ご無沙汰です。

ご無沙汰しました。
実家に戻っていて、しばらく自分の時間がありませんでした。

戻ってみると、メールの山。

「勝てるようになりました!\( ̄▽ ̄)/

というのも、3通ですが来てました。
そこで、一言。
トータルプラスにできるようになったというのは、ご本人は気づいてないかも知れませんが、既に独自の道を歩きだされている訳です。

何か「これさえ読めば(知れば)誰でも儲かる!」、なんていう手法はありません。
という事は、ご本人で何かを掴めたからトータルプラスにできたという事です。
様々な努力や反省、勉強の中から掴んだ「何か」です。
その「何か」というのは百人百様であり、言葉や文字で人に伝えられないものです。
(仮に伝えようとしたところで、受け手によって変容してしまい、そのまま伝わる事は決してありません。)

前に記事でも書きましたが、プラスを維持する事は難しく、更にそのプラスを大きくしていく事は、更なる油断ない努力が必要です。
例え今の利益が満足できるものでなくても、焦る事なく、気を緩めないで、更にその何かを研ぎ澄ませて行ってほしいと思います。
と言うと、何かとても困難な事のように感じられてしまうかも知れませんね?
まあ、確かに困難には違いありませんが、決してより難解で複雑な事に進まなければならないという事ではありません。
この世の中、常に「Simple is the best.」である事を忘れてはいけません。
「何を足すか?」ではなくて、むしろ「何か削れる事は無いか?」を考えた方が、うまくいく事が多いものです。

何か「こうすればもっと稼げるのではないか?」と思う事があったら、現在のスタイルは崩さないで、検証から始め、それが納得のいくレベルのものであれば、少しづつ自分のデイトレに取り入れていって下さい。
いきなりスタイルを変えてしまうような事は、絶対にしてはいけません。
本人が意識していると意識していないとにかかわらず、トータルプラスは多種多様なパラメーターの奇跡的な組み合わせで成立しており、どこか細部をちょっと変えただけでも、全体のバランスが大きく崩れてしまう可能性があるのです。

それから、トータルプラスになった人が更なる前進を求める場合、その答えを他人に頼ってはいけません。
勿論、疑問に思う事があれば、本を読んだり、ネットで調べたり、私に聞いてくれても、それは構わないのですが、トータルプラスの状態から更にそれを改善する作業は、結局本人以外には不可能なのです。

例えばプロ野球選手で打率2割の選手が3割の選手からアドバイスをもらって、次の日から打率3割になれる訳ではありません。
打率2割の選手と3割の選手は、言うまでもなく別人ですから、それぞれ時間をかけて築き上げてきた方法論に従ってバッティングを行っているはずです。
それは1日で出来上がったものではないはずです。
何かアドバイスをもらって「なるほど!」と思う事があったとしても、直接自分のバッティングを変えてしまう事は、プロならありえません。
更に何千何万球も練習して試してみる中から、もらったヒントを自分のやりかたとして消化吸収する過程がどうしても必要になります。
また打率3割の選手のアドバイスが、常に2割の選手に対して有効であるとは限りません。
むしろ、何の役にも立たない事の方が多いはずです。
人それぞれがココが肝!と思っている事って、それぞれの人にとっては確かになんでしょうが、他人にはちっともじゃない事も多いのです。

トータルプラスにできたという事はすごい事なんです。
あなたが自分の努力でプラスにできた事を、まずしっかり自覚して誇りに思って下さい。

誰かのおかげで「プロになれる」というものではありません。
様々な選択肢に対して、正しく、しかも自分に合ったものを選べてきた結果である事に、もっと自信を持って下さい。
努力の結晶として成立しているトータルプラスのトレードの場に、他人を土足でズカズカ上がらせるような事をしてはいけません。
どんなに権威ある人のアドバイスでも、どんなに魅力的なアドバイスでも、そのまんま取り入れて直接何か向上するという事は、もうプロの世界では「無い」と思った方が、遠回りする事が少なくて済むでしょう。

デイトレは全て個人プレーの世界です。

いつ、何を、どう売買しても、それはデイトレーダーの完全なる自由です。
本能に任せてトレードしていれば、99%以上は撤退でしょう。
だからプラスになるまでは、どんどん外部から有力なヒントをかき集め、その中から自分に合ったスタイルを作り上げていく作業が必要です。
しかし一旦プラスにできたら、そこから更にトレードの質を向上させるものは、結局は内省の中から見つけるしか無いと、私は思います。

さて、次は何について書きましょうか?

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • たかやんさんこんばんわ。
    去年どんなに努力しても負け続け、資金が最も減った時が11/15だったんですが、あることに留意したら突然その日を境にして急に勝てるようになりました。
    ただ、勝てるトレーダーになっているのかどうかは、いまだに自信はないですけど。
    現在13週連続プラス中です。(以前「爆死しました」と報告した週も結局プラスでした。)
    その時に、毎日勝つことはありえないことだと言われましたが、週単位でしたら年間全勝を求めることは有りなんでしょうか?

