デイトレの基本中の基本(3)

書籍やe-Bookで熱心に勉強し、チャートも沢山見て、既に知識は十分ある。
なのに、本番では学習した事と違うトレードを繰り返して、収支が安定しない。

よくある事です。
今日は、この現象に名前を付けてみましょう。

「初心者シンドローム」

誰でも最初は「初心者」です。
学ぶのが仕事、全てが訓練。
そういう時期がある事は、勿論否定できません。
でも、そのアマチュア根性から早々に離脱する覚悟ができなければ、どんどん資金をマーケットに吸い取られ続け、最後には衰弱して退場させられる運命にあります。

何事であれ、最初は初心者です。
大抵の事であれば、簡単な事から慣らして行って、失敗したら反省して改善する、という経験を繰り返し積んでいけば、自然に上達し、いつかは初心者を卒業できるものです。
人間は反復練習すれば、ほぼ確実に上達するという素晴らしい性能を与えられています。
例えばスポーツを例にとれば、卓球にせよスキーにせよボーリングにせよ空手にせよ、最初は誰でも「ヘタっピ」ですが、楽しみながら、あるいは歯を食いしばって反復練習すれば、確実に上達していきます。

学位や資格を取得するのも、同じような事が言えるでしょう。
でも、そういう何事かを達成した自信のある人ほど、「デイトレでも、自分なら大丈夫」と思いこんでしまう傾向にありますから注意が必要です。

デイトレは、そんなに甘くはありません。
全員痛い目に会います。
それは仕方無いとしても、痛い目にあって「初心者だから」とか「練習がまだ足りないから」なんて自己弁護を繰り返している間は、更に何度でも痛い目に会わねばならないし、挙句の果てには退場が待っています。
なぜでしょう?

デイトレに限らず、トレードというものには、

「優位性ある行動」=「本能を逆なでする行動」

という鉄板の恒等式が成り立ちます。(この式が成り立つ「トレード以外の事例」を私は知りません。どなたかご存じの方は教えて下さい。)

例えば、ギャップアップして、上値抵抗線よりも高い値段のついたものを、あえて買うのは、普通の人には「困難」な行動です。

例えば、上がると思って買ったのに、逆に下がってしまった時、そのまま放っておけば回復したり、或いは逆転して利益に繋がる可能性が残されているというのに、早々に損を確定させるという「損切り」は、普通の人には「困難」な行動です。

普通の人には「困難」な事が「当たり前」にできる事が、勝てるデイトレーダーには求められます。
普通の人にできる事をどんなに積み重ね続けても、デイトレの腕は殆ど上がらないのです。


マーケットから利益を出す方法は、普通の人のままでは実践できません。
本能を逆なでする行為だからです。

身銭を切るからには「初心者だから」なんて甘えは断ち切って、「私もプロである」という自覚に目覚め、普通の人には困難な事をどんどん自分に課していく事が求められます。
そうなって初めて、経験の積み重ねが意味を持ち始め、デイトレーダーとしての上達が始まります。

「初心者だから」とか「トレーニーだから」なんて言い訳をしながらトレードしている人は、実は初心者ですらなく、偽りのデイトレに耽溺しているにすぎません。
プロみたいに、普通の人間には「困難」な事を絶対のルールとして自分に課していく事を決意して下さい。
その決意が行動として定着した時、「初心者シンドローム」を抜けだして、はじめて上達の道を歩き始める事が可能になります。

今だからこんな偉そうな事書いてますが、私は1年以上初心者シンドロームのドロ沼に浸り続けた人間です。心底無駄だったと思います。もっと早く気づくべきでした。あなたも、決心するなら「今すぐ」です。だって、来月だろうが来年だろうが、決意する瞬間は常に「今」でしかないのですから。

