デイトレ、潔く辞めるべきか?

わたる
メールセミナー第53回のPDF見せていただきました。

このPDFをみなければ私はFXから撤退していました。
年末からの上昇トレンドで多くの方が利益をあげる中、私は元々乏しい資金を殆ど失ってしまいました。

自分には FXは向いてないのではないのかと思いはじめていました。
でもたかやんさんのPDFを見て、今までの自分がいかに未熟なトレードをしていたのかと、いやと言うほど思いしらされました。

それは、逆に理にかなったデイトレを身に着ければこんな自分でもできるのではないかという希望に繋がりました。
このPDFを何回も見直し、訓練して本当の意味で潜在意識に定着させるまで、今はやってみたいと思ってます。

それでもだめなら、潔く諦めるつもりです。
本当にありがとうございます。

たかやん
>それでもだめなら、潔く諦めるつもりです。

そういうネガティブな事は、

「思いもせず」

「言いもせず」

「書きもしない」

という習慣をつけて下さい。

「絶対に、やり遂げる!」

の決意で望んで下さい。

そして後は行動あるのみ。
損切りルールを徹底できれば大丈夫です。
頑張って下さい。

たかやん

何かにチャレンジしようと決心したからには、最初から本気で取り組み、全力を尽くす事を自分に約束して下さい。
それでも目標に到達できない可能性もあるので、とりあえず全力で頑張る事ができる期限を設定し、その期限が来た時には、更に進むのか、撤退するのかを改めて検討する事に決めましょう。

最初から「それでもダメなら、潔く諦める」という事を自分に約束する必要は無いと考えます。
それは、期限が来た時に考えれば良い事であって、期限が来るまでは、たとえあと1日しかなくなっても、全力で取り組み続け、諦める選択肢等に意識を向けない事をお勧めします。

「デイトレは、自分に妥協する事無く正しい方法論に沿って訓練すれば、必ず突破できるものだ!」と確信して取り組んだ方が、「ダメなら諦める」なんて敗者の選択肢を脇に抱えて取り組むより、成功する確率は遙かに高くなると考えます。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)