デイトレにおける「課題」と「禁止」

コメントやメールでしばしば、

「〇〇〇〇が、私の今後の課題です。」

という表現を目にします。例えば、

デイトレに徹し、オーバーナイトしない事が、私の課題です。」

とか、

「ナンピンをしない事が、これからの課題です。」

のように。


これらは、一見「建設的な考え方」のように思われがちですが、実は少しも建設的でない場合の方が多く、自分で自分を欺(あざむ)かないよう気をつける必要があります。
現在の状態から目標とする状態に持っていく為に、どうしても日数の必要になる事が「課題」となりうるのであって、今すぐにもできる事は

「課題にしてはいけない」

のです。


ダイエット
例えば太っている人が減量を決意した場合を考えてみて下さい。

「今より20Kg減量するぞ~!」

という事を課題にするのはOKです。
今すぐにはどうにもならない事が明らかなものは、課題になり得ます。

こうした課題は、小さな目標を複数設定し、日々の積み重ねで一つ一つ克服していく事で達成可能となります。


ところが、

「アイスクリームを食べない事が課題です」

とか、

「夜8時を過ぎたら、何も食べない事が課題です」

等はどうでしょうか?
これらは課題ではなくて、自分に対する決意の執行猶予です。

アイスクリームを食べてはいけないと本気で思うのならアイスクリームを絶つという今すぐの決断が必要であり「課題です」と言うのは、

「やる気はある。(・・・のだけれど多分出来ないと思う?)」

という事の否定的な面を覆い隠した表現にすぎません。

ココがポイント
今すぐできる事は、今すぐ「決断」し、今すぐ「実行」して下さい。

人間には「やらねばならない」とわかっている事でも、ずるずる先延ばしにしてしまう傾向があります。

現状には不満タラタラの癖に、なかなかその現状から抜け出せず、目標を達成できないでいる事の最大の原因が、この「先延ばし」なのです。
しかも、やらねばならない事を、

「先延ばしにしよう」

と思って先延ばしにするのではなく、自分の中で罪の意識を持たずに済む対策を打ってから先延ばしにするので、自分でも何が悪いのか解らないのです。
その一つの例が「課題」なのです。


今すぐにも決意一つでできる事を「課題だ」と思うのは止めましょう。

オーバーナイト禁止なら、今すぐオーバーナイト禁止です。
ナンピン禁止なら、今すぐナンピン禁止です。
そんなの課題でも何でもありません。
必要なのは今すぐの「決断」と、それを破った場合の罰則を決める事です。


オーバーナイト禁止と決めて、それを破るようなら、トレーダー失格です。
ナンピン禁止と決めて、それを破るようでも、トレーダー失格です。
それでもやってしまったなら、罰として、直ちに資金を銀行口座に移し替えて、トレーダーを廃業して下さい。(その後のリベンジは各位のご判断次第です。でも、一旦は辞職するくらいの決意で望まなければ、ルールを決める意味がありません。)

非常に厳しく感じられるかも知れませんが、これほど明確な禁止事項すら守れないようでは、この先トレードをいくら継続しても勝ち目はありません。

ここはひとつ、よ~く考えてみて下さい。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)