トレードと、安全・安心

自作のシステムトレードを運用する苦痛に耐えられないと判断した私は、新たな手法探しを開始しました。

「もっと楽で、安全な手法」

をです。
何十万円もするナマのセミナーにも複数出席しましたし、読破した書籍は毎日のように増え続けました。
自作のシステムトレードの売買ロジックを裁量トレードに置き換える事も当然しましたし、そこに新たなロジックを足したり引いたり、思いつく限りの事をやり続けました。

しかし何と驚いた事に、自作システムの試運転期間だった最初の1ヵ月のプラスを最後に、収支マイナスの月が延々と続いたのです。


当然、焦ります。

苦しみます。

預金残高は減る一方です。

でも、焦れば焦るほど、勝てなくなっていくのです。

ココがポイント
今だから言える事ですが、私が探し求めていた

「もっと楽で、安全な手法」

は、全世界を捜し歩いても、いくらお金を積んでも、絶対に手に入れる事はできません。(当然ですが誰が探しても、絶対に見つかりません。)

なぜなら「楽(らく)」というのは、つまり「リスクを取らないで済む」という事であり、「安全」というのも、やっぱり「リスクを取らないで済む」という事です。

一方、デイトレとは「リスクを取る商売」です。
リスクを取らなければ、当然「商売上がったり」なのです。転落
目的とは180度反対方向を向いているのですから、やればやるほど目的からは遠ざかり、望まざる結果ばかりが積み上がっていくのです。
あっという間に1年もの月日が流れ、

「 このままいけば、遅かれ早かれ退場だ~~~! 」

という厳しい現実が嫌でも視野に入ってきた時、私は根本的な「変更」の必要性を悟りました。
既に手法の修正や入れ替えは、無数と言って良いくらい繰り返していましたので、それをそのまま続けていてもダメな事は解りかけていました。
実は、自分のトレード履歴を点検し直すまでもなく、自分のデイトレの真の欠点は既に気づいていました。現実逃避

ただ、それを直視する事・対処する事から「逃げていた」のです。

この続きは、次回 「わかっちゃいるけど・・・」で。

他では絶対に読めない、全トレーダー必読のPDF(2万ダウンロード達成!)

<< デイトレ攻略の新戦略レポート(無料)>>


トレードが難しいのは、トレーダーの油断や強欲や優柔不断な性格等が原因と考えられがちですが、本当の原因はもっと心の奥深い所に隠されています。
(※月並みなプロスペクト理論等ではありません。)

このレポートでは、その原因となる心の驚異的な仕組みを解り易く解説すると共に、トレードを難しくしている原因を、どのようにすれば取り除く事ができるかまで、具体的に提案しています。

このレポートを一読すれば、その他大勢のトレーダーが延々と堂々巡りを続けている暗黒のトンネルが「パッ!」と急に明るくなり、出口がはっきり見えるようになります。(PDF、全68ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)