デイトレの本質とは?(5)

エントリー前に損切りする位置を決め、そこで実際に損切りした場合の損失額を具体的にイメージした上で、その損失額を完全に受け入れてからエントリーする事が「リスクを取る」という事であると書きました。

エントリーする前というのは、当然ながら虎の子の資金は安全地帯に留まっており、だからこそ物事の判断を客観的且つ冷静に行う事ができます。
この時点でしっかり「リスクを取る」事が「実際のリスクを限定する」事、つまり確実な損切りができる為の必要条件となるのです。

この手続きなしにポジションを取ってしまうと、その価格変動が自己資金の膨張と収縮に直結してくるので、そのさ中に客観的且つ冷静な判断などできるはずもありません。嵐

強欲と恐怖の嵐に翻弄され、理性の殆どが吹き飛ばされてしまいます。


「損切りが苦手だ」とか、「損失が想定より大きくなってしまう」といった事を感じているとすれば、それはエントリー前に、リスクが取れていない事が原因である場合が殆どであると考えられます。


しかしながら、予め発生する可能性のある損失を受け入れておく事だけが「リスクを取る」という事ではありません。

デイトレお金を増やす為にするのであって、損失を限定する為にするのではないからです。
いかなるデイトレーダーであっても、発生する可能性のある損失額を受け入れると同時に、それを上回る利益額が期待できる場合にのみエントリーするという事が鉄則となります。

単に「上がりそう」とか「下がりそう」とか「儲かるかも?」みたいな曖昧な動機ではなく、

期待できる利益幅 > 予定した位置で損切りした場合の損失幅

という式が成り立つ事を確認した上でエントリーする事を、本当の意味で

「リスクを取る」

と言うのです。
「リスクを取る」とは「利益を得る為の経費としてリスクを受け入れる」という事の短縮形であって、単に損を覚悟すれば良いというものではない事を良く理解して下さい。


個々のデイトレにおいては、勝つ事もあれば負ける事もあります。
勝ちトレードを掴む為には、負けトレードにも遭遇する事は絶対不可避です。

もし負けトレードを100%回避したいのであれば、勝ちトレードも捨てる、つまりデイトレから完全に手を引く以外にありません。
だから、もしデイトレを続けたいのならば、

勝算のある場合に限定してエントリーし、負けトレードになった場合は予定通り潔く切る事

が必要となります。(右肩上がりの収支曲線を得たければ、の話ですが?)

これを短く言うと「リスクを取る」という事になる訳です。
(言わせてもらえば、事前にリスクを取らないエントリーはギャンブルと同じで、ビジネスとしてのトレードの要件を満たしているとは言えません。)


デイトレの本質はリスクを取る事である。

多少は解りかけてきた感じでしょうか?
でも、ここまではあくまでも「基礎」
気を抜かないで、しっかりついてきて下さいね。

補足:損切りの位置を予め決める事は比較的容易ですが、利確の位置や方法はデイトレーダーの数だけあって、バリエーションが豊富です。でも「少なくともこれくらいは期待できるだろう」という最少期待利幅と損切りの幅を比較する事くらいはできるはずです。もしそれすら良く解らないという事であれば、当分実弾は金庫に仕舞って、まず答え探しをして下さい。

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)