デイトレに役立つ「ド変態思考」のススメ(前編)

デイトレで収支プラスを出し続ける為には、平凡な思考や努力をいくら積み重ねても「元の木阿弥」になるのがオチだと私のブログやメール・セミナーで言い続けてきました。

真面目な努力家が必ずしも報われる訳ではなく、常識人から見れば多少なりとも、

変!

である必要があると思うのです。

人一倍頑張れば必ず勝てるトレーダーになれるのであれば、少なくとも半数以上の参加者が勝てるようになれそうなものです。
でも、デイトレで成功する人は常に少数派です。

この事実は「真面目」「努力」だけでは足りない、デイトレの初心者が探し求めるものとは

「異質な何か」

が要求されるからだと考えます。


そうした思いで書いたのが、

できるトレーダーのド変態思考を学び取れ!

の記事です。

青字で引用した部分は、書籍内では「短期的にマイナスの期待値」として書かれた部分ですが、この書籍の次の項目に「中期的にマイナスの期待値」という記述があります。
これは私も深く考えるのを避けてきた部分であり、その罰として痛い目にあってきた事でもあります。

連敗しても生き延びる為に、

「1トレードで取るリスクを控えめにする」

という常識的な思考とは次元の異なる思考として、以下にご紹介しておきます。
(以下も、引用に違和感の無いように若干手を加えてあります。)

私のマイナスの期待値は個々のトレードに留まらない。

私は、これから負けトレードが、今までで最も長く続くと思っている。
負けトレードが過去最高に連続し、最悪の損失を出すと思ってトレードしている。

トレードというものが予想外のものである以上、私はそう考えざるを得ない。
つまり私は「守り」を絶えず考えているのだ。

短期と中期で「確実にマイナスになる」と予想しておけば、将来の不確実さに耐えられるだろう。
不確実さに耐えられれば恐怖は消え、トレード計画から脱線する事も無くなる。

あなたはトレード計画に躊躇(ためら)いなく従い、成功したトレーダーになる。

『システムトレード 基本と原則』ブレント・ペンフィールド著 P.357より

空飛ぶ車

なんと「ぶっ飛んだ思考」でしょうか?

トレーダーなら誰しも連敗について考え、最悪の事態に備えるリスクの取り方も心得ておく必要がありますが、毎度のデイトレで最悪の事態を前提にポジションを取るという姿勢は、私も驚きを禁じ得ませんでした。

でも言われてみれば、なるほど

「なるほど!」

です。

十分に「アリ!」だと思います。

あなたも、ぜひ一度試してみられる事をおススメ致します。

というか、この記事を読んだからには一度は試してみて下さい。
その先も続けるかどうかは、トレーダーの判断事項です。

その姿勢が「非凡」に繋がります。
(=普通の人は、まず試さないと思います。)

次回デイトレに役立つ「ド変態思考」のススメ(後編)につづく

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)