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


5 件のコメント

  • 以前の自分はレジスタンスを越えてからのエントリーなんてまったくできませんでした。
    それどころか重い腰を上げてエントリーすると高値掴みのババを引かされて泣いてました。
    まだまだヘタクソですが、今は何となく、わらを掴んだ気がしてます。
    ===============================(以下、たかやん)
    「高値を買い、安値を売れ」
    という事を学習したものの、「様子見」してしまったのでしょう。
    誰だって、危ない事に直面して行動を求められたら、とりあえず様子見したくなります。
    でも「様子見」するというのは、本能の指示であり、結果が見えた頃には儲けは他人のものです。
    デイトレには、そういう落とし穴が一杯あります。
    注意していないと、落とし穴が落とし穴として認識できない場合すら多々あります。
    そこに一つの「行動の指針」があります。
    「やり難い事」=「優位性のある場合が多い」
    (又は、「やり易い事」=「ブタのルールの可能性が高い」)
    という事です。
    勿論、例外もありますが、かなりの確率でヒットします。
    だから、まずはペーパー(デモトレ)で確認して下さい。
    そして、もう一つ「行動の指針」があります。
    「優位性あるルールでも、連敗する事もある」
    という事への、心からの理解です。
    こんなの、私に言われるまでもなく、当たり前ですよね?
    でも多数のトレーダーが、3連敗もすれば、そのルールを手放してしまいます。
    それどころか、1敗しただけで放りだす人が無数にいます。
    それでは、どう転んでも勝てるようになりません。
    この2つを理解してトレードに取り組めば、もうヘタクソとは誰にも言われないでしょう。
    頑張って下さいね。

  • 今まったくたかやんさんが言っておられる初心者シンドローム状態です。
    トレードに取り組もうと思って、このブログやマエストロFXで勉強して、デモトレで訓練してもうすぐ二カ月ですが、なかなか上手くいかず、どうすればいいか分からなくなってきています。
    トレンドフォローやレンジブレイクばかり狙って、やっているつもりですが、自分がエントリーすると流れが止まってしまいます。
    それが続くと今度はエントリーを躊躇してしまい、どのタイミングでエントリーすればいいのか、まったくわからなくなってしまいます。
    自分の考えは間違っているのか、どこがおかしいのか、テクニカル分析の分析力が悪いのか?タイミングが悪いのか?マインドが悪いのか?すべてにおいて力不足なのか?
    このまま、同じことを続けても同じ結果にしかならないでしょう。
    大きく自分の取引を変えるには、なにが必要でしょうか?
    なにから変えていけばいいのか分からなくなっています。
    デモトレにもかかわらず、感情に動かされることもあります。
    デモトレで結果が出るようになるまで、実践はしないと思っているので、このままではいつまで経っても実践さえできないと焦りの気持ちが強まっています。
    ==================(以下、たかやん)
    FX歴2ヶ月でもう焦りを感じてる様子ですが、2ヶ月でバンバン利益を計上できる方が、よほど異常だという事もあると思うのですが、、、?
    トレード歴2ヶ月というと、本人にはわからないのですが、ホントにまだ
    「ヒヨコちゃん」なんです。(怒らないで。)
    知識や経験の何もかもが近視眼的で、それらを俯瞰(ふかん)して統合的に理解する事ができるようになる為には、もう少し時間がかかります。
    今の状態に特に問題がある訳ではなく、誰でも通る過渡期と考えて、焦らずにトレードを続ける必要が有ります。
    そういう期間を経て初めて、自分の中に予期しないブレイクスルーが起こるのです。
    その前提の上で、、、、、、
    トレードに対するイメージと現実との間にギャップがあって、埋められないという事でしょうか?
    ブレイクアウト狙いだそうですが、エントリーのタイミングが遅すぎないか、又は早すぎないか、個々の過去トレを冷静に分析してみて下さい。
    ブレイクアウトが本物かどうか、解った頃にエントリーしても「遅すぎる」のです。
    出ているのは「サイン」のみで、それが本物のブレイクか偽物のブレイクかはサッパリわからないタイミングで、「ズバッ~」と思い切りよくエントリーする必要があります。
    逆に「早すぎる」エントリーもいけませんが、これも少なくありません。
    「ブレイクアウトしそうだ」と思いこむと同時に「ブレイクアウトするのなら、早くエントリーしなきゃ損する」みたいな思い込みで、サインが出る前にエントリーしてしまうという事があります。
    でもそれは、「まだブレイクアウトしていない」タイミングな訳ですから、抵抗線の手前でエントリーしているのであり、思った方向に動かない方がむしろ自然と言えます。
    たまには利益も出るのですが、「だから正しい」と思いこむと、迷路に迷い込みます。
    利益が得られても、ダメなトレードはダメと、正しく評価・認識せねばなりません。
    (遅すぎるエントリーなのに利確できた場合も同様です。)
    そして更には、
    早すぎず遅すぎず、ジャストタイミングでエントリーしても、思い通りにいかない事もあります。
    でも、これでメゲてはいけません。
    きっちり損切りできれば、「100点の合格トレード」なのです。
    何の問題もありません。
    早すぎず遅すぎず、ジャストタイミングでエントリーしても、勝つ事もあるとともに負ける事も避ける事はできません。
    この「当たり前」の事が、トレード歴2ヶ月くらいだと頭では解っても、体では拒否しているという事があります。
    しかし、ジャストタイミングでエントリーできているなら、損切りの幅も小さめに設定でき、ブレイクが本物なら利は伸ばし放題なのですから、トータルでプラスにならないはずがありません。
    プラスにならないとしたら、やはりどこかに「間違い」が隠されているはずです。
    それがどこに隠されているかまでは私にはわかりません。
    junさんにしかわからない事です。
    トレードに対する思い込みを捨て、「負けてもOK」のトレードもあれば、「勝ってもダメ」なトレードがある事を前提に、検証の気持ちを忘れずにトレードしていけば、いずれはきっと出口が見えてくると思います。
    今は、焦って「利益」を追い求める必要は無いと思います。
    そうそう、佐野さんにもぜひメールで質問してみて下さい。
    MaestroFXの値打ちは、佐野さんのサポートにもあると確信しています。
    テクニカル分析したチャートを添付するなどして熱心に質問すれば、数か月の試行錯誤でも得られない気づきをもらえる可能性もあります。

