とある質問メール♪

こんな質問メールを頂きました。
私もですが、誰でもデイトレを始めて最初の頃は疑問に思う事ではないかと思います。

○○
たかやん様、○○と申します。
いつもブログ、メルマガ楽しみにしております。(中略)

以前からどうしても分からない、私にとってはとても不思議なことがあります。
その不思議というのは、
「勝ちつづけている人はどうやって、今日は地合いが悪いと判断するのか?」
なのです。

コンピューターによる機械的なシミュレーションだと、やらなくていい日までやって損をしてしまいます。
じゃあ自分の裁量でならそんな日を判断できるのかというと、残念ながら、今の私にはできません。
勝っている人にはとても簡単な判断なんだと思うのですが、私にはどうしても分からないのです。
こんな初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

で、私の回答がこちら。

たかやん
○○様、

こんな「優位性」もある!」は、もう読まれましたか?
予知能力のある人は別として、誰にも等しく「先の事はわからない」のです。
「トレードの経験を積んでいくと、予知能力が備わってくる」なんて事は一切ありません。

「今日は地合いが悪い」というのは、「今日も判っかりにくいな~」というのを(そう言っては素人と変わらないので)ちょっと偉そうに言ってるだけです。

ただ、「比較的わかり易い日」はあります。
例えば一目均衡表で綺麗に雲を突き抜けて寄付いたとか、100MAをギャップアップでクロスしたとか・・・

そういう日に、「高値警戒」して「買い」で入れなかったり、逆に売りたくなってるようでは勝てません。
デイトレーダーは素人の「値ごろ感」からは超越している必要があります。

エントリーした途端に思惑に反して動く場合だってあります。
そうなったらなったで、予め予定してあった行動に移るだけです。
「勝つ日」もあれば「負けの日」だって勿論あります。

勝てるトレーダーというのは、勝てるパターンを(本能とは切り離して)しっかり理解し、チャンスで果敢に行動できるトレーダーの事です。
予知能力者の事を言うのではありません。

「こりゃわからん!」と思ったら、休むのも相場です。
「こりゃわからん!」と思っても、いつチャンスが来るか解りませんから、辛抱強くマーケットを見続けるのも相場です。

一旦「出動サイン」が出れば、損も覚悟でエントリーできなければいけません。

答えになっていないかも知れませんが、もともと○○様が知りたがっている答えなど無いのです。

全くニュートラルに、何も予想しない、というのも手です。
あるいは、今日は「買いの日」か「売りの日」か?
「買い専用の銘柄」か「売り専用の銘柄」か?
くらいの色分けをして、考えていた事と反対の行動をしないようにするのも手です。

あまり、ご参考にはならないかもしれませんが・・・
たかやん

「今日は勝てる日」とか「今日は、はやっても無駄な日」なんて、やる前から明確にわかったら、誰も苦労しません。
後になれば「休んどけばよかった」なんて思いますが、事前にそうした事を決定的に知る事など、誰にもできないのです。

どのようなマーケットの状況であっても、自分が信じる「優位性」の行使できるチャンスを辛抱強く待ち伏せし、いざチャンスが来れば敏捷に「ルールに沿って」行動する。
デイトレって、そういうものではないでしょうか?

ゴルゴ13だって、簡単・ラクラクお仕事してるように思ってる人が多いですが、デューク東郷本人は裏で、訓練したり、予習したり、研究したり、凡人には想像もできないような大変な苦労をしている訳です。

ただ「そうは見えない」ところがまた「プロ中のプロ」たる所以なのですけどね。ω

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)