マクロの自動起動

現在値と、過去データを比較して、新たにブレイクしてきた銘柄を見つけて上位表示させる為のマクロは、最初はCtrl+「x」など手動で起動していました。
でも、やっぱり一定間隔で自動アップデートしたいと思って見つけたのが、このコマンドです。

Application.OnTime earliesttime:=TimeValue(“10:28:00”),

procedure:=”値洗”, latesttime:=TimeValue(“10:28:05”) Application.OnTime earliesttime:=TimeValue(“10:28:30″), procedure:=”値洗”, latesttime:=TimeValue(“10:28:35”)

タイマー関係のコマンドは試しましたが、思うような結果が得られず、最後にたどり着いたのがこれです。
この方法だと、30秒に1回起動するとして、1時間に120個も記述せねばなりません。
ただ、1回書いてしまえば何回でも使えますし、数種類のマクロを予定時刻に自動起動できるので、とりあえず満足しています。(満足してしまって、他を探すのを止めました)

でも、なんて「ドロクサイ」んでしょうか?
もっとスマートな方法があるような気もします。
ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えて下さい。
よろしくお願い致します。
このシリーズは、予期していた事とはいえ、どうしても「ニッチ」な話題になってしまい、読者のみなさんが「サ~~」と引いて行かれるのが見えるようです。
ですので「プログラミング」関係はここらで一段落とし、次を考えてみたいと思います。
でも「ご質問」があれば、答えさせて頂きますのでご遠慮なく。

つづきを読む

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)