デイトレーダーの一貫性

今月は実家に帰省しなければいけなくて、やっと終わって帰ってきましたが、もう月の3分の1が終わってしまいました。
デイトレは、その名のごとく日当制ですから、これはかなり厳しい。
あなただったら、どうしますか?

月のノルマ達成の為に、投下資金を増額しますか?
それとも、1日のトレード数を増やしますか?

私には、それは考えられません。
トレード日数が減った事は、その他の方法で相殺しようとしてはいけなのです。
負け越した日には「いつもより真剣に予習をして挽回を図る」なんてのは当然「アリ」ですけれども、トレード日数が33%失われたのなら目標収益も33%減額してしかるべきです。
厳しいですが仕方無い。


仮にあなたの月の収益目標が100万円なのであれば、あなたのトレードスタイルのあらゆる部分が「月100万達成」の為にチューニングされている必要があります。

予習・復習にかける時間も、1トレード毎の平均投下資金量も、前場・後場それぞれの目標トレード数も、使用するPCやツールも、その他全てが「月100万円」達成の為に最適化されていなければなりません。
収益目標に対して、マイナス要因が発生した場合、その要因にもよるでしょうが、他の部分で補う事はとても難しいという事を理解して下さい。

勿論、日毎の収支は凸凹している訳ですが、これをいきなり凸凸凸凸・・・にしようとしても、できる訳がないのです。
「月間収支プラス」というのはまぐれではなく、様々な事が微妙にバランスして成立しています。
だから、そのパーツの一部分をどうこうして、他の部分を補おうと考えるのは、全てを目茶苦茶にしかねない危険を孕(はら)んでいるのです。
これは、「投下資金一定の法則」なんかでもちょっと書きましたが、とてもとても大切な事です。


あなたが毎日悪戦苦闘してトレードしているのは、とりもなおさず、あなたのトレードスタイルを、パズルを組み上げるように、その細部を一つ一つ構築していっている過程な訳です。
その、どんな些細な部分をも、決して疎(おろそ)かにしない事。
決してこれといった正当な理由もなく、安易な変更をしない事。

ゴルファーの腕前は、ティショットを打つ前に、もう大体わかります。
素振りを3回やるなら、いつも3回。

アドレスに入ったら、ボールを打ち終わるまでの時間もほぼ一定。

そのしぐさの全てが、細部まで「パターン化」され「同じ」なのです。

「同じ」だから「迷わない」「怖がらない」「力まない」。

ヘタクソはいつも「違う」から「迷う」「怖がる」「力む」。


当たり前の事書いて、すみません。

でも、この当たり前の事が誰にも理解され、実行されていれば、ヘタクソゴルファーは激減するはずですね。
解っているつもりでも、実行が伴わない。
だから、そんなに「当たり前」という事でもないんですね。

デイトレも同じ。
「一貫性」の重要性が本当に解るというのは、相当勝てるようにようになった「証(あかし)」です。
それが本当に解るまでは、一貫性の重要性を勝手に過小評価しない事。ω

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)