デイトレーダーの要件、重要度ランキング 第2位

第2位 本気力

本気力なんて、正式な言葉ではありませんが、意味は分かって頂けると思います。
他に言い換えるなら、精神力、集中力、実行力等が近いでしょうか?
デイトレで注文ボタンを押す以上は、初心者も10年選手も関係ありません。
全て「プロフェッショナル」であるべきです。

  • 経験が少ない初心者だから・・
  • 知識もあまりないから・・
  • まだ練習段階だから。・・

そういった甘えた精神状態でデイトレしていて、生き馬の目を抜くマーケットで勝ち残れる訳がありません。


誰しも最初は初心者だし、知識量にも自信はないでしょう。
でもそういう事を考えるのはザラ場以外の時の仕事。
一旦トレードを開始したら、「お問合せ(2)」で書いたように、迷い無く自分で決めたルール通りの執行を繰り返す「トレーディング・ロボット」になりきる必要があります。

ラリーの言葉を借りれば「システム・オペレーター」になりきる事です。
ザラ場とザラ場以外での、意識の切り替え。
これができるようになるには、私みたいに1年以上必要かもしれないし、1週間でできる人もいるかもしれません。
しかし、これができない間は利益も望めませんから、短いに越した事はありません。
その長短を決めるのが、本気力です。


ザラ場以外の時間に、

  • 私のブログや本を読んで「ふーん」と思う。「やってみよう」と思う。
  • 損切や利確のルールを決める。
  • エントリーのルールを決める。
  • エントリー見送りのルールを決める。
  • ツールを選び、使い方を決め、練習する。
  • 有望銘柄を選ぶ。

いろんな事を決める、これは準備です。
できる限りの労力を惜しみなく注ぐ。

そしてザラ場では、その準備に対して100%従順なロボットになりきる

これは、やってみると容易でない事がすぐわかります。
それでも実行する為には、相当の本気力が必要になります。


普通の人が、

「いっちよ、K1かプライドに参戦して賞金を稼いでやろう。」

とは、まず考えません。

「力が無い」「技が無い」「ラッキーパンチなんて無い」・・・

ちゃんと分かってる訳です。
ところが、

「いっちょ、デイトレで儲けてやろう」

と、いきなりマーケットに挑戦する「普通の人」はゴロゴロいます。
殆んどが「勘違い」してる訳です。
その結果は、90%が「退場!」です。

10%の生存者は、「普通の人」から始まったとしても既に「普通の人」ではありません。
「プロ」の精神状態を獲得したからマーケットから生存を許可されたのです。


この違いの元が、どれだけ本気で取り組んだか、つまり本気力の差です。

「私は本気で儲けたいし、損したくない。」

は、私の言う「本気」ではありません。
「極々、普通!」です。

「ザラ場で、儲けたいとも損したくないとも思わないトレード」考えてみる
「本気」で挑戦する気が有るかどうか、これが問題です。

今までのデイトレがどれだけ「本気」だったか考えてみて下さい。
そして明日のデイトレから「本気」になる事に挑戦してみて下さい。

つづきを読む

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • (一度、違う名でコメントさせて頂きましたが何でもマニュアルをモニターで頂けるとの事で、いつの日にか、・・・違う名で書き込みます。)
    この記事は、どんな事にも当て嵌まるように思います。
    ありがとうございます。
    絶対に血肉とします。
    機械の体になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)