目指せ、専業デイトレーダー?(2)

とはいえ、もう会社を辞めてしまった後で「会社は辞めるな!」って言われても、もうどうにもなりませんよね?

「覆水盆に返らず」

英語だと、

It’s no use crying over spilt milk.

です。
やっちまった事は仕方ありません。腹をくくって下さい。
マーケットで生き延びていく為にはこれからの一つ一つの選択こそが益々重要になっていきます。
そういう歩みの中で、ぜひとも覚えておいて頂きたいのは、

「私(初心者トレーダー)は、バカである!」

という、まぎれもない事実です。
自分にどんなに優秀な学歴や職歴があっても、そんなものはマーケットの前では何の役にもたちません。
だから、変にプライドがある人ほど要注意です。
プライドが有るから、最初っから勝つ気、勝てるつもりでいます。
それがいかにバカ丸出しの了見であるかは、1~2ヶ月ほどもあれば十分に思い知らされるのですが、変にプライドが有ると、更に意地になって突っ走り、遂には資金を失い「退場!」の宣告を受けてしまう事になります。

自分が「バカである」なんて、とても受け入れられない人が殆どだと思います。
でもこれは誰でも例外の無い事なので、早く受け入れるのが身の為です。
私なんか、「絵に描いたようなバカでした。
ただ、幸いな事にこの「バカ」は、時間が経つほどに弱まっていきます。
マーケットでの様々な経験だけが、このバカにつける薬です。
どんなに優良な書物や師匠の教えであっても、それはまだ机上の事にすぎません。
常に経験の裏打ちを必要とするのです。
だからトレーダーとして成功するかしないかは、バカが治るのが早いか、バカが治る前に資金が枯渇して退場を食らってしまうか、にかかっているのです。
つまりは、出来る限り長生きする事が、デイトレーダーとして成功する為の最善の策なんです。
従って、最初はペーパー(FXではデモトレ)から始めてみるのが最善策です。
それが難しい場合は、最低単位(枚数)から始める事です。

一番短命なのが、一獲千金派です。

デイトレは稼ぐ為にやるんだから、一獲千金を狙って何が悪い?」

ね?
バカでしょぅ?
ビギナーズラックで、多少は勝てるかも知れません。
でも、負け方も知らずに勝ち続けられるほどマーケットは甘くはありません。
遅かれ早かれ、いずれは撃沈の運命にあります。
それでも才能があれば、失敗に学びながら最後には勝てるようになるかも知れません。
でも、明らかに生存率は低いはずです。

デイトレ初心者で一番賢い選択は、自分が(デイトレに関して)バカであるとの前提に立ち、いきなり稼ごうと欲張るのではなく、できるだけ長生きに務めながらデイトレを理解して行くという姿勢を貫く事なのかもしれません。

マーケット神話 <デイトラの箱>
昔々、神様は無知な人間に、生きてゆく為のあらゆる知恵を授けました。
でも、堅実な人生を歩ませる為に、デイトレの知恵だけは授けませんでした。
(だから、どんなに賢くて学問のある人でも、デイトレをさせると途端にバカになるのです。)
そして、デイトレの知恵が封印された箱を人間に与え、

「決してこの箱を開けてはならぬぞよ~」デイトレの箱に残されたものは?

と命じたのでした。(神とは常に理不尽なものです。)
殆どの人々は堅実な人生を選び、よく神の言いつけを守ったのですが、ある日の事、好奇心の強いバカが箱を開けてしまいました。
すると箱の中からは、
油断、糠喜び、塩漬け、大損、追証、強制決済、破産、一家離散・・・
といった、ありとあらゆる災厄が次々と飛び出してきたのです。
驚いたバカは、慌てて箱のふたを閉めました。
すると箱の中から、

ふたを開けて、私も外に出して下さいな。

という弱々しい声が聞こえてきました。
バカは聞きました。

おまえは誰なのか?

すると箱の中から声が返ってきました。

「私は、資金です。」

こうしてバカは、最後に残った資金で生き延びながらバカを治し、あらゆる災厄にも打ち勝って生き残る事ができたのでした・・・、チャンチャン♪

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


5 件のコメント

  • デイトラの箱、大笑いして読みました。
    読み応え抜群です。
    たかやんさんは本当に文才がありますね。
    そういう私もデイトレを始める時には、会社まで作った大馬鹿者です。
    これからも馬鹿なりにがんばります。^^
    ありがとうございました。

  • >たかやんさんは本当に文才がありますね。
    いえいえ、とんでもない。
    お気づきかとは思いますが、これは私の創作ではなくパロディです。
    言わぬが花かと思いましたが、読者の方全てにパロディと気付いてもらわないと単なるパクリになってしまうので、パロディ元を紹介しておきます。
    今日の世界昔話

  • もちろんパンドラの箱は知っていました。
    たかやんさんのアレンジが絶妙なのですよ。
    上手いなぁ、面白いので何回も読み返しましたよ。

  • たかやんさん、こんにちは。
    今日で4連勝です。ちょっと元に戻ってきました。
    損切りの大切さが解ったので少しバカが弱くなりました。
    昔話おもしろいですね。
    今はまってます。

  • それはどうも、お褒めの言葉、ありがとうございます。
    「ものまね」が似ているというだけで面白いのと、パロディが笑えるのと、何か共通点があるのかもしれませんね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)