デイトレの訓練

デイトレの初心者って、どんな人を指すと思いますか?

口座を開き、資金を振り込んで、注文ボタンをポン!

まぁ、これは無理も無いとしましょう。
未経験者にいくら

「注意しましょう」

と呼びかけたところで限界はあります。


でも遅かれ早かれ痛い目に合って、何らかの作戦の必要性に気が付きます。
そこで書籍等を読んでテクニカル分析の存在を知り、なるほど!

「なるほど!」

と喜び勇んで使い始めます。

ボリンジャーにハマったかと思ったら、移動平均線の組み合わせに目が移り、オシレーター系とトレンド系指標の間を行ったり来たり、更には一目均衡表に凝ってみたり、フィボナッチに聖杯の影を見たりもします。

そして繰り返すデイトレは凸凹凸凹凸凹(プラスとマイナス)の繰り返しで、たまに大きく負けると街のパチンコ屋みたいに台(手法)を総入替して新装開店(心機一転)したりします。

そしてまた凸凹凸凹凸凹・・・


多くの個人トレーダーは上記の繰り返しを、PDCA

「初心者時代の訓練」(=必然的なもの)

と理解して頑張ります。

と、ここまでが、自身の経験も含めての「初心者」のイメージです。


こうした初心者は、いつかはきっと

「いつかは自分も狼トレーダーになれる!」

と信じ、自分で「良かれ」と思う訓練を続けます。
が、これって本当に訓練って言えるのか大いに疑問です。
というのは訓練というものは、対象が定まっていて、

同じ事を繰り返す事で上達していくもの

だからです。


確かに「デイトレしている」と言う事はできるでしょう。
でも、個々のデイトレ結果に一喜一憂して、コロコロと枚数を変えたり指標を変えたり、エントリーや損切りのロジックを変えたり、要するに

「やり方=手法」

を変えていて本当に、

「デイトレの訓練をしている」

と言えるのかどうか?


ブレイクダンス
例えば「大道芸で生計を立てる」という事を考えてみて下さい。
一口に大道芸といっても、パントマイム、ダンス、手品、楽器、曲芸等様々な種類があり、そのどれか一つの種類の中にも多種多様な「芸」が存在しています。
自分で選んだ「一つの芸」を熱心に訓練して、人に感動を与えられるようなレベルになって初めて「稼げる大道芸人」になれます。

昨日は綱渡り、今日はブレイクダンス、明日はトランプ手品・・・

毎日のようにコロコロと訓練対象を変えていては、何年訓練を続けたところで

「大道芸で生計を立てる」

という目標に少しも近づけていない事は明らかです。
でもデイトレとなると、とりあえずエントリーしてエグジットして損益を確定させれば
「デイトレした」
という事にはなるので、明日もがんばるぞ!

「今日もデイトレの訓練をした。明日も頑張るぞ!」
挫折
みたいにポジティブ思考で、初めは意気軒高なのですが、実は何も訓練になっていなくて、進歩が止まったまま資金を消耗させていって、遂には退場というパターンを歩む人がとても多いのです。

退場してしまうデイトレーダーの殆どがこのパターンと言っても過言ではありません。


気がめいるような話で、申し訳ありません。
でも訓練の意味を誤解したままでは、何年続けたって上達はできないのです。
その事を説明する為の「前説」ですので、ご容赦のほど・・・

我流の落とし穴に続きます。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)