マルチタイムフレーム分析デイトレ、東京市場オープン前からのトレード

東京の朝

昨日の朝は、これといったチャートがありませんでしたが、今朝はオージー円が目に止まりました。

【図1】

ASDJPY1H
【図1】はオージー円の1時間足です。
ちょっと伸び切った感じはありますが、1時間足MA(青の2本)は勢いよく上を向いているし、4時間足MAも2本とも上昇階段で、10MA(白色)と20MA(灰色)の順序が逆ですが、すぐにもゴールデンクロスしそうな感じです。

【図2】

ASDJPY5M
【図2】はオージー円の5分足です。
陰線の平均足(赤色)が1時間足10MA(青色階段)と15分足20MA(黄色階段)でバウンドして陽線(白色)に転換して2本目、上向きの黄色矢印からエントリーしました。
IF-OCOの利確幅は15Pipsの設定ですが、少し粘って横向きの黄色矢印のところ、20Pipsを超えたところで利確しました。
結果的には早すぎた利確となりましたが、狙っていた幅より大きく取れれば満足です。

今朝は、エントリーしたポイントから、再度陰線が出る可能性は極めて低いと思われたので、東京市場開始前のエントリーとなりました。
東京市場が開くまで待った方が、不測の値動きに巻き込まれるリスクは少なくて済むのですが、自信のある時はぜひどうぞ!

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

blank
他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


blankトレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)