順張りと逆張り(1)

順張りと逆張りは、何を基準に考えるかで入れ替わる相対的なものです。
従って、

「順張り=トレンドフォロー=正しい」

「逆張り≒ナンピン=>だから、間違い」

みたいなステレオタイプな認識は、初心者の陥りやすい落とし穴だと言えるでしょう。

例えば、オマケでも引用した東プレのチャートで、赤い矢印の位置に寄付いたら、買い方と売り方、どちらに優位性があるでしょうか?
デイトレの技法、順張りと逆張り1

トレンドラインを一本引いてみましょう。
デイトレの技法、順張りと逆張り2

トレンドラインの下に寄付いてるし、 直近6営業日のローソク本体の下でもあるしで、売り方に歩があるように思われます。でも、、、
デイトレの技法、順張りと逆張り3

トレンドラインをローソク足のヒゲの先端を結んで引いたら、今度はトレンドラインの上になっちゃいました。また、前日の安値よりは上ですから、それが支持線になる可能性もあり、こういうのを「絶好の買い場」というのでしょうか?

トレンドラインを引くトレーダーの癖次第で、またちょっと視点を変えるだけで、順張りが逆張りとなり、逆張りが順張りとなる。

だから、テクニカル分析は難しくて訳がわからない ヽ(  ̄д ̄;)ノ

いえいえ、そんな事を言いたいのではありません。
明日に続きます。

「順張りと逆張り(2)」を読む。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)