損切とは、デイトレで許される唯一の積極的防御である。

「損切は難しい」
「損切は苦手」
「こんどこそ、勇気をもって損切を実行しよう」

損切は、多くのトレーダーが苦労しています。
それが「本能」に逆らう行動ですから、無理もありません。
(これについては私の「本能を克服する為に」カテゴリで書いていますので、まだの方はぜひ読んでみて下さい。)

でも損切が発生する事は、デイトレをするからには「あたりまえ」の事です。
一旦エントリーしたら、デイトレーダーにできる事は「脱出」しかありません。

エントリーの判断が間違っていたと判れば、早めに損切する事で、損失を最小限にくい止める事ができます。
損切を躊躇して助かる場合もありますが、損切が拡大する場合も必ずあり、これがデイトレーダーの資金を大きく損ねる最大の原因となっています。

エントリーが間違いであったと判れば、躊躇なく損切する。
これが、デイトレーダーに許された唯一の積極的な防御行動になります。

でも、そこを理解してなくて「何とか努力してしまう」デイトレーダーが圧倒的に多いのです。


あなたは電話で掃除機を売るセールスマンです。(テレビでも保険でも、何でもいいのですが・・・)
とても良い掃除機なので、一日100件電話すれば、10件は売れるとしましょう。

さてある日、あなたは既に5台連続で掃除機を売り上げ、上機嫌です。
意気揚々と次の電話をかけます。

あなた
もしもし、○○電気のXXと申しますが、素晴らしい掃除機をご紹介したくて、お電話しました。
掃除機なら、今ので満足してるから、いらないよ。
あなた
・・・。(汗)

あなたならどうするでしょうか?
5連勝しているから、この客にも食い下がって何とか買ってもらうように努力するでしょうか?

あなた
じゃあ、値引きしますから・・・
じゃあ、お宅で実演させて下さい
モップも3本差し上げます

なんて食い下がりますか?
電話する相手は無限にいて、100件電話すれば10件売れるのですから、「いらない」と客に言われれば、そんな客に無理に売込む努力をせず、さっさとあきらめて次の客に電話するべきです。
これは、すぐ理解できますよね?


でもデイトレとなると、この

「さっさとあきらめて、次の客に電話するべき」

が理解できていないデイトレーダーが殆どです。
不思議なくらいです。(なんちゃって、過去の私も例外ではありませんでしたが・・・)

デイトレもセールスも、ビジネスである限りは、うまくいく時もあれば失敗する事もあります。
しかし、失敗もビジネスのうちであり、避けて通る事はできません。
ビジネス上の「当たり前の事」として理解できれば、「負けが嫌い」という本能の克服もずっと容易になります。

そこのところ、ぜひよ~く考えて見てください。


マーケットに「いらん!」と言われたら、なるべく早く引き下がり、次のチャンスを探しましょう。
マーケットに逆らって頑張ってみても、無駄だと言う事を理解しましょう。
ちょっと「損切」の話が多くなって、

「お前のブログは損切専門か?」

って、怒られそうですので、次回は全く別の事を書きます。
また、どうぞ。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


4 件のコメント

  • はじめまして、さくらです。本日150万の含み損を清水の舞台からとび降りる気持ちで損きりしました。なんで、もっと早く損切りしなかったのかと後悔してます。しばらくは、まだ下げそうなので様子見ですが、又反転したら買いたいです。

  • コメントして頂いたお礼を書きに、sakura1202masaさんのブログに行こうとしたのですが、ブログが見つかりません。 まだ作られてないのでしょうか?

  • 損義理はまったく私と概念違いますね。
    私は益がでてても切らなくてはならないときは切ります。
    また損がでていても平気でというか確信を持って持ちます。
    うまくいってます。
    何でもかんでも損義理は市場からはやく撤退を余儀なくされると思います。
    そもそも毎日エントリーポイントがその日のうちにあることはないのに毎日トレードすることに意味がないのです。
    高いエントリーポイントで待つデイトレードは非常に危険な手法なんです。
    マイナスに触れやすい手法だから薄利を繰り返し一撃で飛ばされるんです。
    億単位の資産を築いている知り合いは結果的にデイになっても基本は皆やってませんから。
    日ばかりはもっとも難しくリスクの高い方法だと思います、簡単に儲かるようなサイトが多いですが私は否定的です。

  • 「損義理」という言葉、初めて見たので、てっきり誤字かと思ったら、結構ネット上ではありふれた言葉になってるんですね。
    でも、やっぱり日本語としては間違いです。
    「損」に「義理」はありませんからね。
    トレードスタイルには、様々な種類があり、「A」が簡単で、「B」は難しい、「C」はリスクが低く、「D」はリスクが高い、なんて一概に決め付けられるものではありません。
    どんなスタイルであろうと、簡単ではないし、必ずリスクはあります。
    デイトレも、否定的先入観が強いなら、やらない方が無難です。
    私は「デイトレが一番良い」なんて言うつもりは一切ありません。
    損切の概念が、相容れないのも当然ですよ。
    デイトレ前提の場合と、スイング前提の場合で、損切のルールが同じだったら、そっちの方が不気味です。
    スイング前提の損切ルールでデイトレやったら、
    「日計りは最も難しく、リスクの高い方法」
    になってしまうのも当然でしょう。
    同じマーケットでも、時間枠が違えば、戦略も全く違うんですよ。
    ここが理解できていないと、目が曇ります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)