デイトレに役立つ「ド変態思考」のススメ(後編)

前回の記事でご紹介した内容は、私のブログやセミナーメールを愛読して頂いている方にさえ、あまりにも異常過ぎて、意味が頭の中を素通りしてしまった場合が少なくなかったようです。
並のトレーダーが、

「いかにして、もっと稼ぐか?」

とか考えているというのに、彼(ペンフィールド氏)は、毎回のトレードで、

「今回こそが、過去最悪のトレードになるのだ!」

と自分に言い聞かせながらトレードしていると言うのですから、

「???」

になってしまったとしても、無理も無いと思います。
なので、少しだけ難度を下げた、私の「意訳」をご紹介したいと思います。

私はトレードを継続すると言う事が、

「快楽を求める」

という事とは真逆の作業である事を知っている。
トレードを続けるという事は、常に痛みや悔しさを心に「チクチク」と生々しく感じながら生きていくという事に等しい。

負ければ、当然痛みを感じる。悔しい
更に、何連敗するかなんて知る術(すべ)も無い。

勝っても「もっと利を伸ばせたのに!」と悔しい。
100%満足できるトレードなんて無いに等しい。

ポジションを取っていない時に限って、知らぬ間に絶好のトレードチャンスが発生した事を後で知り、悔しい思いをする。

収支がプラスだといっても、自分が投入した努力や、我慢してきた苦痛や悔しさに比べたら、極めて控えめな額でしかない。

それでも私は知っている。


トレードで「成功する」という事は、そうした痛みや悔しさに耐え続ける事に、

「十分見合うのだ!」

『システムトレード 基本と原則』ブレント・ペンフィールド著 P.357より

いかがでしょうか?

私なりに要約すると、こうなりました。
かなり変態的な思考である事は確実ですが、デイトレーダーに求められる思考の本質が

「これでもか!」

とばかりに濃縮されています。
ぜひ「判ってみよう」と、前向きに読んでみて下さい。

前回デイトレに役立つ「ド変態思考」のススメ(前編)に戻る。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)