デイトレの手法が正しくても、負ける時は負ける

もしもデイトレの週間の収支がマイナスなら、何かを根本的に変える必要があります。

でもそこで「手法を変えて実弾を発射する」という安易な方向に流れてはいけません。
実弾を発射しながら手法を試すというのが、ブタトレーダーの典型だからです。

実弾を発射しながら手法を試すと、

「負けたら、また手法を変える」

という事の繰り返しになってしまいます。
デイトレで勝つために必要なのは、

ココがポイント
勝ったり負けたりを繰り返し、トータルでのプラスを積み上げていく

という事です。

負けても平然と受け流す不変のデイトレ手法が必要です。

ココがポイント
勝ちトレード = 正しいトレード

負けトレード = 間違ったトレード

というブタ・トレーダーの思考から脱却する必要があります。

かつて、私自身がそのブタトレーダーの典型でした。

「デイトレの基本的な事は理解している。
デイトレーダーが知るべき事は知っている。
後は、手法を微調整して勝つだけだ!」

そう思って毎日頑張り続けたのですが、なぜか収支がプラスに転じない。
それは、負けトレードを(無意識的に)否定していたからです。

ブタトレーダーは目の前のトレードしか見えません。
だから常に勝つ事しか考えられず、負けたらそれは手法が間違いという事であり、修正し続けるしかありません。
どんなに優れた手法でも、負ける場合も必ず有るので、その度に手法を修正していたら、この悪循環から永久に抜け出せません。

手法を変えている間は、絶対に勝ちトレーダーにはなれません。
平常時には負けトレードの必然性を理解しているつもりでも、

「実弾発射しながら手法を試す」

をやっている事自体、無意識レベルで負けトレードを否定している事だとは言えないでしょうか?

「ペーパーでは、本気になれない」

といって実弾トレードしかできないトレーダーは、むしろペーパートレードで優位性獲得にまい進しているトレーダーより、狼になる事に対して

「本気度が低い」

とは言えないでしょうか?

『週間収支マイナスなら、何かを根本的に変える必要がある。』「何か」とは、
こうした「本気度」の事を指しているのです。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)