デイトレ専用の脳神経回路

ヒトは「知る」事さえできれば「出来る」と考えがちです。

(うなぎ)のかば焼きの作り方を教われば、その日のうちにも、一応、かば焼きは作れてしまうでしょう。うなぎ取り
その一方で、

「串打ち三年、割き五年、焼き一生」

と言われるように、かば焼き一つでも、その技術は一生かかっても全うできないほど奥深いものです。

寿司でも、蕎麦でも、うどんでも、和菓子でも、何でも教わったその日のうちにも、とりあえずは作れてしまいますが、教わった初日に作った料理と、十年以上年修行したプロの手になる料理とでは、まさしく、

「似て非なるもの」

です。
料理に限らず、何事でもプロと言われる為には、相当の訓練期間を必要とします。


ヒトが「知る」だけですぐに「出来る」のは、顕在意識で「やり方」を知りさえすれば、その記憶をたどって「再現する能力」があるからです。

この、

「顕在意識が記憶をたどって行為を再現する」

を繰り返す事が「訓練」な訳ですが、その訓練の結果どうなるかというと、脳の中にその作業専用の回路(脳細胞を繋ぐシナプスの新規の連絡網)が作られていきます。

顕在意識のサポートがなくても、自動的に複雑な行為が正しく正確に行える状態にする為には、その行為専用の回路を脳の中に作る必要があり、その回路は繰り返しの訓練からしか作れないのです。

この回路が一度作られると、顕在意識が努力しなくても、水準以上の作業や仕事が出来るようになりますし、この回路は使い込むほどにレベルアップしていきます。


人間は日頃当たり前のように立ったり座ったり、歩いたり走ったり、言語を読んだり聞いたり話したりしていますが、それらの殆ど全ては生まれてから現在までの間に行った訓練で作られた回路によってほぼ自動的に(=顕在意識の関与が殆どなくても)行っているのです。

でも多くの人はこれらを「意識的に行っている」と誤解していて、訓練した事を覚えていません。
でも、意識して訓練したかどうかにかかわらず、訓練しなければその行為の為の脳の回路を獲得する事はできません。箸

その証拠にあなたは毎日、当たり前のように箸(はし)を使ってごはんやおかずを食べていますが、日本に来たばかりの外人は、どんなに立派な大人であっても、箸を上手には使えません。
脳の中に箸を使う為の回路が存在しないからです。


デイトレも一見簡単に見えるので、

「デイトレで毎日が給料日!」

な~んてタイトルの書籍を一冊読んだだけでも、すぐに稼げるような気になってしまうものです。裏目

しかし恐ろしい事に、私のブログを読んで頂ければ理解して頂けると思いますが、デイトレでトータルプラスを実現する為に求められる思考や判断は、オギャーと生まれてから今日に至るまでの日常生活で培(つちか)ってきたどの回路を使っても、肝心な所は全て「裏目に出る」ようになっているのです。

なので「頭では解っているつもり」でデイトレしても、その結果は裏目に出る事ばかりが多くなるのです。

従って、初心者トレーダーが稼げるようになる為にまず何が必要かというと、

「デイトレで稼げる脳の回路」

を作る為の訓練を1日も早く開始する、という事になります。
そしてその訓練を開始する為には、前回の記事で書いたように、

「自身が信頼できる手法」

を真っ先に手に入れなければならないのです。


ここまではよろしいですか?

で、私も含めて結構な割合の人が、
自作のソフト
「自力で手法を見つけようとする」

のです。
ネットで検索したり、書籍を読み漁ったりはするものの、最終的な手法は

「自分で作るもの」

と思い込んでいるヒトがとても多いのです。

でもここではっきり言いますが、デイトレでプラス収支を実現する為の手法を

『自力で作る必要はありません。』

なぜかと言うと、自力で作れる場合もあるものの、思うような短期間で納得できるレベルの手法が作れるという保証は全くありませんし、それと比べて、既に実績のある先輩から教わる事ができれば、ずっとずっと簡単・確実に手に入るからです。

我流の実弾トレを繰り返して、あ~だ、こ~だ、手法をいじくりまわしている時間があったら、さっさと「先輩」からその実績の有る方法を教わり、自分の脳の中でそれ専用の回路が作られるまで何度も何度も「なぞれば良い」のです。(自力でノウハウを編み出すのではなく、既にあるノウハウをまねて近道して成功する事をモデリングと呼びます。モデリングは、何事かを成功裏に成し遂げる為の、最善の方法です。)


その訓練が実れば、週単位、月単位での収支がプラスになります。
この辺は、実に正直というか明瞭です。

収支がプラスになったという事は、とりあえずのレベルとはいえ、脳の回路

「デイトレの為の脳の回路が作れた」

という事です。
そして、このデイトレの為の脳の回路が作られた状態こそ、

「勝ち方を身につけた」

という状態な訳です。

「手法を磨いていく」

というデイトレーダーの一生続く仕事は、

「ココから!」

始まるのです。
ところが「手法を磨く」という事と「手法を探す」という事を混同してしまっているデイトレーダーが、非常に多いのです。(私も、でしたが・・・)


次回
ゴルフとデイトレ」に続きます。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)