デイトレを攻略する(最終回)

デイトレで毎日200銘柄のチャートを見るといっても、全てを均等に見る訳ではありません。
まずは、自分の好きな銘柄で良いので10個選んで、この10個については特に念入りに見るようにします。
この10銘柄を「一軍銘柄」、その他の190銘柄を「二軍銘柄」と呼びます。


これら一軍銘柄については、日足は当然として、およその月足と週足の状況まで頭に入れておくようにします。
一軍を構成する銘柄は、できるだけ業種はバラバラの方が望ましいです。
日によって活気のある業種がまちまちだからです。

一軍二軍共に、チャートのキレイな銘柄を選ぶようにして下さい。
銘柄は沢山あるのですから、わざわざチャートの汚い銘柄を選ぶ理由などありません。

実際にデイトレするのも、できるだけこの一軍銘柄の中から選ぶようにし、
二軍銘柄については、チャートパターンで、よほど良いものだけ厳選してデイトレするようにします。

まずは、「気心の知れた銘柄」というか「得意の銘柄」を1個でも2個でも増やしていく事が、デイトレのコツを掴む上で重要です。


「この銘柄で、このパターンが来ればしめたもの」

みたいな感じが掴めてくれば、それこそがデイトレーダー貴重な戦力となります。
そういう感覚というかパターンを一つづつ積み重ねていくようにします。

そして毎週末に、必ず全てのデイトレの結果を見直します。

鮮明にトレードした時の状況を思い出せるように、トレードした銘柄の日足、30分足、5分足等のチャートをしっかり毎日保存しておくようにします。
エントリーやエグジットのポイント、更にはその判断理由や、自分の心境もできるだけメモして、いつでも記憶がよみがえるようにしておきます。
チャートを画像として切り取るソフトは、「キャプチャーソフト」で検索すれば無料で良いものが沢山見つかりますので、気に入ったものを使うようにして下さい。


二軍銘柄の中のデイトレで、うまく勝てた銘柄があったら、順次一軍に昇格させていきます。

一軍銘柄は、とりあえずは30銘柄ほどが目標となります。
といっても、無暗に数を増やすのが目的ではなくて、あくまでも「お得意様」と自分で思える銘柄でなければいけません。
連敗したような銘柄は、一軍から二軍に降格させて下さい。

この考え方、「オズの実践トレード日誌」の「補足部分」から学びました。
400ページを超える分厚い本ですが、あっという間に読み終えられるほど、面白く参考になる本です。

【 デイトレを攻略する(1)から読む 】

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 今日は、マイルール通りのスキャルピングで3回とれました。
    しかし、デイトレと決めて入ったのに持ち越してしまいました。
    ダメですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)