります。
自信の持てないトレードに自分から飛びこむ必要なんてありません。

勝てないトレーダーはいつもワクワク・ドキドキし、大して優位性も無いのに、とにかく飛びんで行きます。
飛びこまない事には、利益が出ないからです。
飛びこんだからには、負けトレードとなる可能性もある訳ですが、エントリーの瞬間にそんな縁起の悪い事は考えません。

トレードには勝つ時もあれば負ける時もある事を十分頭では理解していますが、飛びこむ時には勝つ事しか頭にないのが勝てないトレーダーです。

一旦ポジションを取れば、興奮の坩堝(るつぼ)です。
思った方向に動けば、すぐにも逆行しそうな気がして早々と利確。

「やっぱり俺には、スキャルピングトレードが向いてるぜ!」

なんて、前向きに考えたりします。

逆に動けば「そんなはずはない」と、ヤフーの掲示板に味方を探しに行ったりして時間を使います。
同意見の人の書き込みを見つけると、

「そうだ。そうなんだよ。あんたも分かってるね~」驚く

なんて嬉しく感じたりしますが、ふとチャートに戻ってみれば、既に損切りラインを大きく割り込んでたりします。

粘れば粘るほど傷口は広がるばかりです。


勝てるトレーダーは、それなりに勝算があると確信できる場合しかエントリーしません。

だからポジションを持たない事も多いし、その間は他銘柄を物色したり、本当にチャンスだと思えるタイミングが来るまで待ち伏せしたり、とにかく地味な作業が大半を占めます。

いざエントリーとなれば、何の迷いも無く注文ボタンを押しますが、その時点でリスクとリワードの比はきっちり計算済みです。
どう利確し、どう損切るかはエントリーする以前に決まっています。

個々のトレードの結果はマーケット次第であり、トレーダーの思いとは何の関係も無い事をよく理解しています。

どこにもワクワク・ドキドキはありません。

一旦エントリーしたら、今度はルール通りの脱出をする事だけが仕事であり、その結果利益がどうとか、損失がどうとか、そういう事を考えるくらいなら、他のエントリーチャンスを探しています。

決まった事だけ、決まったようにやるだけなので、刺激も無く、従って退屈な感じです。
頑張って出来る事は全てやり、頑張っても意味の無い事はやりません。


あなたがもし、「ポジションをとらずにはいられない」とか、「利を伸ばす興奮(恐怖)に耐えられない」とか、そういう症状に心当たりがあるなら、何日でもトレードを休んで、自分のトレードを見つめなおす事をお勧めします。

そのままどう頑張ってみても、ジリ貧です。

トレードでなかなか勝てないと思ったら、自分のトレードを細部まで点検し、何が悪いのかを見つけ、その対策が立てられるまで、何日でもトレードを休むべきです。

「とにかく頑張っていれば、いつかは出口にたどりつけるはずだ!」

というのは「前進」していればこその話であって、同じところをグルグル回る続けている場合には当てはまりません。
楽天的である事は決して悪い事ではありませんが、問題の深刻さに目をつむる癖からは今すぐ脱皮する必要があります。ω

続きを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


4 件のコメント

  •        /  )
     ∩    (  /
     | ヽ    ) ) やっちまったクマ
     |   \/ /   せっかく含み益だったのに
     |__  ヽ   _  逆行しだして含み益が減って
    ( __)   ヽ ( \ トレイリングストップ基準まできたのに
    ヽ     / ヽ ヽ_> ) 放置
    .ミ´   |∩|   ´/
    |   ( ● )  彡  ・・結果含み益と同額の損きり
     ヽ ●   ●  |   アホ だったクマ 
     |ヽ       /  必ず戻るはず!なんていつもの思い込みにやられたクマ
      ∪ ̄ ̄ ̄∪

  • そういう経験をすると、「やっぱり利確はこまめに」なんて事を学ぶと思いますが、そこがマーケットの罠。
    釣った魚を泳がせていると逃げられる事も多いですが、10回に少なくとも1~2回は泳がせている間に大魚に成長し、逃げられた8匹と比べても余りある成果になるものです。
    ルール違反は厳禁ですが、そのルール設定を近視眼的に行えば結果も近眼的なものになります。
    「利が乗っても慌てない」
    というのは、本能に反しているだけに優位性がある可能性が高いです。
    1トレード単位ではなく、複数のトレードから真の優位性あるルールを見つけていく姿勢がとても重要です。
    含み益が出ていても慌てなかったのはとても良い傾向です。
    一喜一憂しないで、その調子で頑張って下さい。

  • 利確なんて損切りラインしっかりしてればどうとでもなると思ってたのですがなかなか
    実際含み益が増えてくると少し減ればしまった、さっき売ればよかったと後悔することも多々ありますし難しいものだと最近になってきづきました。
    利がのっても慌てない、今月もう少しでプラテンなので心に余裕が出来れば出来るようになるかなと思っています。

  • BBやらADXやらが傾いてくれないと、まったくやる気がおきないので、ボラがない日はひまですね。
    ・トレンド確認
    ・反トレンド待ち (押し戻り)
    ・トレンド回帰(MTFリトレイス エントリ)
    ・反トレンド確認イグジット 
    ・トレンド回帰(MTFリトレイス エントリ)
    と異時間軸、他の通貨ペアでグルグルやっているわけですから、ボラがあっても、1年やれば退屈してくるのは間違いないです。どうやったら勝てるかを探してグルグルやっている時の楽しさはもうないです。
    しかし、これも心理強度、資金管理能力があってのことです、ま、もともと会社に行きたくない人間ですから、当然 規律なんかないわけです。
    しばらく退屈しなくてすみそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)