FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(まとめ)

チャートをクリックすると別窓が開いて拡大表示します。(図1)1時間足チャートMTFMA、1時間足

前回までの記事で①から⑦まで一通り解説しましたので、今回はその「まとめ」を書いてみたいと思います。


テクニカル分析には、チャートパターンとかフィボナッチとかサポレジとか、今回の連載で取り扱わなかった項目や手法が沢山あります。
私も、今回ご紹介したMTFMAを中心としたチャートだけでなく、様々なテクニカル分析を組み合わせて日々トレードしていますので、今後機会を見つけて関連記事でご紹介していきたいと思います。

ただ、どの分析手法を自分のトレードに取り入れるにせよ、まずは長期の時間枠から短期の時間枠へと、それぞれのトレンドの状態を大まかにでも把握しておく事が自分のデイトレの優位性の源泉になりますので、
今回ご紹介した

  • MTFMA
  • SessionsEX
  • ボリンジャーバンド
  • RSA

の4種類のインジケーターを組み合わせたチャートをメインに、しばらくご利用になってみる事をおススメ致します。
チャートの設定は、

ダウンロード

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(4)

2020.04.22
をお読み下さい。(最終的には「補足記事」の定型チャートをおススメ致します。BBの期間をどれにするかは、ご自身でお選び下さい。どれもがおススメです。)

見た感じが少しゴテゴテするMTFMAですが、異なる時間枠のチャートを見比べながら、しばらく(最短でも1週間)ご利用になる事で、その大きなメリットに気づいて頂けると思います。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(2)

2020.04.20
この記事では、1時間足チャートから4時間足チャート、そして日足チャートへと、より長期の時間枠のチャートへ遡(さかのぼ)っていく事で、マルチタイムフレーム分析の持つ大きなメリットをご紹介しました。
でも、実際に日々のトレードを開始される時には、逆に長期の足から見始めて、段階的に、より短期の足のチャートをご覧になっていく事をおススメ致します。
(月足や週足をご覧になるのも勿論OKですが、デイトレやスキャルがメインなら、日足からで、まず問題無いと思います。)

複数の通貨ペアでトレードされている場合も、トレードされている全ての通貨ペア毎に、それぞれ1日最低1回はマルチタイムフレーム分析を行う事を強くおススメ致します。
慣れてくるとマルチタイムフレーム分析を省略してはトレードできなくなってきますが、それが「優位性を、また一つ獲得した」という事であると、ご理解頂ければと思います。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(3)

2020.04.21
この記事では、「FXには稼ぎやすい時間帯がある」という事についてご説明し、併せて「SessionsEX」というインジケーターもご紹介しました。
Session」は様々な意味を持つ単語ですが、このインジケーターの場合は「市場の取引時間」を意味し、その主要な市場が、東京、ロンドン、ニューヨークと3市場あるので「Sessions」と複数形になっています。
3大市場の取引時間を色分けして可視化すると、時刻によってトレードにメリハリをつけられるようになるので、とても便利です。

更にこの記事では、トレンドが明確な相場において、例えばそれが下げトレンドの相場であるなら、下向きの1時間足のMA近辺にレートが戻ったところから売る事を推奨しています。(=戻り売り)
それが東京市場の開始時刻と重なった場合は、更にチャンスである事もご紹介しています。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(5)

2020.04.23
この記事では、大きな下げトレンドの中の一時的な逆行を利益に変えるトレードをご紹介しています。
一見逆張りのようで、実は逆張りじゃない、とことん理詰めのトレードをご紹介していますので、ぜひご確認下さい。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(6)

2020.04.25
この記事では、一つ前の「一見逆張りのようで、実は逆張りじゃない、とことん理詰めのトレード」の、その後をご紹介しています。
一旦大きなトレンドに反した動きが出て、それが否定されて大きなトレンドに戻ったのですから、トレンドフォロー派としては、最も稼げるパターンとなっています。
4時間足の20MAと10MA、1時間足の20MAと10MA、そして15分足の20MAと10MA、これら全てが順序良く角度を伴って動いている時の事を「パーフェクト・オーダー(完全配列)と呼びますが、その典型的チャートです。
このパターンを良く覚えておいて、今度であった時には、簡単に利食ってしまわないように気をつけましょう。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(7)

2020.04.26
今回の連載記事の中でも一番のおススメパターンが、この記事の(図1)の③です。①、②、⑥、⑦も、③と同種のパターンで、高い確率で大きく摂れるチャンスパターンです。

4時間足の20MA、10MAが揃って下向き+1時間足の20MA、10MAも揃って下向き+1時間足の近く(レートとMAの距離が10Pips以内)+日本時間午前9時

上記の条件が揃う事は、大きなトレンドが発生している時には珍しい事ではありませんが、わらっちゃうほどチャンスです。
午前8時30分にはMT4を開いて、③のパターンになりそうな通貨ペアを探してみて下さい。
それだけで、年間の収支が根本的に変わる可能性があります。

更にこの記事では、レートが4時間足のMAに2回タッチして、トレンドブレイクの兆候を見せるものの、それが失敗した事を確認して利益を狙うトレードをご紹介しています。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(8)

2020.04.27
この記事では、特に(図2)の5分足チャートをよく見て下さい。
4時間足のMAから15分足のMAまでが、狭い価格差(20Pips以内)の中に圧縮されています。
こういう時、チャートは単に「混沌」としているだけです。
だから、すぐにはエントリーできませんが、そこで注意力を失うのは、非常に勿体ないと言う他ありません。
こうした高圧プレス機に圧縮されているような混沌状態は、間もなく終了し、次の大きなトレンドへと流れ始めます。
その初動を待ち構え、しっかり飛び乗りましょう。
飛び乗るタイミングとしては、MAのデッドクロスとか、MAの下方ブレイクとか、選り取り見取りですが、3大市場の切り替わりも、重要な狙い目です。


blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(10)

2020.04.29
blank

FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(9)

2020.04.28
上記二つの記事のチャンスは、「FXを攻略するなら、テクニカル分析はコレで決まり!(7)の類型ですので、これら3つの記事をよく見比べて、共通点をしっかり頭に入れておいて下さい。

今回の連載では、MTFMAとSessionsEXという2つのインジケーターをご紹介すると共に、MT4ですぐ検証して頂けるように定型チャートもダウンロードして頂けるようにしました。
ご紹介した時期は昨年の夏頃と、少し過去のものですが、MT4のメニューの「ツール」=>「オプション」=>「チャート」タブの中の「ヒストリー内の最大バー数=250000」に設定してある私のMT4では、5分足まで問題無く過去検証が可能です。

過去検証を頻繁に行っているトレーダーさんには、MT4が利用できる業者、少なくとも2社の口座を開いて、片方はローソク足を大量に表示できる「過去検証用」とし、もう一方は最大バー数を多くても1万程度にして、日々のデイトレ用に使い分けされる事をおススメ致します。
日々のトレードと過去検証を1つのMT4ででやろうとすると、ローソク数が多過ぎれば、とても起動や通貨ペア変更で「重く」なりがちですし、システムの軽さを重視すれば、あまり遠い過去まで検証できなくなってしまいます。
MT4を2個パソコンに入れると、システムソフトは1個分だけで、データフォルダ類が2社分となり、効率は悪く無いと思います。

何かご質問などありましたら、コメント欄でお願いします。
(メールアドレスに記入頂いても公開される事はありません。メールで回答させて頂く場合があります。)

【MTFMAの各種時間枠チャートでの表示選択一覧】
MTFMAのパラメータ設定一覧表

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

blank

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


blankトレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)