デイトレで究極の利確方法【但し、上級者専用】(最終回)

私のイメージできる、

「最悪のトレード」

とは、損切りの予定位置に来ても損切りを行わず、

「あともう少しだけ粘ってみよう」

と粘り、大引けが来ても、

「明日には、市場の空気が変わるかも知れない」

とか考えて手仕舞せず、翌朝の寄り付きでは大幅なギャップダウンではじまったので、

「くっそ~、ここまで来たら今日1日は我慢するしかない」

とか考えて、ズルズル、ズルズルと負のトレンドフォローに身を任せてしまうトレードです。


全く穴が有ったら入りたい気分ですが、私のブタトレーダー時代に、この負のトレンドフォローを、最低3回は経験していると思います。虚無感

多少救いだったのは、1トレードに投下する資金の割合が(全資金量と比べて)小さかったので、追証発生までには常に余裕があった事です。
最悪の場合で3日ほど頑張ってから「ギブアップ!」していました。
ギブアップした後の、あの虚無感といったら・・・


最悪のトレードが

「ズルズルと損切りを引き延ばすトレード」

とすると、最善のトレードはその裏返し、

「ズルズル、いつまでたっても利確しないトレード」

です。
でも、このトレードを人間の意思で行う事は殆ど不可能です。
人間の本能を逆なでするものだからです。

なので、ルールでこの不可能を可能にさせようというのが、

ココがポイント
『トレイリング・ストップ』

です。


勿論、このルールを守るだけでも、とても難しいです。
毎回必ず含み益の一部を吐き出さねばなりません。
トレーダーにとって最も「快感!」となる「天井での売り」「大底での買い」も全て「不可」です。

その代り、この難しいルールに従い続ける事で、最後には大きな報いが待っています。
トレーダーにとってやり難いルールであるほど、大きな報いが得られる可能性が高いのです。
それが、マーケットの「性質」なのです。

ご意見、ご感想、ご質問があれば、コメントでどうぞ。

【デイトレで究極の利確方法(1)から読む 】

======================================
(補足)本能と理性の関係については、こちらのレポートで詳しく解説しています。

『デイトレ攻略の新戦略レポート』 <==クリックして下さい!
======================================

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • いつもメールを送っていただきありがとうございます。
    まだまだ精神的な自己管理が難しく手こずっていますが、少しずつメールの意味が理解できるようになってきました。(出来るようになったという意味ではありませんが。。)
    これからもどうぞ宜しくお願いします。
    =================(以下、たかやん)
    私のメールセミナーは、単に欲の皮のつっぱたブタさんには、面白くもなんともない代物だと思います。
    書いている私自身、トレードを開始して1年以内の頃なら、内容に興味を持てず「購読解除」してしまった可能性が高いです。
    それを、我慢して読み続けて「少しづつ理解できたきた」というのは、真に素晴らしい。
    頑張って、絶対に生き延びて下さいね。
    「勝てるようになりました~♪」メールをお待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)