  • 13週連続プラスなら、勝てるトレーダーになってますよ。
    それが既に立派なものである事を認識して、しかるべき自信をもたれるべきだと思います。
    自信が慢心になったらいけませんが、「稼げる時に大きく稼ぎ、引くべき時に潔く引く」といったトレーダーとしての瞬時の判断力は、自信が伴っていないと、なかなかルールの中だけで実践する事はできません。
    週単位なら年間全勝を求めることは有りか?との質問ですが、「求めたければ求めても良い」という程度でしょうか?
    絶対に週間プラスを達成する事をノルマとしてトレードをコントロールすれば、不可能という事は少しも無いと思います。
    でも、あまりそんな事にとらわれていると、個々のトレードがこじんまりしてしまって、年間の収支にはあまり良い影響が期待できないのではないでしょうか?
    例えば週の前半に負け越してしまったとして、「週後半には絶対帳尻を合わせなければならない」なんて考えに支配されてトレードしても、それは自分の都合にすぎず、仮に帳尻を合わす事ができたとしても大したプラスは期待できないし、逆に帳尻を合わせられなければ、大きく自信を失ってしまいかねません。
    トレードを、その時々の自分の都合でいじくると、まず良い結果には繋がらないというのが、私の経験則です。
    週前半に負けが込んだら、気分転換にどこか旅行にでも行ってしまい、次の週からまたマイペースに戻って出直すという方が、もっと長い期間で見た場合には優っていると私は思います。あるいは、毎日毎朝リフレッシュして、その日のトレードにのみ専念するとか、、、
    ただ、そうは言っても、それもこれもトレーダー毎の考え方次第であり、「私は何がなんでも週間プラスは死守する」という考え方の人がいても、それはそれで貫けるなら立派だと思います。
    およそ勝てるトレーダーになったら、もう誰のアドバイスにも従う必要は無いと同時に、全て自分自身で道を切り開いていくよりないのです。
    なぜなら、jasintaさんが勝てている理由が別のプロにしてみれば勝てない理由になりうるし、別のプロが勝てている理由は、jasintaさんのスタイルにはマイナスに働く可能性だってあるのです。
    勝てる理由、方法、考え方は人それぞれで、何が正しくて何が間違いだと決めつける事は、もう誰にもできません。
    一旦勝てるようになったら、まずは自分のトレードスタイルを大切にし、どんな人のアドバイスも鵜呑みにしてはいけません。誰かが良かれと思ってアドバイスしてくれたとしても、受け取る側にとっては毒にしかならない場合の方が多いと思って下さい。
    誰が見てもド下手なゴルファーには、ちょっと上手な人のアドバイスなら、薬にはなっても毒になる事はありません。
    しかし、プロがプロにアドバイスするとなれば、そうそう軽々にアドバイスはできないはずですし、アドバイスを受け取る側としても、アドバイスはアドバイスにすぎず、自分のプレーに取り入れる場合には、慎重の上にも慎重を期するはずです。またそうじゃなければ、プロにはなれていないでしょう。
    それにしても、初めてjacintaさんのトレードを見た時は唖然とするようなのばかりでしたが、よく13週連続プラスのレベルまで到達されました。
    あの時だって私は(間接的ではあるけれど)いろいろアドバイスしたのですが、jacintaさんは頑固に自分の意見を主張されました。普通ならそのまま撃沈なんですが、それはもう私にはどうしようもない事です。
    でも、頑張った結果として現在のところまでこられた。
    どんな事に「気づき」を得られたのかはわかりませんが、自分だけの力でたどり着いた事は間違いないでしょ?
    もっと自信を持って下さい。
    今云える事があるとしたら、あまり連勝とか何週連続プラスとかには拘っても意味が無いという事くらいでしょうか?
    あ、これもまた、受け取る側次第ではありますね?

  • たかやんさん。大変丁寧なレスありがとうございます。
    人のマネや本やブログに書いてあることでは全然勝てませんでした。
    そういうことではなく自分の経験や検証や努力だけを頼りとしてそれを極めるようにいたしました。
    だから今のトレードをご覧になられたらもっと唖然とするようなのばかりだと思います。
    自分としてはチャートに基づいているのですが、教科書的なものを全て白紙にして、徹底して独自のデーター分析や経験や検証に沿ったものにしているので、他のトレーダーが見ればチャート無視に見えるかも知れません。
    週間全勝は絶対達成しなければいけないと考えているわけではありません。
    やるべきことをきちんとやれば(というよりもやってはいけないことを絶対にやらなければというほうが正確でしょうけど)週単位なら自然と勝っているものと考えるので負けるとしたらそれができていないと思うので。
    つまり年間で週単位での全勝とは、1年を通して自己を制御できるかどうかという目標を具体的な形にしたものです。
    これが可能かどうかについてはわかりませんが、チャレンジはしていきたいと思います。
    万一不測の事態でピンチになっても無理に帳尻をあわせにいくことはしないと思います。
    ベストを尽くすことが大事で、結果はそれで受け入れるしかないですから。
    今後はたかやんさんの言われる通り、いかに自信をつけていくか。ということが大きな課題になると思います。
    内面的なものはたかやんさんのブログにはほとんど共感していますし大変たすかっています。
    今後とも皆の支えになるような記事をお願いいたします。
    たかやんさんの時間を奪うことは本望ではありませんのでこのコメントへのレスはなくても大丈夫です。
    PS
    質問者への回答はいつも丁寧にされておられますが、それをコメント欄ではなく記事とされればネタは尽きないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)