デイトレにおける「逃避」とは?

H
Hと申します。

高村さんこんにちは。
いつもメール読ませていただいております。

今回の配信ですが、

>「デイトレで稼ぐ事を二の次にして、「努力」とか
>「改善」とか「勉強」に集中して日々を過ごすのは
>一種の、逃 避です。」

の真意が少し分かりかねます。
僕は今、実弾のデイトレを一時中止して(稼ぐ気持ちを断って)、デモで自分のデイトレの練習をしています。(自分が勝てやすいポイントのみエントリーして、来なければ待つ。ということ)

自分の中では、実弾で練習してあばよくば儲けたらいいなあって気持ちは、以前の高村さんのメールで気付かされました。

そして今、改善のために目標PIPSを決めてデイトレしています。
そして安定した利益を取れるようになるまで、ずっとデモでやるつもりです。

これは【 逃 避 】なのでしょうか?

少しだけ矛盾を感じました。
よろしければご返答、お願いします。

たかやん
Hさん、

デモトレで頑張っているのなら、当然OKです。

実弾を賭けてマイナスを発生させつつ「努力している」「改善している」「勉強している」と自分に言い聞かせている人は逃避しています。

でもそういう人が大多数なのです。

メールが言葉足らずだったかも知れませんが、デモトレが逃避な訳がないじゃないですか?

私が言っている「逃避」とは、

マイナスを発生させている事実から意識を遠ざける事を指している

のですから。

H
ご返答ありがとうございました。
僕も少し勘違いしておりました。

とにかく相場はそんな甘いものじゃないと十分分かりましたので、デモで自分の手法を構築し、検証していきます!
ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)