  • 先月末より拝見させていただいてます
    定期的に読み返させていただいています
    取引は、先週より実戦に入った初心者ですが
    いまのところ 小さいながらも勝ち続けられています
    (ビギナーズラック?)
    試行錯誤中ではありますが、いろいろなテクニカル指標
    のうち採用するのは絞り込んで実行しています
    (混乱回避や、決断しやすいように)
    特に損切りは気を付けて実行しています
    今はマルサンの無料期間中ですので
    逆指値等がないのと、
    ソフトは、知り合いに紹介されたマケスピを使っています
    ので 場の間 確認のため非常に忙しいです
    同時に10個くらいの銘柄をみたりすることもあるので
    瞬間的に少し遅れたりすることもありますが
    レートを少なくしているのでこれも勉強だと思っています
    一日に10から15銘柄位取引しています
    株どっとこむで口座開設をしましたので来週以降は
    カブステイションを利用させていただくつもりです
    それから紹介されている本も1週間で10冊ほど読みました
    今 2回目空いてる時に読んでいますが、また新しい発見が
    あるので非常にためになります
    このブログに出会えてホントに感謝しています
    これからも株を楽しんでいきたいので
    大勝は大敗を生む 7分勝ちをもって上とするを
    心がけていきたいと思います
    ============================(以下、たかやん)
    まだ始まったばかりですが、できればトントン拍子で勝てるようになって頂きたいものです。
    マケスピでデイトレされたのも、これからkabuステーションを使いこなしていく上では、良い経験となるでしょう。
    使い始めの最初の2~3日は、慣れない事もあって、マケスピに戻りたくなるかもしれませんが、それはすぐに終わり、1週間も使い続ければ、自分のデイトレ能力が格段にアップしている事を実感できるはずです。
    それほど、道具は大切です。
    徹底的に使いこなした先に、yosiさんオリジナルのスタイルが見えてきます。
    >大勝は大敗を生む 7分勝ちをもって上とする
    とはまた、なんとも枯れた「銘」をお持ちですね?
    時には我を忘れてしまう事もあると思いますが、つねに帰ってこれる原点を持っているというのは、強いと思います。

  • いつもお世話になっております。
    ここ数日はRSSの調整に勤しんでました。
    分足完成前にサインが出ると、どうしても今買わねばとの衝動にかられてしまうので、分足が完成してからのエントリーの精度を上げるべく、分足陽線が確定し、抵抗線もしっかり抜けてからサインが出るよう修正しました。
    今日、調整後初の運用でいきなりダイエーで大きく取ることができ、労力が報われほっとしています。
    押し目で買う場合も、やはり下落の最中に買うのはやめた方良いと、たかやんさんから頂いた助言から判断し、こちらも一旦押した後の陽線完成後にサインが出るように修正しました。
    陽線完成後のエントリーにも少しずつ馴れてきましたが、まだ躊躇する場面も多いので、まだまだ「初心者シンドローム」から抜け出せていませんが、少しでも早く抜け出せるよう努力したいと思います。

  • お世話になります
    先日はコメント頂きましてありがとうございます
    その後、水曜日に気持ち良く買ったあとに、
    木曜日損切りが遅れ 3日分ほど損をしましたが
    週計ではプラスにできました
    また勉強になりました
    ところでお勧めされていたマッハ225を購入し、
    特典をお願いしたつもりだったのですが
    待っていればよいのでしょうか?
    ================(以下、たかやん)
    お問合わせの件についてはメールをお送りしましたので、そちらをご覧下さい。
    お返事をお待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)