デイトレの優位性について考える

デイトレーダーの仕事は2つあります。

1)売買すること
2)デイトレの優位性について、勉強、研究、考察、実験、検討・・・と、様々な努力をする事

既に書いた事ですが、マーケットには、90%のブタ(負組)と、10%の狼(勝組)がいます。

2)は、自分がブタに属すのか狼に属すのかを様々な面から検証し、もしブタだったら、

「どうすれば狼になれるか?」

を考え、もし狼だったら

「どうすれば、もっと強い狼になれるか?」

を考える事です。
この作業はデイトレーダーとして生き残っている限り、一生続きます。


今日は、日経平均が大きく下げたので「デイトレ」で検索したブログを10件ちょっと見せてもらって来ました。
無作為に選んだブログですので、大変失礼ながら殆どは「ブタさん」かもしれません。

足跡を残してきましたので、このブログを見に来てくれた人に怒られるかも知れません。

でも私のブログは「少しでも多くのブタさんに、気づきをもって狼に変貌してもらいたい」と思って書いていますので、ぜひ怒らないで、前向きに読んでもらいたいと思います。


さて、10件ちょっとのブログの傾向として、圧倒的多数が下落に絶望

「どこまで下がるんだ~?、どこで底打ちだ~?、
早くリバウンドしてくれ~~!」

と願っていると言う事実があります。
この傾向は、多分株のトレードをしている人全体の傾向と思われます。

マーケットには、割合からいえば「買い」から入る人が圧倒的に多いのです
様々なニュースが飛び交い、それに対してブタさんの群れは、一斉に狂喜し、一斉に青ざめ、一斉に狼の餌食になります。

狼は、このブタの大群の動きを一段高い所から眺め、チャンスを狙いすまして飛び掛ります。
けっしてブタの大群と一緒に走ったりはしません。

ココがポイント
株を始めてすぐの人は無理かも知れませんが「信用口座」を開ける人はすぐにも開き、「信用口座」を持っている人は「買い」から入るのと全く同じ感覚で「売り」からも入れるように努力しましょう。

ブタ・トレーダーは喰われる為だけに存在する。
多くのブタさんは「売りから入る」という牙を持ちません。

上げ相場でチョコチョコと積み重ねた利益は、下げ相場で一気に失い、遅かれ早かれ狼の餌食になる運命が待っています。

「売り」という牙を持っている狼は、指数が上がろうが下がろうが、大きな値動きを大歓迎し、ごっそり利益をものにします。
全てに当てはまる訳ではありませんが、殆どの場合「少数派」に優位性があります。


「売り」を得意とする人は「買い」ばっかりの人より遥かに少数派です。

あなたは、どうなのか?

今一度、真剣に考えてみる価値があると思います。

ココがポイント
これは私の個人的見解となりますが、なぜ「買い」から入る人が多いのかというと、参加者の多くが「自分は投資家だ。」と思っているからではないでしょうか?
投資家であれば「有望な会社を見つけて投資する=買う」のは、むしろ当然と言えるでしょう。
でも、私にはそれが「投資と投機を混同している」としか思えないのです。
なぜなら、株価が上がったら売って儲けたいと思ってますよね?
逆に下がれば失望しますし、損失覚悟で損切するかもしれません。
それって「投機」なんですよ。(「投機と投資【意味を混同しないだけで得られるデイトレの優位性とは?】」参照の事。)

投機なのであれば、機を見て上がると思えば買い、下がると思えば売らねばなりません。
でも多くの参加者は自分を「投資家」と思い込んでるから「買い」しかできない。

デイトレーダーが自分の事を「投機家」と正しく理解しているなら、「買い」しか知らないブタトレーダーに対して「売りから入る」という優位性を活用しない手は無い訳です。

デイトレ生存率向上ブログは、あなたの応援クリックによって支えられています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


1 個のコメント

  • 売りから入るのが好きです、というか安心します(地球の引力は相場にも、と思ってます)。ですが、このところの上昇相場&高値圏の持ち合い相場では、売っては損切りで痛々しいです。
    こういうときは、買う、見送るの選択ができれば良いのでしょうが、、、
    今日初めてこちらのブログを知りました。このところ損が続いて、どうしたものかと思案致しており、じっくり読ませて頂きます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)