データベース

エクセル+VB+RSSにより、過去1ヶ月分くらいの株価データを蓄積し続けていく事について前回書きました。
すると、今日そのツールを作ったとしても、データが揃うのに1ヶ月もかかるのかと、がっかりされるかもしれません。
また、今後ツールが完成しても、新しい銘柄を取り込むのに常に1ヶ月も掛かるとしたら、かなり抵抗感があると思います。
ところが、私は新規に追加したい銘柄があれば即日追加し、翌日からマイ・ツールでザラ場の監視を行う事が出来ます。

それは「初心者時代のシステム」の「システム(2)DBの準備」でご紹介した「株価データベース」を今も使っているからです。
1ヶ月くらい更新をサボっても、あまり手間暇かけずに最新の状態にアップデートする事が可能です。
追加したい銘柄が何個か集まったら、このデータベースで各銘柄の4本値と出来高をCSVファイルとして抽出し、そのデータをマイ・ツールの該当する場所にコピーします。
このデータコピーも、1回マクロを作っておけば、何度でも使えますから便利です。

このデータベースが存在しなければ、マイ・ツールも構想だけで終わったかも知れないと思っているので、念の為ご紹介しました。
MS Accessをお持ちでない方には、ちょっと出費が必要ですが、何かとデータ分析するのにこのデータベースは役に立ちます。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


3 件のコメント

  • パソコンソフトを使った分析、興味深く拝見いたしました。私はエクセルに注目銘柄の四本値と出来高は記録しています。大切な事ですね。すごく細かく分析されているのがすごいなあと思います。私はテクニカルの他にチャットや掲示板などの情報も参考にしています。みんながみんな良いわけではありませんが、。

  • 分析というより「自分の頭とチャート等で行っている判断を、出来るだけエクセルに肩代わりさせたい」という感じです。リアルタイム株価(RSS)と、過去1ヶ月ほどのデータが同一エクセルシートにあれば、かなりの部分がカバーできますよ。
    私の個人的な見解にすぎませんが、チャットや掲示板は、少なくともザラ場では見ません。良い事もあるかも知れませんが、悪い事の方が多い「ノイズ」にすぎません。「掲示板」でたまたま利益が出たとして、どう次回に繋げられるでしょうか?
    デイトレではニュースすらノイズだと思ってます。私って変ですか?

  • こんにちワ(^0^)
    読者登録ありがとうございました。
    「本能を克服する為に」はまさに書いている通りですね。
    参考になることがたくさんあります。まだ全部見てないのですがコツコツ見て見たいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)