テクニカル分析、重要度ランキング(最終回)

第5位は、移動平均線です。
英語だとMoving Average(略してMA)

やっと出てきましたね。
どんな初心者でも上級者でも、チャートがあれば、そこに移動平均線もあります。
どんなレベルのトレーダーになっても、移動平均の価値が上がる事はあっても下がる事はありません。

私の場合、日足では5MA20MAの2本が基本です。
」と「」の平均ですからね。

時間があれば25、50、75、100、200なんかも見たりします。
でも、あまり複雑で見難くなっても意味ありませんから、普段は2本です。
デイトレの技法、移動平均線の束
そして、基本としては5MAと20MAの両方の上で買い、両方の下で売る事です。
両方の上(又は下)という事は、短期的にも中期的にも「トレンドが揃った方向に仕掛ける」という事です。
へたに逆張癖のある人でも、このルールに従うだけで、トレードが安定してくる事、請け合いです。
だってトレンドに逆らわずに済むのですから。

50MA以上の長期になると、その上か下か、デイトレではあまり気にする必要がありません。
時間軸が違いすぎているからです。
ただし、例えば50MAのすぐ下に価格がある時は、50MAが抵抗線になる可能性が高いです。
なぜなら、トレードしているのはデイトレーダーばかりではないからです。
1~2ヶ月のスパンでスイングしてる人も大勢います。
50MAのすぐ下で買うというのは、そういうトレーダーを敵に回す事を意味します。

そして50MAよりは100MA、100MAよりは200MAの方が抵抗線としては、より強力です。
なぜなら、敵の数がそれだけ増えるから。
でも、何も200MAを敵視する必要はありませんよ。
できれば「友」にするべきです。
だから、「時間があれば」できるだけ見るようにしているのです。

理想的なブレイクアウトだと思ったら、意外な反落に見舞われたりする。
実は「100MAの真下で買っていた」なんて後で気づいたりします。
予習に時間をかけすぎるという事は無いのです。
ただ、誰にも時間は有限なので、優先順位というものがあり、だから「時間があれば」という事になります。
もしあなたがスイングトレーダーなのであれば、今度は50MAが必須になり、5MAは「時間があれば」という程度になるでしょう。
どの時間枠をメインにするかで、サブの時間枠も変わるという事です。

MAが支持線・抵抗線となるなら、当然そこにもブレイクアウトがある訳です。
昔は長期MAを短期MAが下から突き抜けたら「ゴールデンクロス(逆はデッドクロス)」と言ってもてはやされたものです。
今では「当り前」になりすぎて「初心者の手法」みたく軽視されがちですが、そんな事は全然ありません。
今後も引き続き機能しますから、まだよく理解できない方は、ちゃんと勉強しておいて下さいね。

テクニカル分析では、それまでは全く別に見えていたものが、実は根っこは同じだった、という事に気づく時があります。
少しは「理解が深まった」という事になるのかも知れませんね。

【 テクニカル分析、重要度ランキング(1)から読む 】

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)